スポンサーリンク

パラレルパラダイス156話ネタバレ考察感想あらすじ!ミミとサーニャによる会話

漫画ネタバレ

2021年6月7日発売の週刊ヤングマガジン2021年28号で、『パラレルパラダイス』156話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス156話では、仁科から世界か自分かどちらを救うのかを決めるように言われたヨータ。

 

頭の中で何度も何度も考えてみるが、どちらかだけは選べないと思っていました。

 

しかし、どちらにしてもどれか1つを選ばなければならないと言う考えに辿り着き、1つの決断を下したのです。

 

それはカルンナッハで嫉妬深い神を倒すための剣を取りに行き、その剣を自分で守ると言う決断でした。

 

果たして、その決断を聞いた仁科の返事は何なのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス156話『dreaming girl(ドリーミングガール)』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 155話 一覧 157話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス156話のあらすじネタバレ

仁科はヨータに対し、自分を救うのか、世界を救うのか、どちらかを選んでほしい、と頼みます。

 

その頼みに対してヨータは最善の手を考えるも、全くもって思いつきませんでした。

 

しかし、何時までもそうしてはいられないし、どの道どちらかの選択を自分の手で決めないといけない、と思って、カルンナッハで剣を見つけて、その剣を自分が守護する、と言う決断をしたヨータ。

 

続けて、ここに居続けたら仁科も危険だから、ついてきてくれ、と言うと仁科は頷きました。

 

その様子を木の影からひっそりと見ていたルーミは悲し気な目をしていたが、彼女の存在に気づいていたヨータは、同行してくれ、と頼みます。

 

そう言われると思っていなかったルーミは、大丈夫なの、と聞くとヨータは、ルーミは自分と行為をする相手だからいないと駄目、と言ったのでルーミはきゅんとしたのです。

 

その背後で仁科が黒いオーラを纏っており、ヨータはそれに気づいて後ろを向くが仁科は何時もの仁科でした。

 

そして準備に取り掛かるのです。

 

その頃、サーニャの家ではサーニャは拘束されているミミに対し、人を始末するような者だとは知らなかった、と口にします。

 

サーニャはミミの事を知っているのか、昔魔女になりたいと言っていたけど、その願いを辞めさせるために人間を食べないと魔女になれないと言った、と言いつつ、まさか実行するとは考えてもみなかった、と言います。

 

余計な事を言った、と謝りつつ、拘束を解いたら、すぐさまこの街から出ていけ、と言ったのです。

 

ミミは立ち上がろうとする中、サーニャはどんな手段を使って魔女になったのか、と聞くとサーニャは、魔女の脳みそを食べたから、と答えたのでミミは彼女の方を見ます。

 

サーニャは耳の思惑に気づいており、自分を狙おうと考えているなら無理だ、年を取っていてもそう簡単には勝てる相手じゃない、と口にします。

 

対するミミは何故かお礼を言ったので、サーニャはきょとんとしたのです。

 

その頃、ヨータはユーマとトリスに対し、剣は取りに行くがあくまで仁科を斬り捨てるのは最終手段で、仁科の記憶が完全に戻るまで待つ、と言いつつ、別の理由で剣を手に入れたい、とも言うが詳しい事は述べませんでした。

 

そしてトリスが用意してくれた地図から、5日間かかる事を知ったヨータは、明日出かける、と口にし、ユーマも必要な物を用意するつもりでいました。

 

会話を聞いていたピアノはヨータがいなくなることに寂しさを感じていて、その事に気づいたロミーは、ヨータの事を思い浮かべて興奮している、と言ったのでピアノは殴ったのです。

 

2人の様子を見たユーマは呆れつつ、壮行会を行う、と口にするがヨータは内心では、どうせ行為をするのだろう、と思っていました。

 

そんな中、ミミがやって来たので、ユーマ達は武器を構えたのです。

 

ミミはヨータ達の元に現れる前に、サーニャの脳みそを食べており、それが原因なのか5つの顔を持つ巨大な蛇の姿になり、ヨータ達は驚愕するのでした。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス156話の感想と考察

今回の話で、ミミとサーニャとの関係も何とかなく分かりましたね。

 

2人は旧知の仲なのでしょう。

 

ミミは長い時を生きて、人間達を始末したいと言う思いがあり、それを叶えるには魔女になるしかないと考えてサーニャの元を尋ねたのです。

 

サーニャは魔女になるには魔女の脳みそを食べる必要がある事を知っていましたが、それを話してもミミの力ではどうしようもないし、無駄に命を散らすのは惜しいと考え、人間の脳みそを食べればいいと勧めました。

 

サーニャのこの発言は普通に考えたら間違っていませんし、ミミも諦めるだろうと踏んだのでしょうが、彼女は魔女になるためなら手段を選ばない人物だったので、その事にサーニャは気づけなかったのでしょう。

 

それ故に生贄として運ばれた事に驚いたのだと思います。

 

そして魔女になるには魔女を食べると言う事をミミに教えましたが、ミミはどのようにサーニャを仕留めたのでしょうか。

 

サーニャは今の状態でもミミには負けないと口にしていましたが、もしかしたらミミは大分前から魔女の脳みそでも食べて、最後のシーンのような怪物になれるようになっていたのかもしれません。

 

本来は人間の姿で相手を痛めつけるのを好んでいるから、怪物の姿には今までならなかったのでしょう。

 

次回ではヨータ達が怪物になったミミと戦いますが、どんな戦いになるのかなと思いますね。

 

<< 155話 一覧 157話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました