ランウェイで笑って183話ネタバレ考察感想あらすじ!育人、本気のデザイン

漫画ネタバレ

2021年4月14日発売の週刊少年マガジン2021年20号で、ランウェイで笑って183話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って183話では、NYにいるオリヴィアの前に立ち、シャルのダブルブッキングについての代行案を提案する研二。

 

それは育人のブランドでした。

 

オリヴィアは研二の提案を受けてくれるのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って183話「リフレイン」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 182話 一覧 184話 >>

 

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って183話のあらすじネタバレ

育人のスマホに連絡が入ります。

 

研二から、見せられるデザインがあるかというものでした。

 

育人は佐久間を呼びますが、ちょうど佐久間はおらず、花丘に頼みます。

 

花丘が、育人の机からデザイン画を持って行こうとすると、育人に引き止められます。

 

育人は花丘に、事細かに素材などの説明をします。

 

花丘は大きな声でつまらないと叫び、自分は育人のミシンではないと訴えます。

 

もっと自分では想像できないデザインを考えてみろと、花丘に言われる育人。

 

育人のスマホには、研二からもっと本気の服はないのかとメッセージが入っていました。

 

 

オリヴィアは合同展示会の時のことを思い出し、育人のことを覚えていました。

 

その代案でいいと許可を出しますが、研二のプレゼンが良かったらと条件を付けます。

 

研二がすでに、プレゼンを準備していることも分かっているオリヴィア。

 

そのオリヴィアの気迫に、研二は汗を流します。

 

 

今回、Ocelotの雑誌にはAYANOという新人アジアデザイナーとシャルが載る予定でした。

 

そこにシャルが載れなくなった今、アジアという要素を薄めることなく、活きの良い新人デザイナーをはめ込みたいと考えます。

 

研二はオリヴィアにプレゼンを始め、あらかじめ用意していたマネキンを持ってきます。

 

オリヴィアはそのマネキンが着ている服を見て、目を見開きます。

 

本当は、千雪にこの服を着せて、オリヴィアの前に立たせたかった研二。

 

しかしそれは、今ではないと判断しました。

 

千雪が自由に夢を選べるようになったら、またミルネージュをと、研二は考えています。

 

 

外から帰って来た佐久間に、Ocelotのことを話す育人。

 

佐久間はとても驚いた様子で、ひとりブツブツと考え始めます。

 

心は、千雪の説得を、自分に任せて欲しいと育人に頼みます。

 

奥から慌てて駆け寄ってきた花丘は、カメラを片手に、この動画を本当に世界に発信するのかと育人に聞きます。

 

育人は千雪のことを想い、このファッションウィークに全てを懸けます。

 

 

これは育人がトップデザイナーになるまでの、千雪がトップモデルになるまでのお話です。

 

ランウェイで笑って183話の感想と考察

オリヴィアの気迫怖いですね。

 

流石ファッション業界の重鎮です。

 

しかし研二は気迫に負けることなく、オリヴィアに自身のプレゼンを伝えました。

 

研二がオリヴィアに見せた育人のデザイン、一体どんなものだったのでしょうか。

 

とても気になるので早く見たいですね。

 

育人が佐久間にOcelotの話をしているということは、研二のプレゼンが通ったということでいいんですかね。

 

佐久間のその話を聞いて色々考えていたので、決定っぽいですよね。

 

花丘が騒いでいた動画ですが、何の映像を世界に配信するのでしょうか。

 

あのカメラは以前、佐久間が事務所内に設置したものなので、デザイン事務所の作業風景ってことですかね。

 

それをあんなに騒ぐかなとも思ったんですけど、花丘は自分が写っていることに興奮していたのでしょうか。

 

その動画のことも気になりますね。

 

そして肝心の千雪ですが、心が説得に行っていましたが、どうなんですかね。

 

はっきりした場面はありませんでしたが、千雪はモデルとして出てくれるのでしょうか。

 

色々なことがわからないまま、次回に続きましたが、次回では全部どうなったかわかると良いですね。

 

次回も楽しみです。

 

<< 182話 一覧 184話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました