スポンサーリンク

ランウェイで笑って189話ネタバレ考察感想あらすじ!千雪の思い出は服と一緒に

漫画ネタバレ

2021年6月9日発売の週刊少年マガジン2021年28号で、ランウェイで笑って189話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って189話では、千雪と心は並んでランウェイを歩きます。

 

久しぶりのウォーキングをする心に負けないと、少し調子が戻ってきた千雪。

 

そんな千雪に、心は育人のことが好きかと質問します。

 

本記事では、ランウェイで笑って189話「…だと思う」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 188話 一覧 190話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って189話のあらすじネタバレ

心に育人のことが好きかと聞かれた千雪は、今までのことをふり返ります。

 

 

千雪は高校生の時、育人に話しかけられるも、育人の名前すら覚えていませんでした。

 

その後、被服室で出会い、服を作ることが本当に好きなんだと知ります。

 

緊急でショーに出ることになった時、自分はモデルの為、躊躇なく裸になりました。

 

何も知らない育人は最初、顔を真っ赤にしていたのに、すぐに衣装をどうするかと頭を切り替え、平気で千雪の衣装の中に潜り込みます。

 

育人は見事に、千雪に合うように衣装を修正し、送り出してくれました。

 

二人で遊ぼうと道端で話していたとき、変な人に絡まれました。

 

育人はそんな自分を助けてくれました。

 

モデルのことを知りたいと言う育人を初めて家に呼んだ日は、自分はウォーキングの練習をしていました。

 

自分のことを風っぽいと言い、そんな自分に合う、色んな服を作ってくれました。

 

育人の作ったバッグ、育人のデザインした服、それを見に纏う自分。

 

自分が辛い時も傍にいてくれ、欲しい言葉も掛けてくれました。

 

 

千雪はランウェイ上で、育人との思い出をふり返り、以前言った言葉を思い出します。

 

服はいつも着ている為、人生で何か起きた時、服と一緒にその瞬間を迎えます。

 

その時に来ていた服は、特別な思い入れが出来たり、それこそ、服そのものに人生を変えられる人も居ます。

 

千雪は、今まで育人といた時に自分が着ていた服を思い出し、その服を見て気づきます。

 

育人のことが大好きだと思うと、心に伝える千雪。

 

心はもちろん分かっていたという表情で驚くこともなく、前を向きます。

 

その気持ちを伝えるかと、千雪に質問します。

 

千雪はハッとし、今の自分のままではとても言えないと下を向きます。

 

今の自分という言葉に心は引っ掛かり、いつかはするんだねと返します。

 

千雪も自分の言った言葉に気づき、気持ちを伝える時のことを考えます。

 

すぐに頭に浮かんだのは、パリに行った時でした。

 

千雪は、育人への想いに気づいたと同時に、自分の夢をまだ諦めていないことにも気づきました。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って189話の感想と考察

今回で、千雪ははっきりと育人のことが好きだと言いましたね。

 

みんな分かっていたと思いますが、こうやって言葉にすることは大事ですよね。

 

そしてこれは心が頑張ったおかげだし、千雪も大切なことに気づくことが出来ました。

 

大事な瞬間を迎えた時、その時に着ている服を思い出すという部分、私も共感しました。

 

大切な人と初めて会った時や、どこかに出かけた時、皆さんはっきりは覚えていなくても、何となくは覚えているんじゃないでしょうか。

 

写真などあれば、振り返った時に、こうゆう服着ていたなとも思いますよね。

 

今回は大事な場面に着ていた服、という話でしたが、大事な人に頂いた服も思い入れありますよね。

 

そうやって色んな理由があり、服は自分達の思い出に必ず入っていると思います。

 

千雪の場合はモデルという職業もあり、尚更思い入れが強いんだと思います。

 

そして好きな人がその服を作ってくれたりしたら、更に思い入れはありますよね。

 

育人のことが好きだと気づいた千雪ですが、いつ気持ちを伝えるのかと考えた時に、パリしか頭に浮かばなかったんですね。

 

まだ千雪はパリに行きたいという思いは、消えていませんでした。

 

そこに気づいた千雪が、この後のランウェイをどう歩くか気になります。

 

<< 188話 一覧 190話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました