スポンサーリンク

ランウェイで笑って186話ネタバレ考察感想あらすじ!雫が千雪にかける言葉

漫画ネタバレ

2021年5月12日発売の週刊少年マガジン2021年24号で、ランウェイで笑って186話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って186話では、育人からランウェイ上で喋ってくれと、異例のお願いを頼まれた雫。

暗い表情で隣を歩く千雪と、どんなことを話すのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って186話「横並び」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 185話 一覧 187話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って186話のあらすじネタバレ

仕事が上手くいかなくなり、どうにかしなければと一人で焦る千雪。

 

映画の撮影でも、北谷に止められ、心が折れる音が頭に響きます。

 

 

ランウェイを歩きながら、二人で歩くのは初めてだと話しかける雫。

 

千雪は、雫がこのショーに出ることを知りませんでした。

 

雫も、千雪が何故このショーに出る気になったのか質問します。

 

千雪の頭に浮かんだのは、一生懸命説得する心の顔でした。

 

黙り込む千雪に、雫は更に質問していきます。

 

映画の撮影が流れたこと、ポージングが決まらなかったこと、肌と顔色を指摘されたことは辛かったか。

 

定期契約の仕事を打ち切られたこと、ショーで所詮はアイドルモデルと言われたこと、このランウェイを楽しく歩けないことは辛いのか。

 

雫からここ最近の出来事を指摘され、何が一番辛かったか考える千雪。

 

辛くて辛くて悲しかったのは、ミルネージュが無くなったことです。

 

ただそれ以上に辛かったのは、ミルネージュが無くなったことくらいで、全てダメになってしまう自分の脆さでした。

 

千雪はこのランウェイを楽しく歩けないという質問に、素直に辛いと返します。

 

その言葉を聞いた雫は、それでも千雪はこんなに愛されていると話します。

 

自分を説得しに来てくれた子や、このショーを実現させるために走り回った子がいました。

 

そして今回のショーのデザイナーは、楽しいショーにしたいから、笑っちゃってもいいと言ってくれました。

 

千雪は、スタッフにもファンにも愛されていると教えます。

 

千雪の登場に、喜んでくれている会場のみんなを見る千雪。

 

みんなにがっかりされなくて安心したかと、雫は声を掛けます。

 

今の千雪は本調子ではないが、欠かさなかったウォーキングの練習のおかげで綺麗に歩けていると言います。

 

ランウェイの帰り道、目にいっぱい涙を溜めている千雪。

 

出口まで我慢しなさいと雫は優しく声を掛けます。

 

2人が出口に着いた途端、千雪の目から大粒の涙が溢れ出ます。

 

 

2人は別々の道に分かれ、雫は先ほどのランウェイをふり返ります。

 

ランウェイ上で喋ってと言われたことに驚いたが、こんなの誰でも笑ってしまうと微笑みます。

 

ドアを開けると、ものすごいオーラを放ったシャルがランウェイ中です。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って186話の感想と考察

ランウェイが始まり、驚くことが続きますね。

 

育人からの提案で、ランウェイ上で話すことになった雫たち。

 

育人は、とにかく千雪が楽しくなるようにと考えているのでしょうね。

 

今までの千雪を近くで見てきた雫は、今千雪がどんな状態なのかをきちんと分かってくれていました。

 

千雪の気持ちを代弁するかのように、何が辛かったのかと話してくれましたね。

 

雫は言いませんでしたが、ミルネージュが無くなったことがかなり辛かったことも、理解していると思います。

 

そして千雪がどれだけ調子が悪くても、こうやって心配してくれて元気づけようとしてくれる人が居るんだよって言うことを教えてくれましたね。

 

最初に歩いたのが、雫で良かったなと思います。

 

これで千雪も少しは、元気づけられたのではないでしょうか。

 

そして次の登場は、あのシャルです。

 

どうゆう流れで、このショーに出てくれることになったのか、すごく気になりますね。

 

やはり研二のおかげなのか、シャル自身で決めたことなのか。

 

次回その部分が見れたらなと、とても楽しみです。

 

<< 185話 一覧 187話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました