スポンサーリンク

推しの子44話ネタバレ考察感想あらすじ!癖が強いアビ子先生が舞台稽古見学に参加

漫画ネタバレ

2021年5月20日発売の週刊ヤングジャンプ2021年25号で、『推しの子』44話が掲載されました。

 

自分の役が、原作と脚本で違うことに悩んでいたあかね。

 

そこへ稽古の見学にやってきたのは・・・。

 

本記事では、『推しの子』44話『見学』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 43話 一覧 45話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子44話のあらすじネタバレ

居酒屋では『今日あま』の作者である吉祥寺がここは奢らせて、年上に面子を立ててほしいと言って会計を済ましました。

 

『東京ブレイド』の作者、鮫島アビ子がお礼を言うと、吉祥寺は2件目行こうと誘います。

 

するとアビ子は食べた後すぐに歯磨きをしないと気持ち悪くてと言うと、吉祥寺もそうだったわねと言いました。

 

トイレに行く後ろ姿のアビ子を見ながら吉祥寺は思いました。

 

アビ子は癖が強い方だし、漫画は最悪ひとりでも描けるが、メディア化は多くの人が関わる分それだけコミュ力が問われると思いました。

 

さらに、原作者が変に口をはさむと現場が混乱するとも聞くし、ある程度の推し引きが必要だが、その点アビ子は・・・と思いながら、吉祥寺もトイレに入ると、アビ子は歯ブラシを2本口の中につっこんで歯磨きをしていました。

 

吉祥寺が何をしているのかと、引き気味に声をかけると、アビ子は吉祥寺先生を待たせるわけにはいかないのでダブル歯磨きでやってますと答えました。

 

吉祥寺は「アビ子はやっぱり変人だ」と再認識しました。

 

東京ブレイドの舞台練習が毎日熱心に行われている中、ある日脚本を手がけたGOAがやってきました。

 

金田一と仲良く話す姿を見て、アクアはあかねにGOAさん来てるな、今日は原作者も見学に来るらしいと言いました。

 

あかねはアクアにこの脚本を見てどう思う?原作とちょっと違うと思うけどと言うと、アクアは割と原作に準じた脚本だと思うし、以前出た『今日あま』の脚本より90倍はマシだと真剣な顔で言いました。

 

確かに『今日あま』はひどかったねとあかねが言うと、アクアは直接聞いたら?と言いました。

 

するとあかねはダメだとすぐに言い、演技指導は演出家から受けるものでそこの指揮系統を崩したらダメだと言うと、アクアは「ふーん」と言いながら、金田一とGOAの元に行き、あかねが脚本について質問があるみたいですと言いました。

 

アクアは演出の金田一の意見も踏まえた上で意見を伺えたらと言うと、驚いたあかねは顔色を変えながらすぐにアクアの隣に並びました。

 

アクアはあかねに、二人に同時に聞けば筋は通るだろと言いました。

 

そしてあかねは二人に、自分の役鞘姫は脚本からだとキャラが少し理解できなくてと言うと、GOAは原作よりだいぶ好戦的な感じだしねと言いました。

 

それを聞いてあかねは「そうなんです!」と食い気味に言うも、GOAはそこは僕もかなり悩んだと言い、演劇で考えた時にやや尺を取り過ぎてしまうしシンプルにする必要があった、そうしないと全てが散漫になって分かりづらい作品になってしまうからだと言いました。

 

さらにGOAは僕も原作のファンだからあまり手を入れたくないけれどこれも自分の仕事のひとつだと前置きし、もしあかねが気になるなら今からでも直すよと言うと、横で聞いていた金田一がすぐに役者を甘やかすなと言いました。

 

金田一は、自分も原作を何冊か読んだけれど今のこの形が対立構造がシンプルで分かりやすい、作劇として間違ってないから採用した、あかねの役割は人物の対立を分かりやすく明示するためのものだと言いました。

 

あかねはそれを聞いて「分かりやすくかぁ・・・」とさらに考え込んでしまいました。

 

そこへ吉祥寺とアビ子が見学にやってきました。

 

アビ子はもぞもぞしながら小声で「こ、こんにちは」と言い、横にいた吉祥寺がフォローしながら大声でみんなに挨拶をしました。

 

吉祥寺が来たことで、今日あまでお世話になったかながすぐにやってきて手を取り合って再会を喜んでいました。

 

そして吉祥寺はアクアに「またお会いできて光栄です」と笑顔で言うも、メルトが吉祥寺に声をかけると、吉祥寺は明らかに顔を曇らせて「あ、ども」と言うだけでした。

 

メルトは分かっちゃいるけど塩対応だなと言うと、アクアは『今日あま』でめちゃくちゃしてたし、原作者からしたら親の仇みたいなものだろと言いました。

 

そこへあかねがやってきて二人の先生に挨拶をすると、アビ子はすぐに吉祥寺の背中に隠れてしまいました。

 

吉祥寺がアビ子にほらちゃんと挨拶してと小声で言うと、アビ子は無理だと言い、イケメンと美少女は目を合わせただけでテンパると言いました。

 

そして吉祥寺とアビ子は座って見学してくださいと椅子に誘導され、役者たちの演技を見ることになりました。

 

役者たちが真剣に演技をする姿を見たアビ子は目の色が変わり、演技に釘付けになっていました。

 

どうですか?と尋ねられたアビ子は、少し顔を赤らめて、皆演技が上手で良い舞台になると思うと言いました。

 

すごいな、私にはできない・・・とつぶやくアビ子を見て、吉祥寺は、アビ子も気に入っているみたいで良かったと胸をなでおろした途端、アビ子が「だからこそ、私が言わなきゃですよね」とつぶやきました。

 

そしてアビ子は言いました。

 

「脚本って今からでも直してもらえますか?全部?」

 

周りにいた吉祥寺を始め、全員が顔面蒼白になりました。

スポンサーリンク

推しの子44話の感想と考察

アビ子先生の癖が強すぎて、めちゃくちゃ笑ってしまいました。

 

モノづくりをする人は少なからずみんな変人の部分はあると思うのですが、アビ子先生はまさに突き抜けていて、一気にファンになりました。

 

脚本を今から全部直すってきっと業界では絶対言ってはいけないタブーなんでしょうが、それをさらっと口にしてしまったことでこの先みんなの混乱っぷりが想像できますね。

 

もしかしたらこれであかねの役はあかねの思い通りになるかもしれませんね。

 

アクアも金田一とGOAになんの躊躇もなく、それでいて金田一のポジションも十分理解した上でちゃんと配慮しながら意見を求められるって、なかなか普通の高校生ではできないし、さすが中身はゴローのおじさんだなと思いました。

 

全体のストーリーの分かりやすさを重視するのか、原作に忠実に再現するのか、なんだか面白い展開になってきたので、次回も楽しみです。

 

<< 43話 一覧 45話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました