スポンサーリンク

ダイヤのA act2 256話ネタバレ考察感想あらすじ!御幸の言葉に対する降谷の返答

漫画ネタバレ

2021年6月9日発売の週刊少年マガジン2021年28号で、『ダイヤのA act2』256話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』256話では、御幸からいきなりプロを目指しているのかと言われた降谷はきょとんとしていました。

 

御幸は自分は立場上、あんまり言わないようにしていたと言いつつ、プロ野球選手になりたいと言ったのです。

 

もし野球でお金を稼げば、ここまで育ててくれた父親に恩返しをする事が出来ると言う御幸。

 

そんな彼の言葉を聞いていた沢村は落ち込んだ様子を見せながら、去っていきました。

 

果たして、降谷の返答はどのようなものなのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』256話『道果てしなく』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 255話 一覧 257話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 256話のあらすじネタバレ

御幸は不意に降谷に、プロの事は考えてないのか、と聞くと、降谷はいきなりそんな事を聞かれたせいか唖然としていました。

 

御幸達の元に向かおうとしていた沢村も御幸の発言に唖然としていたのです。

 

御幸は春の甲子園の後、降谷がその時よりもいい投球をしようとしていた事を思い出しつつ、自分の立場も考えてそう言う事を今まで言わないようにしていた、と言いつつ、プロ野球選手になりたいと言う思いは強い、と口にしました。

 

続けて、活躍してお金を稼げば、自分を育ててくれた父親を楽させられる、と口にする御幸。

 

沢村はこれは聞いてはいけない話だと感じたのか、2人に気づかれないように去っていきました。

 

そして降谷は、プロ野球選手になろうなんて思っていなかった、と口にしたのです。

 

御幸は自分の元じゃなくて降谷の元にもスカウトが来ている事を知っているので、正直降谷の言葉に驚きつつ、いずれ沢村のところにもスカウトが押し寄せるかも、と口にします。

 

降谷は、自分の野球は御幸が自分の球をちゃんとキャッチしてくれたところからスタートしていて、今は御幸に出来るだけ自分の球をキャッチしてもらい、出来るだけ長く一緒に野球がしたいと言う事しか考えてない、と言いました。

 

その言葉を聞いた御幸は、一本気だな、と笑いながら言いつつ、2人とも最高だ、と笑いながらバットを振り始めたのです。

 

降谷からしたら真剣な思いで口にしたのに馬鹿にされていると思ったのか、オーラを放ちながら御幸を睨みつつ、何で笑ったのか、と口にします。

 

そして御幸は、沢村も降谷も今のままでいろ、と言うのだが沢村が去っていく姿を見る事は無かったのです。

 

その頃、練習場では結城将司は関が用意してくれた成宮対策のバッティングマシン相手に打ち込もうとしており、体中からオーラを放っていました。

 

三村は、ちゃんとプロテクターやテーピングをつけろ、と準決勝前にやらかした前園に対して言っていたのです。

 

そして金丸と東条は白州と話をしたり、由井が先輩と話をしたり、倉持と小湊春市はティーバッティングで汗を流していました。

 

麻生は今でも告白した相手にフラれた事に落ち込んでいたが、山口や樋笠に色々言われたせいで吹っ切れたのです。

 

その頃、沢村は寮の階段に座って落ち込んでいました。

 

浅田、瀬戸、九鬼と共に歩いていた奥村はそんな沢村の姿に気づいたのです。

 

沢村は御幸が前園からプロの話をされた際、甲子園に行く事しか考えてない、と言っていたのを思い出し、同時に彼が練習をしている姿を思い出すと、もし準決勝で負けていたら、もう御幸と野球出来なくなっていたんだよな、と気づきました。

 

同時に、御幸の本音も今日知った、と思いつつ、それを自分じゃなくて降谷に伝えた事に関する苛立ちもありました。

 

そして成宮を筆頭に降谷、天久、真田、梅宮、向井と言った投手の事を思い出しつつ、今もいい投手はいるし、プロ野球界にも凄い投手はいるかもしれないと考えると、道のりは長いし果てしない、と思いながら闘志を燃やす沢村。

 

そして話しかけてきた奥村に対して沢村は、果てしないんだ、と言ったので奥村は何の事だか分かりませんでした。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 256話の感想と考察

これまでプロに関する事を口にせず、甲子園での優勝のみを考えて邁進してきた御幸でしたが、今回の事からも何処にでもいる高校球児なんだなと思いましたね。

 

プロのスカウトが沢山来ていて、描写では中々書かれませんが彼らの話を聞いていると思いますから、意識しない筈がありません。

 

それに父子家庭なので、大学に行くだけのお金があるとは思えませんし、それ故に高卒でプロ選手になりたいのでしょう。

 

甲子園まで行って、優勝は厳しくても好成績を収めれば、ドラフト会議でかなり高い順位で獲得されるのではないかと思いますし、仮に行けなくても打てて守れる捕手は貴重だからきっと獲得されると思います。

 

御幸の質問に対して降谷の答えは彼らしいなと感じましたね。

 

降谷は前々からかなりの剛速球を投げられましたが、誰にも受け切れなかったのです。

 

それ故に御幸に初めて受けて貰った時から、降谷にとっての野球が始まったのだと思います。

 

そう言う事だから、その先の事は考えていなかったのでしょう。

 

沢村も御幸の言葉を影で聞いて驚きつつも、自分にその言葉を話してくれなかった事を悔しく感じていましたが、すぐに立ち直ったみたいで良かったです。

 

次回からは稲城実業に対する対策を出来るだけ立てて練習していくと思います。

 

<< 255話 一覧 257話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました