スポンサーリンク

ゴールデンカムイ280話ネタバレ考察感想あらすじ!スパイだとバレた者の末路

漫画ネタバレ

2021年5月27日発売の週刊ヤングジャンプ2021年26号で、『ゴールデンカムイ』280話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ280話では、菊田は鶴見に中央のスパイだとバレてしまいました。

 

その理由は菊田が極力顔を合わせる事なく、煙草を使って連絡を取っていて、その煙草を宇佐美に拾われ、鶴見の手に渡ったからでした。

 

菊田はこのままでは始末されると口にすると、鶴見はそれは承知の上だし、菊田を撃った事で中央が出張って来るかもしれないが、敢えて菊田を撃つ事で自分達は逃げ道を無くしたのだと言いました。

 

しかし、菊田は鶴見を始末するのは中央ではないと言ったのです。

 

果たして、誰が鶴見を始末すると言うつもりなのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ280話『決意の号砲』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 279話 一覧 281話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ280話のあらすじネタバレ

拳銃で菊田を撃った鶴見は彼に煙草を見せ、菊田は煙草を見ながら札幌中島遊園地での事を思い出します。

 

全体的に黒い服と帽子を身に着けている菊田はわざと煙草を落として、この場から去っていったのです。

 

これはテッド・ドロップと言うスパイが使う情報手段の1つであり、仲間と会わずに情報を伝えられるので鶴見に怪しまれないようにするために、菊田が決めた方法でした。

 

しかし、煙草の場合、よそ者に拾われる可能性があったので、菊田からの情報を受け取る者は、別の物にしてほしい、と呟いていました。

 

現在に至り、鶴見は、自分が近くにいないから行動が雑になっていたし、この事を知れたのは宇佐美のおかげだ、と言ったのです。

 

鶴見は命を落とす寸前の宇佐美から刺青人皮と煙草を受け取っていたのです。

 

撃たれた箇所から血を流している菊田は、自分をこのような目に遭わせた鶴見は始末される、と言います。

 

鶴見も承知の上で菊田を撃っており、菊田を撃った事で中央が自分を始末するために軍を派兵するのだろうが、今回の事は菊田を始末して敢えて逃げ道を無くして金塊を絶対に手中に収めると言う決意でもある、と言ったのです。

 

しかし、菊田は、中央の者達が鶴見を始末するのではなく、ノラ坊が始末するんだ、と言います。

 

ノラ坊とは杉元の事なのだが、鶴見はその事を知らなかったのでピンときませんでした。

 

そして菊田は、地獄への片道切符があるから、一緒に乗ろうか、と言って二丁拳銃を取り出して鶴見を撃とうとしたが、その前に月島が菊田を撃って始末したのです。

 

菊田がそんな目に遭っている事を知らない杉元は列車の窓から景色を見ていたらアシリパがやって来て、暗号を解読した、と伝えました。

 

その頃、鶴見は月島達に、北海道のあちこちにいる部下達にすぐさま金塊の場所を教え、武器等の準備を行い、そこへ飲まず食わず休まずに向かうように指示を出せ、と命じたのです。

 

その頃、アシリパは皆を呼んで、解読できた状態の刺青人皮を見せるのだが、この状態では何処が隠し場所なのか分からないので、ちんぷんかんぷんの状態になります。

 

アシリパは、この線を見て、と言うと杉元達はその場所が分かったのです。

 

金塊が隠されている場所は五稜郭でした。

 

土方は、ここにあったのか、と呟きつつ、若い頃新撰組副長及び陸軍奉行並として旧幕府の主力や新撰組を率いて新政府軍と戦った時の事を思い出していたのか、笑みを浮かべていました。

 

同じ新撰組隊士だった永倉も目を見開いて笑みを浮かべます。

 

前に上エ地が、刺青人皮を全て回収しなくても場所が分かる、と言っていましたが、彼の言葉のおかげで今回殆どの者達は場所を見つける事が出来たのです。

 

因みに門倉の刺青人皮は五稜郭の中心部にぴったりはめ込んだのだが、門倉以外の面々は心底どうでもいいと言う目をしつつ、心の中で、どうでもいい場所にハマったな、と感じていました。

 

そして、列車は五稜郭がある函館に近づこうとしていたのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ280話の感想と考察

菊田は鶴見達に気づかれないように、中央と連絡を取っていましたが、偶然ながらバレてしまっていたようですね。

 

それに宇佐美は命を落とす直前にメッセージを鶴見に渡していたから、鶴見は菊田が中央の命令を受けて動いていると知ったのでしょうね。

 

それ故に菊田に向けて発砲したのだと思います。

 

しかし、菊田は杉元が必ず鶴見を倒すと言っていましたが、先に金塊を見つけると言う意味なのか、それとも物理的な形で倒すのかが気になるところですね。

 

そしてアシリパは無事に暗号を解き、金塊の居所を明らかにしましたが、まさかの五稜郭でしたね。

 

決して人が入れないような秘密の森とか、断崖絶壁の山とか、そう言う場所に隠していると思っていましたが、五稜郭だとは思いませんでした。

 

恐らく、普通だったら絶対に調べないような場所に隠しておけば、誰にも見つかる事は無いだろうと言う意図があって五稜郭に隠したんじゃないかなと思います。

 

五稜郭と言えば、当時新撰組副長の土方が部下を率いて榎本武揚の指揮の元、新政府軍と戦った拠点となっていた場所です。

 

それ故に土方の顔が非常に懐かしいと言う顔になっていたのも、理解できますね。

 

杉元達と鶴見達の最終決戦の舞台になる感じになっているので、楽しみです。

 

<< 279話 一覧 281話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました