スポンサーリンク

ゴールデンカムイ276話ネタバレ考察感想あらすじ!早速バッテンのサインをする杉元

漫画ネタバレ

2021年4月22日発売の週刊ヤングジャンプ2021年21・22合併号で、『ゴールデンカムイ』276話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ276話では、勇作の代わりに金子とお見合いをする事になった杉元。

 

彼は箸の使い方を覚えたのだが、お見合いの際に登場した料理がエビフライで、フォークとナイフを使うので早速危機的状況となります。

 

杉元は菊田にもし替え玉だと見破られた場合、バッテンで知らせるように言われていたので、早速バッテンのサインを遠くから様子を窺っている菊田にしたのです。

 

果たして、このお見合いはどうなってしまうのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ276話『エビフライ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 275話 一覧 277話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ276話のあらすじネタバレ

杉元は金子の元にお見合いに行く際に菊田から、もし替え玉だと気づかれたらバッテンのサインを送れ、と言われていました。

 

そして現在、目の前にある料理のエビフライと手にしているフォークとナイフから、杉元は使い方も食べ方も知らないからバレると察して、菊田にサインを送ったのです。

 

双眼鏡を使って遠くから様子を見ていた菊田は、もう降参かよ、と思っていました。

 

そうしたら金子が急に笑い出し、勇作は父親の職業から超がつくくらい真面目だと思っていたけど、バッテンをするなんて意外だった、と言ったのです。

 

杉元は、自分も金子もこうした場では緊張するだろうから、ほぐそうとした、と言いつつ、内心ではバレなかった事に安堵していました。

 

未だに杉元は帽子を被っていたので、金子は、それも緊張している証拠なのか、と言われたので杉元は帽子を脱ぎ、自分はこれまで和食しか食した事がないから、緊張していた、と答え、金子は杉元の容姿を見て気に入っていました。

 

そして、エビフライはタルタルソースにつけて食べるのが美味だ、と言われたので杉元はその通りにして食べると美味しかったのか、感動していたのです。

 

そして金子がこうした華やかな場所で食事をしている事を知った杉元は心の中で、自分は父親が命を落とした後、時には猫の餌も口にした、と思っていました。

 

お見合いは何とか終わり、杉元は菊田と合流して、自分は余り多くを語らないつまらない男を演じた、と伝えると菊田は、それで問題ない、と答えたのです。

 

対する金子は女中の山村に、勇作は余り多くを語らず、自分の話をちゃんと聞いていて、好印象だし、それに顔立ちも良かった、と言っていました。

 

杉元は菊田に、数回会うだけで結婚とか想像できない、と言うと菊田は、金子のような貴族では日常茶飯事だ、と答えたのです。

 

そして杉元は、寅次が自分の幼馴染の梅子と結婚したが、彼は梅子の心の中には自分がいると言っていた、と言います。

 

そうしたら菊田は杉元の胸倉を掴んで、2人に失礼だ、と怒りつつ、寅次が抱いている不安を察してやれ、と優しく諭したのです。

 

その頃、金子も勇作と結婚すると心に決め、山村も後押ししていました。

 

そして杉元は菊田と食事を食べていると、勇作は本当に戦艦旗手になりたいのか、本当は結婚したいのではないか、と言うも菊田は、余り余計な事を考えるな、と窘められます。

 

翌日、杉元は勇作に会って、本音を聞き出そうとしていたが彼はあくまで父親が望んでいる事に忠実にいようとしていたのです。

 

そして杉元は心の中で、本当は父親の命令に従う以外に別の道もあるのに、自分達がその道を閉ざしている、と思っていました。

 

勇作は杉元が被っている帽子が菊田の物に気づき、杉元は、菊田から貰った、と伝えて去ろうとしたのです。

 

そうしたら勇作は、その帽子は戦に参加して病気で命を落とした弟の物だ、と杉元に言いました。

 

勇作の元から去った杉元は帽子を眺めていながら歩いていると、誰かとぶつかってしまいます。

 

ぶつかった相手は若い頃の鶴見でした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ276話の感想と考察

エビフライが出され、全然習っていないフォークとナイフが出てきたので、絶体絶命の危機でしたが金子の勘違いで何とかなりましたね。

 

それに杉元はつまらない男を演じましたが、逆にそれが金子の恋に火をつけた様子でしたので、次会う時どうなるのか気になるところです。

 

それに杉元は勇作を呼んで、話していましたがこれは恐らく菊田の仲介があったからでしょうね。

 

面識のない杉元が彼を呼べるわけありませんし、それ以前にどんな顔かが分からないので菊田が特徴を教え、勇作には杉元と話をしてやって欲しいと頼んだのだと思います。

 

今回の描写から察すると、勇作は父親の命令に忠実な感じがしますね。

 

杉元は父親の命令に従う他にも、ちゃんとした生活を送れる選択肢があると言う事を、自分達は敢えて消そうとしている事に罪悪感を感じているからこうして勇作と話していますが彼はそれでも父親に逆らわないでしょうね。

 

それに今回、勇作の口から杉元が菊田から貰った帽子が戦に参加して、病気で命を落とした弟のものだと明らかになりました。

 

そんな大事な帽子を何故杉元に渡したのか分かりませんが、きっと杉元を初めて見た際、弟の面影に似ていたのかもしれませんね。

 

そうじゃなければ弟の帽子を渡したりしないでしょうしね。

 

<< 275話 一覧 277話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました