スポンサーリンク

高嶺のハナさんネタバレ61話62話63話(4巻)!天井の想い、再び爆発

漫画ネタバレ

『高嶺のハナさん』は2018年から週刊漫画ゴラクにて連載のムラタコウジ先生による人気漫画です。

 

61~63話では、淀屋橋の歓迎会で『同期』アピールの連発に、高嶺も天井も不満が募るばかりです。

 

何も考えず盛り上がる更田と同期二人に、それぞれの想いはついに限界を迎えました。

 

 

本記事では、『高嶺のハナさん』61~63話のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 60話 一覧 64話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

高嶺のハナさん61~63話のあらすじネタバレ

61話「距離感」

大阪支所から異動して来た、弱木の同期である淀屋橋うめの歓迎会にて、酔った淀屋橋は弱木に抱きついて弱木を好きと言います。

 

そんな二人を目の前に、高嶺と天井は驚き呆然となりました。

 

すぐに引き離し、この人酔うといつもこうなんですと説明する弱木でしたが、『この人』呼ばわりする距離感や『いつも』を知っている高嶺にとっては知らない弱木の一面に驚くばかりです。

 

そんな中、弱木でいいなら誰でもいいだろうと、更田が付き合ってやろうかと相変わらずの上から目線で言いますが、チャラい人は嫌いと笑ってかわされます。

 

淀屋橋に合わせて変な関西弁で応戦する更田は、彼女がいること前提で話が進みますが、特定の女とは付き合わない主義と断言します。

 

そんな騒ぎに耐えかねた高嶺は、机を叩き立ち上がりました。

 

社会人として、同僚同士で好き嫌いや付き合う付き合わないという盛り上がりをくだらない話とまとめ一喝します。

 

静まりかえる場に、やってしまったと後悔する高嶺ですが、淀屋橋は素直に反省しました。

 

東京本社の大エースである高嶺と飲めると言う機会に、ウケなければいけないという思いからハメを外してしまったという淀屋橋。

 

弱木もまた謝罪し、同期が来たから浮かれてしまったと反省してみせると、高嶺もわかればいいとボソッと言いました。

 

楽しく飲んでいた場を壊してしまったことに後悔する高嶺に、隣に座っていた天井は同じ事を思っていたからスッキリしたと言ってくれました。

 

その言葉に救われたと思いつつも、弱木に嫌われたと思い込んでいる高嶺のモヤモヤは晴れないままです。

 

スポンサーリンク

62話「ラップバトル」

静まりかえった歓迎会も、二次会としてカラオケに行きました。

 

更田がラップを披露すると、淀屋橋も大盛り上がりです。

 

同期のみんなで打ち上げの時によく歌った、替え歌のラップソングを弱木と一緒に歌おうと言う淀屋橋。

 

焼酎ロックを既に4杯目の天井は、そんな場で静かにただ盛り上がる3人を見ていました。

 

しかし、フラッと立ち上がり弱木と肩を組み歌う淀屋橋からマイクを奪うと、ウザい・うるさい・めんどくさいと韻を踏みつつ先ほどからの不満をぶつけ始める天井。

 

その不満は何も言わずに、流されるまま一緒に盛り上がっている弱気にもぶつけられました。

 

その言葉に隠れた想いに気付いた淀屋橋は、弱気のマイクを奪い応戦します。

 

決して敵対するわけではなく、同じ企画部としての仲間であることをラップにします。

 

横で見ているだけの高嶺は、状況が全く理解出来ません。

 

そして、天井は同期だからいちゃつくのは許せないという不満と、自分は弱木が好きと言うことをマイクで伝えました。

 

淀屋橋はそんなピュアな天井が気に入ったようで、抱きつき更にテンションも上がりました。

 

一方で、天井の想いを知ってしまった高嶺は言葉を失いました。

 

スポンサーリンク

63話「心・決壊」

堂々の告白が行われたカラオケルームの一室で、更田は実に楽しそうに弱木に返事をしてやれと言いました。

 

口ごもる弱木に、高嶺はいてもたってもいられずお金を置いて帰りました。

 

涙を浮かべながら、おつかれさまと言い残す高嶺を、弱木は追いかけますが、高嶺に追いつけずどんどん引き離されてしまいます。

 

息を切らしながら、高嶺の隣にいたいと叫ぶ弱木でしたが、二人を裂くように通行したトラックによって見失ってしまいました。

 

カラオケルームに残された3人は、再び反省する淀屋橋と、酔った勢いでまたやってしまったと悔やむ天井と、淀屋橋にたこ焼きを勧める更田というそれぞれの空間となっていました。

 

そして、高嶺は一人歩きながら天井の言葉を思い出し、弱木と二人はお似合いと考えながら涙を流していました。

 

高嶺のハナさん漫画BANKや星のロミやraw以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『高嶺のハナさん』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

高嶺のハナさん61~63話の感想と考察

上司と部下という立場もあり、なかなか弱木との関係が進展させにくいところでもある中、『同期』という強力な武器を手にした淀屋橋の猛攻という3話でした。

 

弱木を好きといいつつも、高嶺や天井のように恋愛感情で言っているわけではなさそうな淀屋橋ですが、これからの展開の中ではその心境は変わっていくことも考えられます。

 

上司高嶺、後輩天井の立場からすると同期というアピールはとてつもなくイライラするだろうなと思っていましたが、天井は酒の勢いに任せて爆発させました。

 

2巻に掲載された弱木への告白から、天井を応援している身としては良い流れでしたが、それでもやはりその想いは叶わないと知っているので辛いところです。

 

チャラい人は嫌いと断言していた淀屋橋でしたが、なんだかんだで更田と相性が良さそうではありますが、企画部や作品の中の盛り上げ役としていいコンビになっていきそうです。

 

今回散々だった高嶺は、天井の想いを知りどう動くのでしょうか。

 

<< 60話 一覧 64話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 高嶺のハナさん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました