スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい214話ネタバレ考察感想あらすじ!フランス校からの手紙

漫画ネタバレ

2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ2021年20号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』214話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜214話では、かぐやと白銀は皆の前で付き合っている事を伝え、石上と伊井野は察していたり、知っていたりしたので受け入れました。

 

しかし、千花だけは受け入れていませんでした。

 

そんな中、石上はフランス校から交流会に関する手紙が届いた事を伝えました。

 

果たして、手紙の内容は何が書かれているのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜214話『藤原千花は教えたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 213話 一覧 215話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

かぐや様は告らせたい214話のあらすじネタバレ

かぐやと白銀が付き合う事を認めていない千花は白銀に対して唸り声をあげていました。

 

石上は呆れながら、素直に受け入れろ、と言うも聞く耳持ちませんでした。

 

そして石上は白銀にフランス校との交流会に関して書かれている手紙を渡しました。

 

以前は急遽伝えられて準備した経緯があるので、白銀は警戒していましたが石上は手紙を確認すると、今回はフランス側が準備をしてくれると書かれている、と言うのでした。

 

千花は、どんな事をするの、と聞くと石上は、ダンスパーティー、と言うと白銀と千花はテンションが下がります。

 

更に石上は、手紙には白銀とかぐやのダンスが見たいと書かれている、と言うと白銀に対して、やった事はあるのか、聞くと白銀は笑って誤魔化したのです。

 

その後、白銀は千花に教えを乞う事にしました。

 

鉢巻を巻いている千花は、恐らく教えを乞う事になると踏んでいたし、かぐやの顔に泥を塗れないからやろう、と死んだ目をしながら言ったのです。

 

千花は、パーティーダンスはワルツ等の踊りをちゃんと出来、音楽のリズムに乗り、パートナーと息を合わせていれば踊れば大丈夫、と言うも白銀は、自分の事だけで大変なのに相手の事を考えると出来そうにない、と弱音を吐きます。

 

対する千花は、最初から出来るとは思っていないから大丈夫、と笑みを浮かべながら言って練習を開始するのでした。

 

しかし、白銀は千花の足を踏んだりする等、中々上手く行きません。

 

その間に千花は、最初はバレーボールを教え、それからも色々な事を教えていたけど、最初の頼みを引き受けていなかったら、白銀の事は何でも出来る超人だと思い続けられたのに、と言いつつ、それでも引き受けたから今みたいに親しく出来た、と言うのでした。

 

そして千花の指導を受けながら踊る白銀だったが、その中でこれまで千花に指導してもらった事が脳裏をよぎり、しかもこのダンスに活かされ始め、そしてミスなく踊る事に成功しました。

 

千花も、これまでよりも上達が早くなっている、と褒めつつ、指導するのもこれで終わりになる、と言うのです。

 

白銀は基本覚えた事は忘れないし、苦手な踊りや歌等も指導によって下手じゃなくなったし、ちゃんと上手くなるために努力してきたのだから大丈夫、と言いつつ、もし辛い事があったらこれまで努力してきた事を思い出せば乗り越えられる、と言う千花。

 

そしてかぐやがやって来たので、千花はかぐやに白銀と踊るように勧め、2人は踊り始めました。

 

そんな2人を見ていた千花は心の中で、自分は2人が遠くに行き、自分だけ取り残されるのが嫌だったから反対していた、と悟ると2人の恋愛を認め、今の白銀ならかぐやを託せる、と言ったのでした。

 

そして千花は2人の元から去ると心の中で、白銀とは沢山特訓をしてきて、大変だったけど楽しかった、と思いつつ、これで特訓は終わりだ、と呟くと身に着けた鉢巻を外しました。

 

しかし、この後もきつい特訓が待っている事を彼女は知りませんでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい214話の感想と考察

案外、早く前言撤回したなと思いましたね。

 

千花の事ですから、かなり長きに渡って白銀を試そうとすると思いましたので意外に感じました。

 

前回は何が何でも邪魔すると言っていて、今回の最初のほうでも唸り声を上げて白銀を睨んでいたので、本当に驚きです。

 

千花も言っていましたが、白銀がこれまでの特訓を生かして割と早くダンスを上達出来たのと、かぐやと白銀が自分の手の届かないところに行ってしまう寂しさから脱却しようと決意したからなのでしょうね。

 

次回はかぐやが言っていたように、白銀とイチャイチャしようとするのではないでしょうか。

 

かぐやは前に早坂に対して大勢の人達の前で堂々と恋人らしくしようと言っていて、今回の話で千花からお墨付きをもらったので、何の迷いも無くイチャつこうとすると思います。

 

白銀にその事を伝えて、白銀もかぐやが望むならと応じるのではないでしょうか。

 

しかし、実際やってみると思いの外、恥ずかしく感じるのではないでしょうか。

 

元々付き合っている疑惑があるため、そんな2人が仲良く会話をしながら廊下を歩いていたら、事情を知らない生徒達は驚きながらも視線を見つめるのではないかと思います。

 

これまでは尊敬と言う視線でしたが、これからは好奇と言う名の視線に変わるので、それを感じて恥ずかしく感じると思います。

 

<< 213話 一覧 215話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました