スポンサーリンク

パラレルパラダイス152話ネタバレ考察感想あらすじ!懸命に否定し続けるトリス

漫画ネタバレ

2021年4月26日発売の週刊ヤングマガジン2021年22・23合併号で、『パラレルパラダイス』152話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス152話では、トリスが中々興奮している事を認めないので、ヨータはルーミを呼ぶように言い、ルーミを部屋に来させると行為を開始しました。

 

その様子を無表情で見ていたトリスだったが、体は正直だったので自分で大切な部分を触っていたのです。

 

その事にヨータは気づいて指摘するのだが、興奮している事は無表情で否定し、焼き芋の匂いがすると言ったら赤面するだけで平行線の状態でした。

 

果たして、トリスは何時まで否定できるのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス152話『酢芋甘芋』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 151話 一覧 153話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス152話のあらすじネタバレ

トリスが興奮して大切な部分から液体を出している事を認めないので、ヨータはルーミを呼んで彼女と行為をする事にしました。

 

ルーミがやって来て、行為を楽しむヨータを尻目にトリスはその様子を無表情で見ていたが、体は正直だったので自然と手で大切な部分を触っていました。

 

この事に気づいたヨータはその事を指摘するとトリスは、ヨータが言っている事は理解できないし、自分は大切な部分が痒くなり始めているから鎮めるために触っている、と言ったのです。

 

そんな言い訳にヨータは呆れつつも、そんなに痒いのなら焼き芋の匂いを撒き散らさないようにしろ、と言うとそれを言われるのは恥ずかしいのかトリスは赤面します。

 

ヨータは、興奮しているのは認めないけど焼き芋の匂いに関しては恥ずかしくなるとかおかしい奴、と思いつつ、そろそろ自分に興奮しているのを受け入れろ、と言ったのです。

 

しかし、トリスは否定し、仮にそうだとしてもヨータに対して興奮しているわけではない、と言います。

 

そこへユーマがやって来て、トリスは今の状況を彼女に伝えます。

 

ユーマは匂いからトリスに対し、ヨータに興奮しているのか、と聞くと彼女は否定し、ユーマとの行為を思い出しただけ、と答えたのです。

 

そしてユーマも見守る事にしたのだがヨータは、今自分達がしている事は2人に見せびらかすためにしているわけじゃないし、崩月で命を落としたくないと思っているなら行為をしてやる、と言うも2人は断りました。

 

ユーマは、多くの人達よりも生きるのは正義に反する、と言い、トリスは、好きな人以外と行為をする気はない、と言ったのです。

 

ヨータも、無理強いする必要は無いな、と思って彼女達の考えを受け入れようとするが、メイが命を落としたのを思い出し、命の方が大事だ、と言います。

 

そして、自分が触れればどんな女性でも快楽に身をゆだねる、と言って挑発を行い、ルーミもその事に気づいていたのです。

 

それでも自分達は屈しない、と言うトリスにヨータは提案として、自分が触れて興奮せずに自分に行為を求めなければ認める、と言い、トリスも了承します。

 

ユーマは、自分達に利が無いから受ける必要は無い、と言うがトリスは、自分達の考えが揺るがない事を証明する、と言ったのです。

 

そしてヨータはルーミに、ユーマを縛れ、と命じました。

 

その理由は仁科の時のようにいきなり攻撃を仕掛けられたら困るためです。

 

トリスも、自分は縛られないし、2人は自分の相手じゃないから大丈夫、と言ったのでユーマは了承して拘束されました。

 

そしてヨータは心の中で、このような形での行為は望んでいなかった、と思いながらトリスの手を触ったのです。

 

ルーミはやっちゃったと言う表情をしながら見ていて、ヨータに手を触れられたトリスは体中に電撃が走り、興奮すると共に大切な部分から液体を噴出させます。

 

大切な部分をただ触れば収まる、と言うトリスだったがルーミは、これまでそのやり方で耐えられた者はいない、と言うも彼女は耐えようとしていたのです。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス152話の感想と考察

普通、自分だけで大切な部分を触る際には気持ちいい表情をするのが当然だと思いますが、トリスは全然表情を変えないのは不思議を通り越して怖いところですね。

 

時折笑みを浮かべたり等をするので完全に無表情と言う訳ではないとは思いますが、そうだとしても変かなと思います。

 

それに焼き芋の匂いの事をヨータに指摘したら赤面していたので、それに関しては焼き芋食べると太る事にもなるから指摘されるのが嫌がったんじゃないかなと思いますね。

 

次回はトリスが最初の時は何とか耐えると思いますが、最終的には耐えられなくなって行為をヨータに求めて来るのではないでしょうか。

 

ヨータも言っていましたし、ルーミも言っていましたが、ヨータの手に女性が触れてしまったら自分だけで行為をするだけは物足りたくなるほど興奮してしまい、最終的に行為を求めてしまう事になるのです。

 

これまで多くの女性達がそんな目に遭ってきましたし、一部の者達は一時は耐えきる事が出来ましたがそれでもやがて堰を切るかのように耐えられなくなり、ヨータと営みをしないと落ち着けなくなってしまいます。

 

トリスも最初のうちは耐える事になると思いますが、やがて耐え切れなくなるのではないでしょうか。

 

<< 151話 一覧 153話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました