スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ19話ネタバレ考察感想あらすじ!音無襲来、新たな容疑者発覚!?

漫画ネタバレ

2021年6月3日発売の週刊ヤングジャンプ2021年27号で、『青年少女よ、春を貪れ。』19話が掲載されました。

 

『青年少女よ、春を貪れ。』19話は、前回のラストで帰省した音無。

 

今回は女子組の再会が待っていました。

 

元親友の水川に対し、音無が放った言葉によって更に謎を呼ぶ展開となりました。

 

本記事では、『青年少女よ、春を貪れ。』19話『それが、報いだものね』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 18話 一覧 20話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

青年少女よ春を貪れ19話のあらすじネタバレ

10年前のキャンプ当日の朝、集合場所に来た龍樹は勝之が来られないことを亮から聞かされました。

 

風邪ならしょうがないということで、自分たちだけで楽しもうと言う亮に、楽しみすぎて眠れなかったなと目の下にクマが出来ている龍樹は推測します。

 

そんな2人を遠巻きに眺めていたのが水川と古崎でした。

 

キャンプにまで勉強道具を持参しようとしている古崎が、大事そうに抱えるノートを触ろうとする水川でしたが、触らないでと古崎は抵抗すると困惑しながらも水川は謝りました。

 

そんな険悪な空気になったところにハルはやって来ました。

 

楽しみすぎて眠れなくてと言う人が、ここにももう一人いました。

 

楽しげに話す亮とハルの様子を見ていた水川は、思うところがあるようでしたが出発の時間になり、車中それぞれの思惑や気持ちがありながらもキャンプ場へと向かいました。

 

それから10年が経ち、水川は龍樹からのメッセージで20時に再びキャンプ場に集合しようと提案されて、まだ勝之が諦めていなかったことを察していました。

 

どうしたらいいのかと電気も点けない暗い部屋で寝転びながら悩んでいると、部屋のインターフォンが鳴りました。

 

慌てて鍵を開けると、そこにいた人物に驚き思わずドアを閉めようとしますが、時既に遅く、足を挟みこじ開けられてしまいました。

 

突然やって来た音無は、昔は親友だったと言い再会を喜びますが、水川の方は親友だと思った事はないと目も合わせません。

 

そんな態度はすぐに強がりと見透かされ、足が震えていることを指摘されました。

 

あの時までは親友だと思っていたと、にじり寄る音無。

 

キャンプに誘って貰えなかったことを悲しみ、無理にでもついていくべきだったと何度も後悔していると言い、絶対ハルの死を止められたと音無は断言しました。

 

そんな昔話をする気も無く、水川は帰ってと言うだけでしたが、首を掴まれ壁に押しつけられました。

 

かつての親友を裏切り者と呼び、罪を認めて償うまで許さないと力を込める音無は、今はその追求よりも勝之の行方を知ることが優先だったようです。

 

どこにいるのか問われようとも、水川が知るはずもないのですが、知らないと答えても庇っていると思われるばかりで話は通じません。

 

そうこうしていると、外から祖母と遊びに行っていた娘が帰ってきた声がしました。

 

娘の声に気付いた事も見逃さない音無が、娘に対し何をするかもわからず水川は誤魔化そうとしますがその嘘も見抜かれてしまいます。

 

首を絞める手には一層力が込められました。

 

ハルの結婚という夢は一生叶わないのに、一丁前に母親にまでなっていることが許せない音無は、以前テレビに出たことを娘は自慢に思っているだろうと言いました。

 

貴方が人殺しである事をあの子に教えることが報いだと音無が言ったとき、水川が手にしていたスマホが滑り落ちました。

 

落下するよりも早く拾った音無は、画面を見るとキャンプ場に集合する予定である事を理解し帰って行きました。

 

玄関に座り込む母を見て、驚いた娘は駆け寄りましたが大丈夫とどうにか平静を装いました。

 

そんな水川の元を去った音無は、一人笑みを浮かべるのでした。

 

スポンサーリンク

青年少女よ春を貪れ19話の感想と考察

前回までに既に亮と龍樹がそれぞれ殺したと告白し悩んでいましたが、音無の今回の言動や態度から察すると水川も犯人であるような展開でした。

 

亮と親しげなハルに対してあまり良い感情を抱いていないのはわかりましたが、本当は一体誰が犯人なのかという流れになってきました。

 

被害者は一人なのに、犯人だと思われる人物が3人でもしかしたら古崎も犯人であり悩んでいる可能性があるので、新手のミステリーのように思えました。

 

勝之がキャンプ場に招集して当時を再現しようとするはずなのですが、そこへ招かれざる音無が加わることによって現場は大混乱を極めることでしょう。

 

ハルを大切にするあまり大暴走する音無が、どう動くかによって今後の流れも変わってきそうですが、読者的にも他のキャラクター的にも大人しくしていて欲しいところです。

 

あまり仲良さそうでもない古崎が呼ばれたことが疑問ですし、親友である音無をハルも誘わなかったことも疑問です。

 

そこが音無自身はどう考えているのか気になるところでもあります。

 

情報を得た音無は、この足で次はどこに向かうのでしょうか。

 

<< 18話 一覧 20話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 青年少女よ、春を貪れ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました