スポンサーリンク

ゴールデンカムイ275話ネタバレ考察感想あらすじ!杉元と菊田の出会い!

漫画ネタバレ

2021年4月15日発売の週刊ヤングジャンプ2021年20号で、『ゴールデンカムイ』275話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ275話では、1901年、杉元は慣れ親しんだ神奈川を離れ、幸せを掴むために東京へとやって来ました。

 

沢山の人達がいる東京へとやって来た杉元は最初こそテンションが上がっていましたが、何故か複数の軍人候補生相手に大喧嘩をしていたのです。

 

そこへ第一師団に所属し、将来軍人になる者達の指導をしている菊田が現れ、杉元と喧嘩をしている軍人候補生達を咎めました。

 

果たして、菊田は杉元に何と言葉をかけるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ275話『東京愛物語』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 274話 一覧 276話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ275話のあらすじネタバレ

1902年、若き日の杉元は父親に対し、幸福を掴むために人が沢山いる東京に向かう、と言って東京へと向かいました。

 

そこでは予想通り、沢山の人達で溢れ返っており、杉元は空や建物を見ていて、人ごみの中を走ったり、電灯に向かってジャンプしていたのです。

 

そして東京は素晴らしいと言わんばかりの表情をする杉元だったが、一転複数の軍人相手に喧嘩を始めてしまいました。

 

軍人達が一斉に抑え込んでも、杉元は指だけで抵抗してくるので始末に負えませんでした。

 

やがて他の軍人から騒ぎを聞いた菊田が駆けつけるも、昼食中だったのが茶碗を手にしていました。

 

当時の菊田は第七師団ではなく、第一師団に属しており、陸軍士官学校で軍人候補生相手の指導を請け負っていたのです。

 

菊田は、人の目につく場所で無様な姿を晒しているんだ、と言いつつ、さっさと放してやれ、と言うと、軍人候補生達は今は抑えているから放したら大変な事になる、と答えました。

 

唸り声をあげている杉元を見た菊田は白米がのっている茶碗を杉元の近くに置くと、杉元は口で白米を食べていったのです。

 

仮にも軍人候補生達を相手に喧嘩している相手が誰かと思えば、と言いつつ、いいタイミングだ、と意味深な言葉を述べると杉元を引き取る事にしました。

 

そして食堂へと行き、杉元にご飯を奢りながら、何故軍人候補生達相手に殴り合いをしていた、と聞くと杉元は、ガンつけられたから、と答えたのです。

 

その答えに菊田は呆れると、自分がいたから不問にしたが、そうじゃなかったら大変な目に遭っていたと言いつつ、菊田の故郷にある野良坊菜からとってノラ坊と名付ける事にしました。

 

杉元は、自分をどうする気だ、と聞くと菊田は、花沢勇作の替え玉としてお見合いに参加しろ、と言います。

 

その理由は勇作の父親は艦隊旗手になってもらいたいが、母親はそうは思っていないので金子花枝子と勇作を結婚させ、関係を築き上げて子供を儲けさせて、軍人を辞めさせようとしていたのです。

 

しかし、父親はその事に気づき、菊田に命じて替え玉を見つけるように指示し、菊田は杉元を選びました。

 

そして杉元は菊田によって長い髪をバッサリ切って坊主頭になり、軍服に着替えながら、何故初対面の自分を選んだのか、と聞いたのです。

 

菊田は軍服を着終わった杉元の姿を見て、今の杉元の顔は顔立ちがいいから選んだ、と答えます。

 

杉元は、もし軍人になれたら美味しい料理を食べられるのか、と聞くと菊田は、お見合いの場では食事をする事になるだろうし、上手く行けば高級店で美味しい料理が食べられるだろう、と言ったのです。

 

しかし、色々課題もあるからお見合いの日まで修正していこう、と菊田は言って杉元に箸の使い方を教え込みました。

 

そしてお見合いの日には杉元は箸の使い方が完璧になっており、菊田も安心して送り出したのです。

 

杉元は金子と共に帝国ホテルへと行くも、出された料理はフォークとナイフを使うエビフライでした。

 

杉元は緊張して震えていて、金子は杉元に違和感を抱き、菊田は焦っていました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ275話の感想と考察

今回の話で、遂に杉元と菊田の馴れ初めの話が明らかになりつつありますね。

 

菊田は杉元にノラ坊と言っていましたが、それが野菜の名前だったのには驚きでしたね。

 

今回の話の最初から考えると、どう考えても野良犬からとったのかなと思いましたが、終盤辺りで杉元の顔は顔立ちが良いと菊田が言っていたので、流石に野良犬は可哀そうと判断したのかもしれません。

 

箸の修行をしていましたが、登場したのがフォークとナイフだったので普通に考えれば令嬢の元に行くのだから箸は使わないでしょうし、完全に菊田のミスですね。

 

次回は替え玉がバレるのではないでしょうか。

 

箸の使い方を教えたとはいえ、ナイフとフォークの使い方までは教えていなかったので苦戦するのではないかと思います。

 

しかも相手もいいところのお嬢様なので、本当にあの花沢勇作なのかと疑問に思う筈です。

 

それ故に花沢勇作に関する事を杉元に話す事で、本物か偽物かを見分けようすると思います。

 

今回の話で杉元は菊田から箸の使い方しか習っていませんが、万が一質問された場合の対策も菊田と一緒にしている筈です。

 

しかし、予定外のナイフとフォークが出てきたので、パニック状態になって頓珍漢な答えをしてしまい、替え玉だとバレるのではないかと思います。

 

<< 274話 一覧 276話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました