スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい216話ネタバレ考察感想あらすじ!かぐや達が羨ましい伊井野

漫画ネタバレ

2021年5月13日発売の週刊ヤングジャンプ2021年24号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』216話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜216話では、秀知院の屋上ではかぐやは自分で作った手作り弁当を白銀に食べさせていました。

 

この様子を密かに見ていた伊井野はみっともないと言いつつも、そんな2人の仲睦まじい姿を見ているせいか羨ましくも感じていたのです。

 

そんな複雑な心境を抱えている伊井野はこれからどうするのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜216話『四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編①』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 215話 一覧 217話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい216話のあらすじネタバレ

ある日の秀知院の屋上では、かぐやが自分の手で作って来た弁当を白銀に食べさせていました。

 

その様子を伊井野は密かに見ており、赤面していました。

 

恋人同士なのを隠す事なく仲睦まじい姿を見せる2人に伊井野はみっともないと言いつつも、羨ましいとも感じていたのです。

 

伊井野は口では校内での恋愛は良くないと言っているが、実際にはそう言う経験が無いだけで、年頃の女性らしくそう言うのには興味があるのです。

 

そして一応気になっている相手である石上が生徒会室で焼きそばパンだけ食べているのを見て、炭水化物ばかリ食べるのは良くない、と注意します。

 

対する石上は、ちゃんとお腹を満たせれば問題ないし、サプリメントとかも摂っているから大丈夫、と言って教室へと向かいます。

 

伊井野は、せめてある程度の野菜は食べて欲しい、と呟きつつ、自分が石上に手作り弁当を渡す姿を妄想したのです。

 

しかし、伊井野は食べる方の専門なので、料理が出来なかったので石上の弁当を作るのを断念します。

 

そうしたら背後から千花が現れ、先程の伊井野の様子を見ていたため、石上に好意を抱いているのか、と聞いたのです。

 

対する伊井野は否定したので、千花は、何で自分には何も言ってくれないのか、そんなに信用出来ないのか、と訴えます。

 

そして涙ながらに、真実を言って、と訴える千花に対して伊井野は、はっきり言って石上に好意とかは有り得ない、と断じます。

 

それでも千花は引き下がらず、石上がつばめの話をしたらテンションが下がるし、石上が体育祭の応援団の面々とカラオケに行ったときには一人で帰宅したし、ちゃんと真実を言ってくれれば、力を貸すのに、と訴えたのです。

 

そうしたら伊井野は意を決して、石上には少なからず好意を寄せている、と言おうとするのだが、今まで犬猿の仲だったのに好きだと認めるのが嫌な事が最後の一言を言いにくくしていました。

 

千花はこれ以上は追及せず、弁当に関しては用意しておいて損は無いし、むしろ好きだと言うアピールにもなる、と口にしたのです。

 

対する伊井野は、今の石上はつばめに振られて傷心中だし、そんな状態の石上に告白するのは気が引ける、と言います。

 

千花は、それなら何時くらいにするのか、と聞くと伊井野は、傷心が癒える時間は人それぞれだし、自分は少なくとも2年は待つ、と言ったのです。

 

それを聞いた千花は、待ち過ぎだし、その間に石上が別の子を好きになったり、別の子が石上に告白したりしたらどうするのか、と言います。

 

続けて、そんな悠長に待たずにガンガンアピールしていかないといけないし、もし伊井野がぐずぐずしている間に石上が別の子と付き合いだしたらマキの二の舞になる、と千花は言い、伊井野も納得したのです。

 

更に千花は、今すぐに告白をしろとまでは言わないが、少なくとも伊井野は石上に出来るだけアピールして、石上に伊井野は自分の事が好きなのかと言う印象を持たせるべきだし、時期が来たら告白すればいい、と言います。

 

最後に、時には良い子ぶるのを辞めるのも手だ、と言ったのです。

 

それを聞いた伊井野は、恋愛ごとでは良い子であるのを辞めた方がいいのか、と念押しで言いました。

 

そして伊井野は石上の元に行き、生徒会室に行くよ、と誘うも石上は、後で、と言ったのです。

 

本来なら伊井野はここで引き下がるが、良い子と言う名の仮面を外している今の彼女は引き下がらず、石上の制服を掴んで、行くよ、と言いました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい216話の感想と考察

前々から分かっていましたが、やはり伊井野は石上の事が好きな様子でしたね。

 

これまではそれ程態度に出る事はありませんでしたが、白銀とかぐやが学内でコソコソする事なくイチャイチャしている様子を見て、次第に影響を受けていったのでしょうね。

 

そして千花の話を聞いてから、すぐに石上の元へと行って一緒に生徒会室に行こうと言う等、結構行動力があるなと思いました。

 

伊井野にそう言われた石上はどう反応するのか気になるところです。

 

今回の事で一番ざわめくのは他の生徒達なのではないかなと思いますね。

 

伊井野はこれまで学内恋愛は禁止だと以前から口酸っぱく言っていましたから、今回の最後みたいに石上を誘う姿を見て、騒然となるのではないでしょうか。

 

他の男性とは兎も角、伊井野と石上が犬猿の仲なのは誰もが知っている事なので、その彼女が石上を誘ったので、多くの生徒達は伊井野は石上と仲が悪い筈なのに誘ったのは、本当は好きなのではないかと思うのではないかと思います。

 

今の伊井野は模範的な子と言う仮面を外している状態なので、生徒達が今の自分の事をどう思っているのかは気にしていませんし、気にしていても石上の事が好きなんだと思ってくれれば儲けものと考えているでしょうね。

 

<< 215話 一覧 217話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました