スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい218話ネタバレ考察感想あらすじ!喧嘩する伊井野と石上

漫画ネタバレ

2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ2021年26号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』218話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜218話では、ある日、石上と伊井野が喧嘩をしており、彼らの喧嘩を見た千花は最近仲良さげにしていた事もあってか、彼ららしいと安堵していたのです。

 

千花の言葉に白銀は呆れており、かぐやは何が理由で喧嘩しているのかと問い詰めました。

 

果たして、何が原因で喧嘩をしていたのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜218話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編③』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 217話 一覧 219話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい218話のあらすじネタバレ

ある日の生徒会室では、石上と伊井野が何故か喧嘩をしていました。

 

最近、彼らの喧嘩を見ていなかったのと仲良さげにしていた事から千花は彼らを見て、彼ららしい、と安堵していたので白銀は呆れていたのです。

 

かぐやは、何で喧嘩しているのか、と問い詰めると伊井野は、石上にラインを送ったけど全然返信してこないから、と答えます。

 

半日返信しないのは自分だけじゃなく、他にも沢山いる、と言う石上だったが、ラインならすぐに返信できるのに、半日もほっとくのは有り得ないし、せめてスタンプだけでも返して欲しいし、失言したのかもと思っていた時間を返せ、と伊井野は言いました。

 

石上がすぐ返信しなかったのは、スマホをリビングに放置していたからであり、その事を知った伊井野は激怒したのです。

 

対する石上は、誰もがスマホを常に携帯しているわけじゃ無い、と言いつつ、自分はPCを通じて友達と連絡しているんだ、と言います。

 

伊井野はPCで連絡を取っているのに驚かず、石上に友人がいた事に驚いていました。

 

石上は、ラインの連絡先を知っている友人はそんなにいないけど、ディスコードには100人くらい友達がいる、と言ったのです。

 

PCでの友人と言っても薄っぺらい関係なんでしょ、と馬鹿にする伊井野だが、石上は、ここ最近はネットを通じて音声で会話も出来るディスコードがメインになっている、と言いました。

 

そもそもディスコードとは、招待を受ける事で参加する事が出来、沢山の友人と会話したりできるシステムです。

 

石上は、そのディスコードで多くの友人と話しているから、薄っぺらい関係ではない、と言いつつ、伊井野にも勧めるも彼女は面倒だなと言う表情をしながら、ラインで問題ないでしょ、と言います。

 

そうしたら石上は怒って、人が折角説明したのに、と言いつつ、ディスコードには色々なシステムがあるし、登録は無料だからやって見ろ、と勧めるもそれでも伊井野は乗り気ではありませんでした。

 

そんな中、千花は、ギガ子が以前作ったサーバーで色んな人と話している、と言うと石上はギガ子の事を知っており、彼女とゲームがしたかった、と呟きます。

 

それを聞いた千花は、話を通しておく、と言ったのです。

 

それから家に帰った石上は、ギガ子のサーバーに招待されたのだが、有名なゲーマーを始めとした著名人もいたので、内心自分みたいな人がいていいのかと困惑していました。

 

しかし、ギガ子が声をかけてきてゲームを開始する事になり、KOROMOと言うユーザーも参加する事になり、石上の事をゆーちんとあだ名で呼びます。

 

そしてゲームをすると、ゲーム好きな人達が集まっているせいか、自然と楽しくなってきたのです。

 

余りにも幸せな時間を送り過ぎたせいで、石上は睡眠不足になってしまい、秀知院に来てからも欠伸ばかりでした。

 

そんな彼の元に難題女子の一人である不知火が現れ、彼女と話した事がないので戸惑う石上。

 

しかし、石上の事をゆーちんと呼んできたので、KOROMOだと気づきます。

 

彼女もギガ子に誘われてあのサーバーにいたのです。

 

不知火はアイドルで、男子生徒と喋らない事で知られているので、石上以外の男子生徒達は内心驚いており、何で仲良さげなの、と尋ねました。

 

そうしたら不知火は、一緒に夜まで疲れるまで遊んでいて、石上はとても上手いだし、沢山やれたからとても満足、と言い、石上に、またやろう、と言ったので石上は了承したのです。

 

不知火は去っていくと、先程の彼女の会話から石上と不知火は男女の仲なのかと思った男子生徒と女子生徒、そして伊井野は内心驚きを隠せませんでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい218話の感想と考察

ラインの返信を巡って喧嘩していた石上と伊井野ですが、2人の意見はどちらも間違ってはいないと思いますが、人それぞれなのだと思いますね。

 

伊井野の場合は知人がいるから、ラインで連絡するようにしているのでしょうし、すぐさまメッセージを相手に伝えられるから利用しているのでしょう。

 

石上の場合は知人こそいるみたいですが、ラインを利用するよりもPCを使って連絡を取った方がやりやすいのだと思います。

 

それにPCで連絡を取る方法であるディスコードでは、様々なシステムがあるようなので石上からしたら重宝しやすい感じですね。

 

たた伊井野は面倒そうだから使わない感じなので、意見が食い違ったのでしょうね。

 

そしてギガ子のサーバーで石上が一緒にゲームをやったユーザーのKOROMOが、難題女子の一人である不知火ころもだとは驚きましたね。

 

ただ、彼らの会話を聞いていた伊井野は間違いなく焦りを感じている感じでしたね。

 

2人が話している内容はゲームの事なのですが、言い方から男女の関係になっていると誤解されかねない発言でしたし、実際多くの生徒達は2人は男女の関係なのではないかと感じていました。

 

恐らく伊井野もそう思っている可能性があるので、不味いと感じているのではないでしょうか。

 

<< 217話 一覧 219話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました