スポンサーリンク

パラレルパラダイス153話ネタバレ考察感想あらすじ!ユーマとトリスの馴れ初め

漫画ネタバレ

2021年5月10日発売の週刊ヤングマガジン2021年24号で、『パラレルパラダイス』153話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス153話では、自分が触れて興奮してでも行為を求めなければかんがえを認めるとヨータは言って、トリスに触れます。

 

ヨータに触れられた事でトリスは興奮してしまい、ヨータはもし行為をしてほしいならベッドに来いと言ったのです。

 

それでもトリスはヨータに屈する事無く、自分の大切な部分を触って液体を出しつつ、ユーマに対して今の自分はユーマの事だけを考えていると言ったのです。

 

果たして、ユーマとトリスはどのようにして関係を深めたのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス153話『重い思い出』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 152話 一覧 154話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス153話のあらすじネタバレ

ヨータに触られて興奮を抑えられないトリスに対してルーミは、自分もそうだし他の人もそうだけどヨータに触られてしまったら最後、自分で触っても気持ちよくなれない、と言います。

 

ヨータは、もし自分と行為をしたくなったらベッドに座れ、と言うのだがトリスは興奮しながらも拒否しながら自分で大切な部分を触って液体を出しつつ、ユーマに対して、今自分はトリスの事を考えながら自分で行為をしているし、自分の体等は全てユーマに渡している、と言ったのです。

 

時は昔に遡り、まだグランドスールになっていない頃のトリスは森の中で複数のカルに襲われているガーディアン達を前に、助ける事が出来ずに青ざめていました。

 

ガーディアンの1人はトリスに対して、生き延びろ、と言い、トリスは生き延びるためにガーディアンの言う通りにして逃げ出したのです。

 

追ってくるカル達から懸命に逃げていくトリスだったが、前からもカル達が現れて包囲したので絶体絶命の状態になります。

 

トリスは覚悟を決めて斧による攻撃を繰り出すも、カルに簡単に捻じ伏せられ、地面に叩きつけられたのです。

 

そしてカル達はトリスを抑えつけて、営みをされそうになり、トリスも心の中で、ここまでだ、と諦めました。

 

そんな中、カル達が何者かに倒されたのでトリスは起き上がると、目の前にはグランドスールになる前のユーマがいたのです。

 

まだカル達がいる中で、まだやるべき事があるのに何故それをせずに全て諦めたのか、何か出来た筈なのに何故しなかったのか、合理的に考えれば何かできた筈なのにそれをしなかったのはまだまだ修行不足だ、と叱責するユーマ。

 

やがて時が経ち、2人はグランドスールになると共に関係を結ぶ事になりました。

 

ある日、トリスは当時の事を思い出して涙を流し、合理的に考えるようになったのはユーマの影響、と言いつつ、自分はあの時ユーマに助けられたからその全てを捧げた、と言ったのです。

 

最後に、自分はユーマに全てを捧げたから他の人のテクニックでは絶対に気持ち良くならないし、もしそうなった時は迷う事無く自分を始末して、と言うとユーマは了承しました。

 

そして現在に至り、やはり我慢できなかったのかトリスはヨータと行為をし始めたのです。

 

それでも、心はユーマのものだから絶対に気持ちよくはならない、と言います。

 

しかし、行為を続けていくうちにトリスは次第にヨータのテクニックで気持ちよくなり始め、ユーマに対して申し訳ないと思っているのか謝罪しながら、ユーマ以外の者で気持ちよくなってしまう、と言って気持ち良くなったのです。

 

そしてユーマは拘束を力づくで解くと、かつて交わした約束通り大剣を手にしてトリスの首元に構えると彼女を始末しようとし、約束を覚えているトリスも迷う事無く了承するとヨータは辞めさせようとします。

 

その刹那、ユーマの刻命珠が砕き割れ、この事が崩月が近い事を知るヨータは、言わんこっちゃない、と叫んだのです。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス153話の感想と考察

今回の話でユーマとトリスの深い関係が明らかになりましたが、それでもヨータに触れられたせいでトリスは欲に負けてしまいましたね。

 

そしてユーマの刻命珠が破壊されてしまったので、崩月を迎えてしまうのではないかと不安に感じてしまいました。

 

次回はそのユーマが崩月を迎える事になるのではないでしょうか。

 

今回の話の最後でユーマが身に着けていた髪飾りの刻命珠が壊れてしまいました。

 

刻命珠が壊れると言う事は崩月を迎える時が迫っていると言う証です。

 

刻命珠は2つあり、今回壊れたのは1つ目なのか2つ目なのかは分かりませんが、分かっている事は崩月が近づいている事だけです。

 

1つ目だけならばまだ営みをすれば助かる可能性はありますが、ユーマは自分が助かるより国民を助ける方が大事と考えているので営みは拒否するでしょうね。

 

しかし、崩月によって多くの人が命を落としているのを目の当たりにしたヨータが何とか説得するかもしれません。

 

それ以前にメイの時のように続けて2つ目が壊れて、崩月を迎える可能性も高いと思います。

 

2つ目だった場合、すぐさま崩月が起こると言う訳では無いでしょうが、メイの時のようにすぐ崩月を迎える事もあるでしょう。

 

崩月を迎えてしまったら、ヨータでも救う事はままならなくなりますが、ユーマの場合は受け入れるでしょう。

 

<< 152話 一覧 154話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました