スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ206話ネタバレ考察感想あらすじ!変わりゆくムーチョと三途の関係性

漫画ネタバレ

2021年5月19日発売の週刊少年マガジン2021年25号で、『東京卍リベンジャーズ』206話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』206話は、ムーチョと三途との関係性の変化が描かれていました。

 

まず、出会いを経て黒マスクをプレゼントした頃にムーチョのことを信頼していた三途。

 

彼はある一件で考えが変わってしまったようですが、その事件とは?

 

そして、関東事変後に三途はムーチョに対して予想外の行動に出ました。

 

三途は何をしたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ206話『Let you down』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 205話 一覧 207話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ206話のあらすじネタバレ

ムーチョこと武藤泰宏はマイキーに忠誠を誓い、東京卍會の伍番隊の隊長になった。

 

そんなある日、武蔵神社での集会の帰りにマイキーに声をかけられました。

 

「お前の隊で預かってほしい奴がいるんだ」

 

マイキーがムーチョに託そうとしたのは三途でした。

 

彼が託そうとしたのは、他の隊では手のつけようがなくムーチョであればなんとかしてくれると確信していたからでした。

 

マイキーの言う通り、三途は問題児で頻繁に問題を起こすキャラ。

 

そんなある日、三途の目付きのこと怒ったムーチョはで自分と似たものと同士ということを話しました。

 

その後、伍番隊はマイキーから内部のスパイという特務を与えられて裏切りものになる可能性がある奴をマイキーに報告するようになります。

 

ある日、三途と場地について話しながらやっていました将棋をするムーチョ。

 

彼は、三途が“穴熊”という王の駒を守る布陣を取ったことを踏まえて、四谷の暴走族と一人で揉めた理由が何か聞こうとします。

 

ちなみに、揉めたのは原因は東卍を馬鹿にされたからでした。

 

「王を大事にするのもいいが自分も大事にしろ」

 

将棋のよう大事なものを守る姿勢もいいけれどもそれ以上に自分を大事にしてほしいということをお願いしたムーチョ。

 

彼は、三途の口元の傷を隠すためにマスクをあげました。

 

半年後、三途はムーチョにとってなんでもいうことを聞く信頼できる副隊長になっていた。

 

それは、東京卍會を裏切りとして乾・九井・タケミチをさらった時のようになんも疑問を持たずに従ってくれました。

 

乾・九井・タケミチをさらった出来事の後にムーチョは東京卍會には戻らないこと宣言。

 

「ついていきますよ隊長」

 

この先どうするか三途に選択させますが、三途はムーチョと共にするこを選択しました。

 

関東事変から半年後。

 

東京都鑑別所から出てきたムーチョを迎えにきた三途。

 

彼らは車であるとことろに向かいました。

 

たどり着いたのは関東事変の決戦行われた第三埠頭。

 

「この裏切り者が‼︎‼︎」

 

三途は日本刀でムーチョを斬りつけました。

 

彼がこの行為に及ぶ日が来るのをずっと待っていて、この行為に及んだのには理由ありました。

 

「マイキーと先に出会っていれば…違ってたかもしれないな」

 

さらわれた際に裏切り者ではないかと思ったタケミチの質問に対する答えを聞いたことが

今回の行為に及んだきっかけでした。

 

そして、三途は将棋で“穴熊”という王の駒を守る布陣を取るようにある人物を大事にしてい

て、その人を裏切ったムーチョを許すことができなかったので、この行為に及びました。

 

ちなみに、その人物はマイキーです。

 

そして、三途は再度ムーチョをを斬りつけました。

 

この時、三途の行為は裏切りに対する罰だとムーチョは涙を流しながら思っていました。

 

時は流れて、2008年のある日。

 

街灯のモニターで東京湾で白骨遺体が出たので警察が身元確認を急ぐというニュースが流れる中、三途は姿がありました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ206話の感想と考察

今回の主役はムーチョと三途の今回。

 

まず、2人の出会いの話でしたが、問題児ということで三途がムーチョに預けられたという感じでした。

 

ちなみに、この段階では三途はまだ黒マスクをしていませんでしたが、後々になってムーチョがプレゼントしたものということが発覚。

 

しかも、口の傷を隠するというのが理由ということも発覚しました。

 

三途の登場当初、不良にマスクとはありがちな組み合わせだと思ってたのではマスクはオシャレだと思っていました。

 

そして、三途は彼にとって信頼したい人のためには忠義を尽くす副隊長としては理想のタイプの人物のようです。

 

しかし、真に忠誠を誓っていたのは“ムーチョ”ではなく“マイキー”ということが判明!

 

その証拠に、関東事変後にマイキーを裏切ったということでムーチョを日本刀で斬りつけたり、2018年では梵天のナンバー2の彼が196話の冒頭で裏切り者を容赦なく殺害しているシーンがありました。

 

恐ろしすぎです。

 

そして、2018年に戻ったタケミチが戻った際に望月や灰谷兄弟のように極悪の世代が梵天にいるにもかかわらずムーチョがいないことが気になっていましたが、すでに亡くなっていたからということがわかりました。

 

極悪の世代が出ていたのでムーチョもいつかは登場すると思っていたのですが、ここでリタイアは残念です。

 

そして、次回から高校生編が本格スタートとなります。

 

マイキーとの握手でタイムリープをしたタケミチのこの時代でのミッションが何か気になりますが、この時代での主要キャラがどんな姿をしているのかも気になりますね。

 

<< 205話 一覧 207話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました