スポンサーリンク

推しの子45話ネタバレ考察感想あらすじ!脚本を全部書き直してと言われたGOAの苦悩

漫画ネタバレ

2021年6月3日発売の週刊ヤングジャンプ2021年27号で、『推しの子』45話が掲載されました。

 

『東京ブレイド』舞台稽古の見学にやってきたアビ子と吉祥寺。

 

稽古の様子を見て感動したアビ子でしたが、「脚本を書きなおして欲しい」と言い出して・・・。

 

本記事では、『推しの子』45話『伝言ゲーム』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 44話 一覧 46話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子45話のあらすじネタバレ

アビ子は「脚本を全部直してください」と言うと、雷田は慌てて「さすがに、それは」と言い、この脚本でOKをもらって稽古に入っているし本番まであと20日しかないと言いました。

 

するとアビ子は何度も直してほしいと言ったと言い、「実際に動いているところを見ればこの脚本で良いのが分かる」と言うから見に来たけれど、良くないからOKではないですよねと言いました。

 

それを聞いて雷田は言葉を失いました。

 

すると脚本家のGOAはアビ子に希望に添えなかったことを謝るも、事前に何度かやりとりをさせてもらって自分は最大限、意図を汲んだつもりだと言いました。

 

それを聞いたアビ子は、あなたが脚本家なんですねと確認した上で、修正したいところは事前に伝えているし、『東京ブレイド』の原作を読んでくれていますかと尋ねました。

 

GOAはもちろん読んでいますと言うと、アビ子は読んだ上でこれなのかと言い、展開を変えるのはいいけれど、キャラを変えるのは無礼だと思わないのか、うちの子たちはこんなにバカじゃない!と言いました。

 

GOAは修正個所を頂ければ対応しますと言うも、アビ子は全部だと言います。

 

どれだけ言っても直ってないし、自分がなめられているのかと思ったけれど、脚本家が理解できてない、この人創作者としてセンスが・・・と言おうとするも、横にいた吉祥寺が笑顔で「先生、一旦ちょっと」と言ってアビ子の口をふさぎました。

 

吉祥寺は思いました。

 

原作者と脚本家がもめるのはよくある話で、脚本が上がったときにもきっとアビ子は不満があって修正指示を出したに違いない。

 

でも原作者と脚本家の間にはたくさんの大人が介入していて、ほぼほぼ伝言ゲームになる。

 

アビ子が怒り出したのは突然湧いたものではなく、一向に原稿が修正されないことに対しての強い抗議も含まれているのだろう・・・。

 

アビ子は言いました。

 

正直、この脚本家は私の作品に向いていない、エンタメを理解していると思えないと言い、「もう私に全部脚本を書かせてください」と言いました。

 

「それはちょっと」と慌てる雷田に、アビ子は「じゃなきゃ、この劇の許諾を取り下げます」と言いました。

 

雷田は「それをやったら色々と・・・」と言うと、アビ子は違約金は私が払うと言い、私のギャラはいらないから名義もそのままで脚本家さんにもギャラを払ってください、でももう関わらなくていいですと言いました。

 

そんなやりとりを部屋の外で聞いていたアクアは「子どもみたいな人だな」とぼそっと言いました。

 

すると吉祥寺が漫画家はこだわりが強くて社会性に欠けている人が多いからと言うと、アクアはGOAにこのままだと降ろされますよ、いいんですかと尋ねました。

 

GOAは仕方がない、上の人が何か言ったら簡単に首をすげ替えられる、こんなのはよくあることだと言いました。

 

さらにGOAは良いものを作ろうと真面目にやっていても原作者の趣味と違えば嫌われるし、つまらなかったらファンから戦犯のように吊し上げられ、面白かったら全部原作の手柄になる、リライティングというのは地獄の創作なんだと言いました。

 

それから雷田に呼ばれたGOAは、アビ子が脚本を書くと言っていると言われ、降ろされるのは構わないが、自分の名前は消してほしい、アビ子が書き直したものをあたかも自分が書いたように出すのはプライドが・・・と言いました。

 

すると雷田はもう表には発表しているし、ポスターもパンフも刷り直しだとコストがない、どうか事故にあったと思ってどうか嚥んでくれないかと頭を下げました。

 

雷田に頭を下げられて困ったGOAは、しぶしぶ「分かりました」と返事をしました。

 

家に帰ったGOAはひとり、考え込んでいました。

 

原作も1話から読んだし、良い舞台になるように魂を込めて脚本を書いた、頑張ったつもりだったけどなぁと思った時、アビ子に言われた言葉を思い出しました。

 

「この人、創作者としてのセンスが・・・」

 

ちくしょう・・・GOAは頭を抱えました。

スポンサーリンク

推しの子45話の感想と考察

アビ子の一歩も引かないところが、なかなかのクセが強いなと思いますが、ゼロからものづくりをする人にとっては、それくらいクセが強くないと作れないのだろうなぁと思いました。

 

ひとつの作品を作るのに、たくさんの人が関わっていて、期限や予算といった制限のある中で作ろうとすると、原作者の意図が汲まれないことはよくあるのでしょうね。

 

GOAの脚本家としての苦悩を聞くと、本当に大変な仕事なんだなぁと思います。

 

自分の名前は載っているけれど、実は自分が書いた脚本ではないっていうのはやっぱり辛いものがありますよね。

 

GOAは雷田に頭を下げられてしぶしぶ納得しましたが、さすがに落ち込む気持ちもよく分かります。

 

アビ子が脚本を全て書き直して、いったいどんな舞台になるのか、本番までに間に合うのか、次回がとても楽しみです。

 

<< 44話 一覧 46話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました