スポンサーリンク

サタノファニ169話ネタバレ考察感想あらすじ!しぐまと対峙するカレン

漫画ネタバレ

2021年5月10日発売の週刊ヤングマガジン2021年24号で、『サタノファニ』169話が掲載されました。

 

サタノファニ169話では、しぐまはひよ里とまり亜を伴ってカレンがいる場所へとやって来ると、カレンは沢山の男性信者と営みをし終わっていて、しかもまだいけると言わんばかりに元気でした。

 

そして拘束も何時の間にか解いていたのに気づいたひよ里とまり亜は大人しくさせようと向かっていくのだが、カレンは男性信者の液体を彼女達に浴びせて怯ませたところを顔面にキックを叩き込んで吹っ飛ばします。

 

そしてカレンはしぐまを目にするとゆっくりと彼女の元へと向かったのです。

 

果たして、何をするつもりなのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ169話『美味礼賛』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 168話 一覧 170話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

サタノファニ169話のあらすじネタバレ

しぐまは淫の気が強いと言う理由で数多くの男性信者の相手をさせていたのです。

 

少しは大人しくなったかと思ってひよ里とまり亜を伴って様子を見に行くと、カレンは営み行為だけで男性信者全員ノックアウトしていて、しかも自分はまだやれると言わんばかりに恍惚としていました。

 

ひよ里とまり亜はカレンが拘束を解いていたので、大人しくさせようと得物を手にして向かって行ったのです。

 

対するカレンは男性信者から出た液体を投げつけて、彼女達の目に命中させて怯ませると顔面に思い切り蹴りを叩き込んで吹っ飛ばしました。

 

2人はダメージからか体を震わせながらしぐまに、早く撤退して、と言うも彼女は逃げませんでした。

 

そしてカレンはしぐまの元へと近づいて行き、目の前に立つと荒い息を吐きながら、今から営みを行おう、と言い出し、その言葉に反応したしぐまのモノは大きくなりました。

 

カレンはしぐまの前に座り込むと服を口でずらして、モノが見えるようにすると口で咥えたのです。

 

自分のモノを口で咥えられたせいか、しぐまは反応してしまいます。

 

カレンは口に咥えたしぐまのモノを舐めていくと心の中で、今までは見ただけだったけど、こうして舐めてみると味はこれまでのモノとは比較にならないくらい美味で、この世にも何処にもこのようなモノは無い、と思いながら歓喜の涙を流していたのです。

 

しぐまはカレンの技を心の中で褒めつつ、やがて限界が訪れたのでカレンの口の中で液体を出しました。

 

その頃、千歌は何かないか探していると友坂が残していたUSBメモリーを見つけたのです。

 

そして若本に、まるで誰にも見つけられないように引き出しの裏に隠されていた、と報告しつつ、どんなデータが入っているんだ、と疑問に思いながら呟きます。

 

そこへ斯波が友坂が使用しているノートパソコンを発見して持ってきて、パソコンを起動するには顔認証が必要だから遺体の顔でやった、と報告したのです。

 

千歌は、やる事がエグイ、と言いつつも褒めました。

 

そしてノートパソコンを使ってUSBメモリーを挿すと、内容は動画のファイルだけなのでクリックすると動画が起動し、ダーキニーになる前の友坂の姿が映り出しました。

 

映像内の友坂は髪もぼさぼさで服も少しボロボロで睡眠不足の状態でした。

 

友坂は、このメモリーが自分の関係者に渡る事を願う、と言いつつ、自分は内田と会った事が原因でスパイである事が教団に気づかれ、捕まってしまった、と忌々し気に言います。

 

千歌はちんぷんかんぷんだったが若本は、五菱に属している医者で行方知れずになっている、と言い、斯波も、彼を見つけるためにこの教団に侵入した、と言ったのです。

 

そして、捕まって監禁されてから10日が経っていて、断食の状態が続いていて、謎の聖水を飲まされ、脱出もままならず、このままダーキニーになる、と言いつつ、ここまで調べ上げた事を全て伝える、と言う友坂。

 

まず最初は、しぐまの予知能力の秘密だ、と友坂は言いました。

 

スポンサーリンク

サタノファニ169話の感想と考察

友坂が残してくれたUSBメモリーが起動しましたが、その中に内田と言う名前が出ていました。

 

彼は道隆達が現在探している医者で、教団に囚われている様子ですが、友坂の口ぶりから察するに内田は教団に囚われているが、実は教団側の可能性が高いですね。

 

友坂が内田と会ったせいで、スパイだと見抜かれたと言っていましたので、内田は友坂から聞いた情報をしぐま達にそのまま伝えたのでしょう。

 

そうなると彼を探している道隆達は危ないのではないかなと思います。

 

次回は、しぐまの予知能力の詳細が明らかになるでしょう。

 

ダーキニーになる前の友坂が発見したと言う事は、割と簡単なトリックだったんじゃないかなと思います。

 

耳元に小型のイヤホンがあり、そのイヤホンは拠点の何処かにある監視室にいる人間に繋がっていて、千歌達の動きを逐一調べてこう動きそうだと予測してしぐまに伝えていたんじゃないかなと思います。

 

教団の者達は殺人鬼に関する情報は沢山あると思いますので、その特徴をつぶさに覚えていて、実際千歌達のような存在と対峙した際にどう動くかを予測出来るようにしているのでしょう。

 

そんな彼らの助けを得ているから、しぐまは予知とも言える能力があると相手は勘違いしているのだと思います。

 

<< 168話 一覧 170話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました