スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ209話ネタバレ考察感想あらすじ!千冬の名案をタケミチが断った理由

漫画ネタバレ

2021年6月9日発売の週刊少年マガジン2021年28号で『東京卍リベンジャーズ』209話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』209話は、千冬にマイキーをぶっ飛ばす方法を話していると八戒が現れますが、彼はある場所に連れて行きました。

 

そこにはタケミチも知る人物が3人いましたが、その場所はどこで誰がいたのか?

 

そして、学校で話をしていたマイキーをぶっ飛ばすためにやるべきことを千冬がすべきと提案しますが、タケミチは断ってしまいました。

 

断った理由とは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ209話『Get a grip』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 208話 一覧 210話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ209話のあらすじネタバレ

「どうしたらいいかな?」

 

タケミチは千冬にマイキーをぶっ飛ばすためはどうしたらいいかアドバイスを求めました。

 

しかし、千冬は冗談だと思っていたので困ってしまいますが、タケミチは本気で考えていることを説明します。

 

そこで、千冬は仲間を集めることを提案しました。

 

なぜなら、2008年では東京卍會は解散していて存在しないので、マイキー率いる関東卍會に対抗するためには戦力となる仲間が必要だと思ったからです。

 

2人が話していることをに興味を持った八戒。

 

しかし、タケミチは彼に事情を話すことができないので、何を話していたのか八戒に聞かれますが答えをはぐらかしました。

 

その後、八戒は2人をとある場所に連れて行きました。

 

中に入ると、目の前にいたのは柄の悪そうなスーツ姿の2人組とロン毛の人。

 

そのため、タケミチはここはヤクザの事務所だと思っていました。

 

「久しぶりじゃねぇか!」

 

組長のような風貌の人がタケミチに声をかけますが、タケミチは誰かわかりませんでした。

 

タケミチに知らない人の扱いを受けたその人はサングラスをとって正体を明かしますが、彼は“パーちん”こと林田春樹でした。

 

パーちんということを知り驚いたタケミチは彼が出所したことを知り大喜び!

 

出所したというタケミチの話を聞いていたロン毛の人はギャグだと思いからかいますが、その人物は三ツ谷でした。

 

そして、もう一人のスーツ姿の人物はぺーやんでした。

 

ちなみに、タケミチたちが訪問した時は三ツ谷がアトリエとして借りたい物件を探している最中でした。

 

しかし、ちゃんとした物件を見せてくれなかったので三ツ谷は文句を言っていたそうです。

 

そして、八戒も物件探しをお願いしていましたが、高い物件しかピックアップしてもらっていなかったので文句を言いました。

 

このやりとりを見ていたタケミチは、2018年のパーちんとぺーやんが不動産会社をやっていることを思い出しました。

 

「みんな誘ってみろよ」

 

千冬は三ツ谷たちを仲間に勧誘すべきと提案しますが、タケミチは勧誘しませんでした。

 

なぜなら、頑張っている彼らを誘うことに抵抗を持ったからでした。。

 

千冬は他にも勧誘できる人がいないか探そうとしますが、携帯を見てバイトの時間が迫っていることを知り向かいますが遅刻してしまいました。

 

ちなみに、彼のバイト先はペットショップでした。

 

店に入る千冬の姿を見て中学生の頃とは違うことを痛感したタケミチ。

 

彼は東京卍會が解散した頃のことを思い出しました。

 

タケミチは解散した日にみんなが死ぬ未来についてマイキーに話しました。

 

そして、タイムカプセルを埋めた帰りにみんなを守ることをマイキーが誓ってくれました。

 

そのことを思い出したタケミチは、この時代がマイキーを守ってくれた未来ということに気付き、みんなを巻き込むべきではないので一人でなんとかしないといけないと決意します。

 

しかし、決意をしたもののどうしたらいいか悩んでしまいました。

 

そんな彼のもとに誰かから電話がきました。

 

携帯に表示されていたのはドラケンの名前でした。

 

「タケミっち今から来れるか?」

 

これがドラケンからの電話の内容でした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ209話の感想と考察

前回マイキーをぶっ飛ばすことを決意したタケミチは今回千冬に相談します。

 

いつもであればいい回答をもらえるはずでしたが、今回は冗談だと思われてしまいました。

 

マイキーの強さ知っているはずにも関わらず、そんなことを言われた冗談だと思うのは当然ですね。

 

しかし、それでも千冬は仲間を集めるべきとアドバイスをしました。

 

やはり、頼れる相棒ですね。

 

その後、八戒に連れられてヤクザの事務所のような場所にやってきますが、パーちんの不動産屋でした。

 

事務所の真ん中にサングラスをかけて堂々と座っていたり、中の装飾を見たらヤクザの事務所と思うのは当然な気がしました。

 

さらに、ぺーやん・三ツ谷の登場がありましたが、1990年生まれなので彼らは高校3年生のはず。

 

それにも関わらずパーちんとぺーやんは仕事をしています。

 

彼らは高校に行っているのか気になってしまいました。

 

そして、彼らを仲間に率いるべきと千冬が提案するもののタケミチは断ってしまいました。

 

最初はなぜ断ったのか理解できませんでしたが、マイキーが守っている未来というのが理由だったようです。

 

今回マイキーを相手に戦うので、みんなは知らなくてもタケミチには抵抗ありそうですね。

 

そして、最後にドラケンから電話で呼び出しを受けました。

 

次回は2008年のドラケンの登場回になりそうですが、どんな姿をしているのか楽しみです。

 

あと、呼び出した理由が明らかになるのも楽しみです。

 

<< 208話 一覧 210話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました