スポンサーリンク

サタノファニ170話ネタバレ考察感想あらすじ!本格的にカレンと営みをするしぐま

漫画ネタバレ

2021年5月17日発売の週刊ヤングマガジン2021年25号で、『サタノファニ』170話が掲載されました。

 

サタノファニ170話では、千歌達は隠されていたUSBメモリーをノートパソコンに挿し、ファイルにあった友坂の映像からしぐまの予知能力の秘密を知ろうとしていました。

 

その頃、しぐまは多くの男性信者相手に営みをしても疲れる様子を見せないカレンに対し、自らが相手をしていました。

 

しかし、しぐまは自分のモノをカレンの口の中に入れた際、カレンのテクニックによって予定よりも多くの液体を出してしまったのです。

 

そしてカレンが自分の大切な部分に入れるように勧め、しぐまもその気になっていました。

 

果たして、本格的な営みをする事によって、どのような結果になるのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ170話『予知の秘密』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 169話 一覧 171話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

サタノファニ170話のあらすじネタバレ

千歌は友坂が隠していたUSBメモリーを手に入れ、それをノートパソコンに挿します。

 

それによって友坂の動画が載ってあるファイルを見つけ、それをクリックする事で友坂の映像を見ます。

 

まだダーキニーになる前の友坂からしぐまの予知能力の秘密が語られようとしていたのです。

 

その頃、そのしぐまは多くの男性信者相手に営みをしても全然疲れ知らずのカレンの相手をしていたのです。

 

自分のモノをカレンの口に入れたしぐまだったが、彼女の思いもよらないテクニックの前に気持ちよくなってしまい、液体を沢山出しました。

 

カレンは液体の量が予想以上に多かったので苦しそうにしており、しぐまもまた予定以上に液体を出してしまった事に驚きを隠せませんでした。

 

そしてカレンの口から自分のモノを出すと、自分が考えている以上の逸材だ、とカレンを褒め称えます。

 

カレンは液体を殆ど飲み干すと、そんな御託は如何てもいいから早くその立派なモノを入れろ、と言い、同時に心の中で、ただでさえ今ので気持ち良くなったのに本格的な営みをしたらどうなるのか、とも思っていたのです。

 

しぐまも受けて立つつもりであり、心の中で、自分の器になり得るかを確かめないとな、と思っていました。

 

そして、風俗嬢として活躍してきた実力を見せてもらう、と言って自分のモノをカレンの大切な部分に入れると、両方とも気持ちよさそうな表情を浮かべたのです。

 

そしてしぐまは動かし始めると、カレンは快楽に覚え、気持ちいい、と声を上げていました。

 

しかし、様子を見ていたひよ里がしぐまの表情が曇っているのに気づきます。

 

その理由はカレンの大切な部分にあったのです。

 

カレンの大切な部分は俵締めと呼ばれる何十万人に1人しか得る事が出来ないものであり、それ故にしぐまは気持ち良さを感じ、やがて液体を沢山出したのです。

 

そして一度抜こうとするのだが、まだ物足りないカレンに阻止されてまた必要以上に液体を出してしまいます。

 

ひよ里とまり亜は多くの男性信者相手に営みをし、しぐま相手でも営みを求めるカレンを脅威に感じ、ひよ里は催淫香と言う媚薬の効果がある香を使って大人しくさせようとしたのです。

 

しかし、薬物系に耐性があるカレンには無意味でした。

 

それでもしぐまにとっては自分のモノをカレンの大切な部分から抜く事が出来たので、よくやった、とひよ里を褒めました。

 

そしてカレンをより気持ちよくさせようと、小夜子にしたようにカレンのお尻に自分のモノを入れ始めます。

 

しかし、カレンのお尻もかなり気持ち良さを感じたしぐまは心の中で、下手すれば先程の二の舞になる、と思いつつ、子宮裏ポルチオに自分のモノを当て始めたのです。

 

流石のカレンもそこは当てられたことがないのか、快楽を感じていました。

 

しぐまの能力はX線透視と言うもので、箱の中に隠されているものや人の体の様子を覗ける能力であり、しぐまがカレンの子宮裏ポルチオを的確に当てられるのもその能力によるものです。

 

そしてしぐまは自分のモノから液体を出し、カレンを法悦へと導きました。

 

スポンサーリンク

サタノファニ170話の感想と考察

それにしてもカレンの性欲は本当に凄いなと思いましたね。

 

風俗嬢としての経験があるからこそだと思いますが、それでも普通は何処かで疲弊すると思います。

 

しかしながら、その性欲がしぐまを苦しめていましたので、それを踏まえて凄いです。

 

同時にしぐまの予知能力の正体はX線透視なのが明らかになりましたね。

 

描写でも書かれているようにかなり硬く封じ込まれている箱に入っているものや人体の様子を見る事が出来るみたいですね。

 

箱の中身も確認できると言う事は、人体の脳の中身も見る事が出来ると思いますので、その力を使って人の行動をある程度把握する事が出来るのだと思います。

 

それ故にこの事を知らない者は予知能力と言うのだと思います。

 

実際、分かったとしても能力の詳細から何時見られているのか分からないので、予知能力と言われてもおかしくないでしょう。

 

次回は千歌達がしぐまの能力について対策を練るとは思いますが、大いに悩むのではないかと思います。

 

能力の仕組みが分かっても避けられませんし、目を潰せばいいだけだと思いますがひよ里達が控えていますし、その前にしぐまに見破られて終いです。

 

封じるにはしぐまに見られる事なく、確実に目を潰さないといけませんので、その方法に大いに悩むのではないでしょうか。

 

<< 169話 一覧 171話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました