スポンサーリンク

推しの子46話ネタバレ考察感想あらすじ!GOA脚本の舞台を見に行き大興奮のアクア

漫画ネタバレ

2021年6月10日発売の週刊ヤングジャンプ2021年28号で、『推しの子』46話が掲載されました。

 

『東京ブレイド』の脚本を全部自分が書き直すといってきかないアビ子。

 

そのせいで脚本家のGOAは降ろされてしまい・・・。

 

本記事では、『推しの子』46話『箱』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 45話 一覧 47話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子46話のあらすじネタバレ

金田一はみんなを集めて言いました。

 

「というわけで、脚本が白紙になったからあがってくるまで稽古は休止とする」と。

 

あかねは稽古中断は痛い、今回の舞台はステージアラウンドだから稽古時間を多く取りたいのにとつぶやきました。

 

それを聞いたアクアは、ステージアラウンドって何?と尋ねると、その発言に逆にあかねはステージアラウンドを知らずに稽古をしていたのかと言い返しました。

 

アクアは劇のステージなんてほとんど同じだろと言うと、あかねは、アクアは舞台が好きじゃないでしょと呆れた顔で聞きます。

 

アクアは気付かれたかと言うも、舞台は好んで見ないし、舞台は場面転換に時間がかかるし、劇特有のおおげさな演技にいまいちのれないと言いました。

 

それを聞いたあかねはその考えはちょっと古いかなと言い、「時間ができたからデートしよう、演劇は映像より上位の体験型コンテンツだって教えてあげる」とアクアを誘いました。

 

それからあかねはアクアをある劇場に連れていきました。

 

着席すると、まずモニターにキャストたちの顔が映り、アクアはこれ全部モニターなのか?と驚きました。

 

あかねはこれは360度全面モニターになると言うと、舞台の開始ブザーが鳴り響きます。

 

するとモニターが開き、そこから舞台が出てきて演劇が始まりました。

 

演劇中、アクアは舞台の演出に興奮しっぱなしでした。

 

劇が終了し、あかねとアクアはカフェに入り、あかねがどうだった?と尋ねるとアクアは正直言うと、想像の50倍面白かったとぼそっと言いました。

 

そしてアクアは、まず幕が360度モニターなのには驚いた、そして客席が360度回転したことが一番驚いたと言いました。

 

めちゃくちゃ良かった、これは映像では味わえない体験だというアクアに、あかねは終始、顔がにやけて仕方がありませんでした。

 

あかねはアクアはこの良さを分かってくれると思っていたから嬉しいと言い、これをきっかけに演劇の楽しみ方を分かってもらえたら嬉しいと言いました。

 

アクアはちょっとは前向きになったと言いました。

 

二人が話しているところへ、突然雷田がやってきました。

 

あかねもアクアも驚くと、この舞台は僕の担当だと言い、落ち込んだ時は舞台を見終わったお客さんの顔を見るのだけれど、アクアの顔はとても良かったと言いました。

 

アクアは雷田に、脚本の件は大丈夫なのかと尋ねると、雷田はGOAには降りてほしい、アビ子先生が直々に脚本を書くと言っていると言いました。

 

するとアクアは、無理ですよね、GOAの脚本はこの箱を最大限に生かす工夫が組み込まれていたのに、きっとアビ子は舞台装置も何も知らないはずだと言うと、雷田はそのへんはこっちがフォローするけどと言いました。

 

そして雷田はこの劇も脚本はGOAが書いたもので、彼はとても優秀だから本当は降ろしたくなんかなかったとつぶやきました。

 

そしてアクアはどうにかできるのは雷田さんだけだと言うと、雷田はそれはそうなんだけどね・・・と言いました。

 

帰る道中もあかねはGOAは本当に降ろされてしまうんだろうかと言うと、アクアは原作者も脚本家にも主張はあるし、問題なのはディスコミュニケーションだと言いました。

 

そしてアクアは今日は良いものを見せてもらった、その感動代に、ちょっと小突くくらいはしておこうかと言って、誰かに電話をかけました。

スポンサーリンク

推しの子46話の感想と考察

今の演劇って360度モニターがあったり、客席が360度回転したりするんですね!

 

観劇にそんなに興味がなかった私ですが、今回の46話を読んで、めちゃくちゃ舞台を見に行きたくなりました。

 

何事にも動じないアクアがあんなに興奮する気持ちがすごく分かりました。

 

アクア自身も『東京ブレイド』の舞台に、今までとは違う気持ちで取り組んでいきそうですね。

 

そして最後のアクアが電話をかけていた相手が気になります。

 

何か相談をするとなるとアクアがかける相手はやっぱり鏑木なんじゃないかなと私は思います。

 

鏑木に現状を伝えて、鏑木からアビ子側を説得するよう頼んだのではないでしょうか。

 

アビ子もきっとあの箱での舞台演出を見たら自分では最高のものはできないと自覚するでしょうし、アクアと同じように、アビ子にもGOA脚本の舞台を見るように勧めたのではないかと思います。

 

GOAは降ろされずに済むのか、アクアはいったい誰に相談したのか、次回がとても楽しみです。

 

<< 45話 一覧 47話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました