スポンサーリンク

ゴールデンカムイ279話ネタバレ考察感想あらすじ!過去が終わって現在へ!

漫画ネタバレ

2021年5月20日発売の週刊ヤングジャンプ2021年25号で、『ゴールデンカムイ』279話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ279話では、杉元は菊田に勇作から聞いたけど、自分が菊田から借りた帽子は弟のものなんだよなと言いつつ、地獄への切符と言うのは弟の事で罪悪感を感じているのかと言います。

 

菊田は弟の藤次郎は自分が陸軍に入るように勧め、家が貧しくて美味しいご飯が食べられるからと言う事も勧めた理由と言いつつ、日清戦争で命を落としてしまったから、自分が誘ったせいで命を失う事になったのだから自分の責任だと言ったのです。

 

そんな菊田に杉元はどんな言葉をかけるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ279話『俺の手柄』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 278話 一覧 280話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ279話のあらすじネタバレ

杉元は菊田に、今自分が手にしている帽子は弟のものだと勇作から聞いた、と言いつつ、地獄への切符と言うのも、弟に対して申し訳なく思っているからか、と言います。

 

菊田は、弟の藤次郎は自分が陸軍に入隊するように勧め、家が貧しいのと美味しいご飯が食べられるからと言う事も勧めた理由、と言いつつ、日清戦争で命を落としてしまったから、勧めた自分が始末したようなものだ、と言って今も罪悪感に駆られている様子を見せていました。

 

そんな中、杉元は帽子を被ると、自分は金子に陸軍に入ると言ったけど、それは菊田の存在が理由だ、と言いつつ、最終的にどうするかは自分だから菊田に憎しみを持つ事はないだろうし、菊田も自分自身を許した方がいい、と言ったのです。

 

その時の杉元は菊田の目から見たら、命を落とした藤次郎に見えていました。

 

それ以前に自分はそう簡単にはくたばる事はない、と自信気に言う杉元に対し、菊田は少し呆れつつも帽子を正式に渡す事にして去ろうとしたのです。

 

杉元は、勇作には金子と結婚すると言う選択がある事を教えてあげて欲しい、と菊田に言うと菊田は、鶴見達が関わった事からもう今回の一件は陸軍に知れ渡っているだろうし、自分はクビになる可能性があるから、取りあえず陸軍に入る気なら勇作に関わるな、と言います。

 

そして陸軍に入り、自分も陸軍に残っていたらその時は仲良くやろう、と言って去る菊田。

 

そして菊田は陸軍第一師団司令部にいる団長の奥田に呼ばれており、鶴見が変な行動を起こさないように見張る役目を与えるから第七師団に入れ、と言われます。

 

この場には尾形もおり、役目も菊田と同じでした。

 

奥田はその事を菊田に話すと、もし鶴見にバレて両方やられるのは避けたいから、別々で動け、と命じました。

 

そして1904年、日露戦争が起こり、杉元はその戦で大活躍をしたが、勇作は命を落としてしまいます。

 

現在に至り、過去の事を思い出していた杉元は目を覚ましたのです。

 

その間にも電車は進んでいたのです。

 

アシリパは暗号を解読していくうちに、ウイルクが漢字を暗号として使っていた事が明らかになり、土方はこの事から、和人と手を組んで暗号を解けと言う事なのだろう、と言います。

 

白石は、もしかしたら和人を金塊を見つける道具として利用してでも見つけろと言う意味かもしれない、と言ったのです。

 

その頃、菊田は鶴見達が一旦アジトにしている教会へと向かいつつ心の中で、杉元が日露戦争で活躍したから犠牲は最小限に済んだし、それにそんな杉元を陸軍に入るきっかけを作った自分の活躍でもあるな、と思っていました。

 

そして杉元も菊田の事を思い出しており、これから先、菊田と刃を交えるかもしれない、と不安に感じていたのです。

 

その間にアシリパは海賊が遺した金貨を取り出すと、この金貨には刺青人皮と似た模様があるから何かしらの意味がある、と言います。

 

その頃、鶴見は金塊が隠された場所を突き止めたと共に何故か菊田の腹部を射撃したのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ279話の感想と考察

今回、菊田の弟の藤次郎を陸軍に誘ったのは菊田であり、藤次郎が日清戦争で病気で命を落とした事が明らかになりました。

 

それ故に藤次郎を始末したのは自分みたいなものだから、地獄へと向かう切符しかないと言っていたのも明らかとなりました。

 

この事から貧しい家庭ながら美味しいご飯が食べれる事と菊田の勧めと言う理由で陸軍に入った藤次郎と杉元は何処か似ているから、菊田は杉元に協力したんじゃないでしょうか。

 

勿論、金子とのお見合いの事で杉元は顔立ちが良かったのも理由ですが、杉元が罪の意識を感じている己を許して欲しいと言った際、菊田の目には目の前にいる杉元が藤次郎に見えていた事から完全に杉元を生前の藤次郎にだぶらせていたのでしょう。

 

前回、杉元が陸軍に入りたいと言った際に冗談だろと言ったのも、藤次郎の二の舞になってほしくないから遠ざけようとしていたのかなと思いますね。

 

そして過去編が終わって、現在の話に戻りましたが、菊田が鶴見に撃たれるとは思いませんでしたね。

 

菊田は鶴見の仲間として振舞いつつ、中央のスパイとして暗躍していました。

 

鶴見は今回の話から菊田がスパイだととっくに見破っていたが、金塊がある場所が分かるまでほっといたのでしょう。

 

今回、場所が分かったため用無しと判断して撃ったのでしょう。

 

撃った本当の理由は次回、明らかになると思います。

 

<< 278話 一覧 280話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました