スポンサーリンク

ゴールデンカムイ282話ネタバレ考察感想あらすじ!杉元達に待ち受ける問題

漫画ネタバレ

2021年6月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年28号で、『ゴールデンカムイ』282話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ282話では、鶴見達は当面ここには来れないと楽観視している白石だったが、近くまで来ていた兵士達の襲撃を受けました。

 

この兵士達は杉元と土方達が早々に倒したが、鶴見も函館に向かっている事が明らかとなったのです。

 

それ故に鶴見達がこちらに来る前に急いで金塊を探さないといけないのだが、まだ何処に金塊があるのか分からない上に重大な問題も発生しました。

 

果たして、杉元達に待ち受ける重大な問題とは一体何なのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ282話『一刻』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 281話 一覧 283話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ282話のあらすじネタバレ

白石は、鶴見達はそう簡単に解読できない、と楽観的な発言をするのだが、その後ろにいる兵士達に気づきました。

 

兵士達も杉元達だと認識して、銃を構えるのだがその前に都丹が銃撃を繰り出して1人を討ち取りました。

 

2人目も撃たれ、3人目は小規模の城壁の影に隠れて銃撃を仕掛けるのだが、城壁を登っていた杉元に気づけず、銃剣で頭部を貫かれて討ち取られたのです。

 

撃たれた2人目はまだ息があり、杉元に対して銃撃を仕掛けようとするも、その前に土方が銃撃を2人目に命中させると、すぐさま刀を振るって息の根を止めました。

 

土方は都丹に、他にいないか、と聞くと都丹は耳を澄ませると、誰もいない、と答えたのです。

 

杉元は始末した兵士から電報を奪うと、鶴見の指示で第七師団全軍が函館に向かっている事を知りました。

 

白石は鶴見達が暗号を解いていた事に腰砕けの状態になり、アシリパが倒れないように支えていたのです。

 

杉元は第七師団は北海道の各地にいる事を知っており、今始末した者達は函館にいた者達だと察します。

 

アシリパは、あとどれくらいで鶴見達が襲来するのか、と聞くと永倉は、今日の電車乗っていないのならば1日かかるし、馬で向かっていても1日以上はかかる、と答えたのです。

 

杉元は、鶴見の事だから強硬手段も辞さないから早いうちにここへ来るかもしれない、と言うと白石は危機感を感じて目の前の地面を掘ろうとするも、アシリパに止められました。

 

このままなら鶴見達の好き勝手にされると感じた白石は、金塊は何処だ、と必死に訴えます。

 

対する土方は冷静に、現在残されている建物の何処かに隠した筈、と言ったので白石はその通りにしようとします。

 

対する杉元は、手っ取り早くお堀に投げ捨てたんじゃないか、と言うと牛山は納得し、都丹は、井戸の中にあるのではないか、とも言いだしたのです。

 

それらの言葉を真に受けた白石は目の前にある井戸に、全裸になって飛び込んだのだが無かったのです。

 

杉元は、夏太郎達も呼ぼう、と言うのだが永倉は、彼らは荷馬車を連れて来る役目があるからいない、と言うのでした。

 

それ以前に仮に金塊を見つけても全部持って帰るのは厳しく、金塊は1200袋あるため、荷馬車は13袋しか積めず、荷馬車を90台用意しないと持って帰るのは不可能でした。

 

白石は半狂乱状態になり、土方に対して、何か手はないのか、と喚くと牛山は彼の首を掴んで静かにさせると、ウイルク達は短期間で全部の金塊を持ち帰る事も、自分達と鶴見達が暗号を解けると想定していない、と言います。

 

それ故に金塊を持って逃げると言う策は完全詰んでしまい、杉元は、この五稜郭で戦う以外に道はない、と言ったのです。

 

同時に土方に、ちゃんと策を考えているんだろう、と聞く杉元。

 

土方は、時間が無いのは厳しいが、夏太郎に駅で待機させている、と口にします。

 

その夏太郎はゲリラ隊を率いて電車の上で待機していて、何時でも戦えるようにしていたのです。

 

土方は、この五稜郭を知り尽くしている自分がいると言うのは大きなアドバンテージだ、と言うのでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ282話の感想と考察

先に五稜郭に到着して、鶴見の部下達を始末する事に成功した杉元達ですが、金塊の運搬に難儀していますね。

 

ただでさえ、金塊が重いのに今いる面々で運んでいくにはかなり厳しいです。

 

門倉達がまだ到着しない中、杉元が言うように戦うしか道はないみたいですね。

 

五稜郭の事を知り尽くしている土方がいるのは、正直頼もしいなと思いますね。

 

次回は、その土方を中心に作戦を立てていく事になると思います。

 

今回の話の最後でも言っていましたが、土方は過去に五稜郭で新政府軍相手に戦った経験があります。

 

しかもその時も今程ではないものの少人数でしたので、よりやりやすく感じるでしょう。

 

鶴見の事ですから、金塊の量が多くて土方達では1日で持っていけるとは思っておらず、邪魔な自分達を迎え撃ってから持っていくだろうと察して、全軍集結させてから五稜郭へと進軍すると思います。

 

恐らく土方もそれを何となく察していたから夏太郎にゲリラ戦を頼み、その間に五稜郭周辺に罠を張るのではないでしょうか。

 

鶴見達第七師団よりも数が劣る土方達が勝つにはそれしかなく、通りそうな場所に簡単だが強力な罠を張ると思います。

 

それを踏まえると五稜郭の事を誰よりも知っている土方達にアドバンテージがありそうですね。

 

<< 281話 一覧 283話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました