スポンサーリンク

高嶺のハナさんネタバレ70話71話72話(4巻)!ミツバチ製菓に伝説のエース帰還

漫画ネタバレ

『高嶺のハナさん』は2018年から週刊漫画ゴラクにて連載のムラタコウジ先生による人気漫画です。

 

70~72話では、更に新たなキャラクターとして今まで不在だった高嶺を越えた実力者が登場します。

 

一見クールな上司に見えるも、やはりこの作品ならではの裏の顔が存在しました。

 

本記事では、『高嶺のハナさん』70~72話のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 69話 一覧 73話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

高嶺のハナさん70~72話のあらすじネタバレ

70話「新たな…」

舞台は突然のニューヨーク。

 

自由の女神像の近くを飛ぶヘリコプターの中で、5億ドルの商談を決めてきたと電話で話す男の姿がありました。

 

その男は日本への召集令にすぐに応じ、今すぐに向かうことになりました。

 

そしてミツバチ商事のオフィスでは、高嶺と弱木の目が合えば気恥ずかしそうにすぐに逸らしてしまう姿がありました。

 

そんな姿を見ていた天井は二人の仲が深まったことを確信しつつ、それでも絶対に負けないと気合いも充分に拳を握りました。

 

三者三様の想いがあるオフィスに賑やかに入ってきたのは、更田と二日酔いの淀屋橋でした。

 

急に帰った弱木が何をしていたのかと問う更田に、緊張感が走ったのは弱木だけではありませんでした。

 

問いかけに答える間もなく、淀屋橋がすぐに高嶺に土下座して昨日の事を謝罪しました。

 

一緒に騒いだ弱木にも謝るように言う淀屋橋でしたが、高嶺は冷静さを装いつつ、謝ることなんて無いと顔を上げるように言いました。

 

そんな上司の優しさに淀屋橋は感激し、抱きつくと企画部に屋上への招集がかかりました。

 

ヘリコプターが降り立ち、その中からはサングラスをかけた黒いスーツの男が現れました。

 

その男を高嶺は『不動さん』と呼び、登場に驚きを見せました。

 

スポンサーリンク

71話「不動さん」

突然現れた男、不動はおもむろにサングラスを外し、ミツバチNo.1とだけ言いました。

 

その言葉の意図がわからず困惑する淀屋橋に、更田が説明してくれました。

 

不動凪は今では海外で何億も動かすような商談を行っており、元々は商品企画部の伝説的エースだということでした。

 

更田が新人の時に1年間だけ被っていたことがあったようですが、無駄を省くために必要最低限の単語のみで伝える男とのこと。

 

それゆえ、先ほどの言葉は、俺にかかればミツバチ製菓は世界一のお菓子メーカーになると解釈した更田。

 

見た目のかっこよさも相まって、淀屋橋にもその凄さは伝わったようです。

 

なぜここにいるのかと、高嶺が聞いてみると、不動はBabyと言い高嶺の頭を撫でただけでした。

 

膝から崩れ落ちる高嶺は、企画部のエースと呼ばれている今も不動にとっては赤ちゃん同然だと解釈しました。

 

スポンサーリンク

72話「不動さんとハナさん」

オフィスに集まった社員達に、改めて不動が紹介されました。

 

再び企画部に戻り、陣頭指揮をとって貰う事になったということですが、海外で重要な案件を担っていたために人事異動のタイミングが遅れてしまったそうです。

 

挨拶をするように言われた不動は、親指を立て、自分を指し『不動カミングスーン』と一言。

 

天井が理解出来ないでいると、淀屋橋はそのノリにも慣れたようで、俺がいればミツバチ製菓が業界の覇権を握る日も近いと解釈しました。

 

現在の企画部エースである高嶺が丁寧に挨拶しようとも、不動は言葉もなく部屋を出て行きました。

 

何も言わず肩を震わせる高嶺の後ろ姿を、弱木だけは見ていました。

 

部屋を出た不動は、座り込みそれまでのクールな表情から一転して高嶺の一段と凜々しくなった姿に心を打たれていました。

 

それに対する自分の言動や行動を省みては恥ずかしくなり、涙を流していました。

 

そんな状況が続いたら身が持たないと思った不動は、高嶺から離れるために海外に飛ばして貰ったものの、2・3年経っても全く治っていませんでした。

 

高嶺の前では思うように言葉が出てこなくなる悩みに頭を抱える、伝説のエース不動の本当の姿を、誰も知りませんでした。

 

高嶺のハナさん漫画BANKや星のロミやraw以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『高嶺のハナさん』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

高嶺のハナさん70~72話の感想と考察

話のスケールが海外まで飛び出したのかと思いましたが、やって来た伝説のエース不動を紹介するような3話でした。

 

完全に仕事が出来そうで、実際こういう人いそうだなと思うようなビジュアルでしたが、中身は完全に病気とも言えるようなギャップがありました。

 

無駄を省くために最小限の言葉しか言わないとされていますが、それでエースになれるのか疑問ですが、商談では流暢に話せるのかもしれません。

 

高嶺の恋愛ベタともまたベクトルが違うような気もしますが、不動も高嶺に対して心内に秘めた熱い想いを隠しきっています。

 

1年被っただけとは言え、あの更田がかしこまるほどの男なので、上手く高嶺の前でも冷静な上司を演じてこられたのでしょう。

 

いつかこの裏の顔がばれて行くという展開もありそうですが、当分はこの口数の少ないクール上司のままでいそうです。

 

<< 69話 一覧 73話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ高嶺のハナさん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました