スポンサーリンク

マイホームヒーロー134話ネタバレ考察感想あらすじ!名探偵・月夜見、謎を解く!

漫画ネタバレ

2021年5月10日発売の週刊ヤングマガジン2021年24号で、『マイホームヒーロー』第134話が掲載されました。

 

マイホームヒーロー第134話は、郷一郎の殺害時の状況と現場を目にし、違和感を覚える月夜見の姿が描かれます。

 

湖蝶らと屋敷に戻った月夜見は、郷一郎の亡き骸を前に涙をこぼす。

 

歌仙と合流した哲雄は、村から解放されたと聞かされ、緊張の糸が切れたのか深い眠りへつく。

 

哲雄が眠りに落ちていた頃、月夜見は郷一郎殺害の現場検証を始めていた……

 

本記事では、マイホームヒーロー第134話[パチンコ玉]のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 133話 一覧 135話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

マイホームヒーロー134話のあらすじネタバレ

【鳥栖家屋敷・中庭に面した部屋】

 

月夜見は教祖・郷一郎と最後のお別れをしたいと、胡蝶らと屋敷へ。

 

 

中庭に面した部屋、そこに郷一郎の亡き骸はあった。

 

月夜見は目の前の現実に溢れる涙を堪えることができませんでした。

 

その横で、胡蝶は郷一郎の枕元から離れないでいる天照に事情を話し、歌仙を村から追放したことを報告。

 

天照はオガミメは歌仙にしか継げないと憤ります。

 

しかし胡蝶に諭され、今ここで言い争っても仕方がないと、少し休むとだけ言い残して自室へ。

 

月夜見は涙も収まり、あらためて郷一郎の遺体に目を向けます。

 

側頭部に弾痕の痕がひとつ……

 

撃ち込まれた銃弾は抜けてない?

 

貫通しなかったということは、弾の威力はそれほどまでに威力が減衰していた…?

 

遺体の状態に何か釈然としないものを感じた月夜見。

 

胡蝶に郷一郎がどういう状況で殺されたのかを訊ねます。

 

 

【森の中】

 

疲労と足の痛みで身動きがとれず、木陰で体を休めていた哲雄のもとに歌仙が戻ります。

 

歌仙は屋敷へ連れ戻されたとばかり思っていた哲雄はビックリ。

 

歌仙は事情を話し、胡蝶によって村から追放処分を受けたことを説明。

 

哲雄や歌仙にすれば、それは追放ではなく解放を意味します。

 

哲雄は嘘でしょ?とさらにビックリ。

 

村からの解放は、二人が結婚する前からずっと願っていたこと。

 

それが唐突に今 現実になったのだと聞かされ、哲雄は言葉が出ません。

 

歌仙を抱き寄せ、固く抱擁するのが精一杯。

 

ここまでの長く険しかった道のりが頭をよぎります。

 

 

沢山の罪を重ねてきたこと……

 

半グレも村によって壊滅させられるはず……

 

これでもう歌仙と零花を傷つける者はいない……

 

 

哲雄は自分たちを追う者は、もう警察しかいなくなったのだと、目に涙を浮かべていました。

 

言葉はなくとも、歌仙はそんな哲雄の思いを充分に理解。

 

もう大丈夫だからと穏やかな笑みを見せ、哲雄の両手を優しく包み込みます。

 

 

歌仙はその後、動けない哲雄を森に残して逃亡中の零花の捜索へむかうことに。

 

零花を見つけて合流し、タクシーを呼んで三人で家に帰る腹づもりでした。

 

2~3時間後に村の出入り口に落ち合う約束を交わし、二人は一旦 別れます。

 

哲雄は木にもたれ、三人で家に帰った時のことを想像します。

 

風呂上がりのビール、零花の文句、それをたしなめる歌仙の困り顔……

 

それは当たり前のように過ごしてきた日常の風景。

 

しかし哲雄はそんな平和な日常が二度と訪れないことを理解していました。

 

なぜなら、哲雄はこれまで自分が犯してきた罪を償うことを決めていたのです。

 

”犯した罪は自分で背負う”

 

人として、また父親として、そんな背中を見せて零花の父親を卒業しようと……

 

一気に緊張が解けたせいか、ここまでに蓄積された疲労がどっと押し寄せ、哲雄はやがて眠りに落ちます。

 

 

【鳥栖家屋敷・郷一郎の部屋】

 

胡蝶から事件当時の郷一郎の状況を聞いた月夜見は、言いようの無い違和感を覚えていました。

 

哲雄たちをずっと監視してきた月夜見にとって、歌仙が哲雄以外に身体を許すことなど到底考えられなかったのです。

 

月夜見は殺害現場を見たいと申し出、胡蝶から了承を得ます。

 

郷一郎の部屋に入り、胡蝶から状況を聞きながら現場をくまなく検証。

 

殺害時、室内に半グレはいるのに、なぜか外から割られている窓ガラス……

 

半グレは拳銃を所持していたのに、床に転がるパチンコ玉……

 

胡蝶らは半グレの弾丸によって郷一郎が殺害されたと説明していましたが、月夜見は現場の状況からそれとは別の可能性を見出していました。

 

 

”教祖・郷一郎を殺したのは半グレとは限らない”

 

 

 

月夜見はその仮説を確かめるべく、郷一郎の体内の弾丸を確かめさせて欲しいと胡蝶に願い出ます。

 

スポンサーリンク

マイホームヒーロー134話の感想と考察

殺害現場に名探偵・月夜見のご登場。

 

着物の上からケープを羽織ったシルエットは、まるでシャーロック・ホームズ。

 

月夜見だけなぜケープを羽織っているのか謎でしたが、今回のフリだったんですね……

 

月夜見という謎めいたキャラの雰囲気作りのための小物かと思っていました。

 

そういえばコナンと同じ黒縁メガネですね。

 

そんな月夜見探偵、現場検証でズバズバと推察。

 

哲雄と歌仙がしたことに辿り着くのは時間の問題。

 

洋二ですら違和感を瞬時に感じていましたからね。

 

哲雄も自分で言っていましたが、その程度のトリックだということ。

 

そうなると、その道のプロである窪なんかは洋二と違って抗争しながら真実に辿り着いちゃいそう。

 

いずれにしても、これで月夜見は哲雄と歌仙を追いかけるでしょう。

 

半グレvs村という構図を仕立て上げ、自分たちさえ良ければ誰が何人死んでも構わないとした哲雄と歌仙を許すはずがありません。

 

それこそ”悪魔め!ユダめ!”とばかりに怒りに打ち震えるのでは。

 

月夜見は歌仙と対峙する前、森の中で哲雄の真横近くを通り過ぎて行きました。

 

哲雄ですら月夜見に気がついたのですから、月夜見が哲雄に気がつかないはずがありません。

 

ですから、あの時 月夜見はあえて哲雄を見逃したと考えます。

 

そうなると、月夜見は哲雄がいる場所のおおよその見当はついていることに。

 

哲雄が寝落ちした今、もしあの時 哲雄をあえて見逃していたのだとしたら、居場所を知る月夜見ならわけなく哲雄を捕まえられそう。

 

<< 133話 一覧 135話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました