スポンサーリンク

ダイヤのA act2 249話ネタバレ考察感想あらすじ!ルパン三世の曲と共に打席に立つ御幸

漫画ネタバレ

2021年4月14日発売の週刊少年マガジン2021年20号で、『ダイヤのA act2』249話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』249話では、御幸の打席の際、結城哲也が打席に入った際に流れていた曲であるルパン三世の曲が流れ始めます。

 

試合を見に来ていた3年生達はこれは今の3年生なりの応援だと感じ、御幸に対して打てと叫んだのです。

 

打席に入った御幸は試合前日の結城哲也が言っていた言葉を思い出しており、沢村も次の回に備えてキャッチボールを開始しました。

 

果たして、天久との最後の対決になるであろうこの打席、御幸は結果を残す事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』249話『見えてんのか?』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 248話 一覧 250話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 249話のあらすじネタバレ

御幸が打席に入ったら、突如として本来の応援曲じゃなく、結城哲也が打席に入る時に流れていたルパン三世の曲が流れ始めます。

 

観客席から試合を見ていた坂井は、この曲は関がチョイスしたもので、関だけじゃなく試合に出れない3年生達からの特大の応援だ、と評していたのです。

 

そして門田や楠木は、打て、と応援し、結城哲也は体中からオーラを出しまくりながら見守っていました。

 

打席に入った御幸は試合前日に結城哲也が言っていた、打席に入れば、これまでの肩書や実績は通じないし、来た球を打ち返すためには集中する事が大事であり、応援も後押しをしてくれる、と言ったのを思い出したのです。

 

そしてベンチで応援している沢村も御幸なら打ってくれると信じているのか、由井に対して、準備するから手伝って、と言いつつ、もし凡退したら当面の間は敬語じゃなくていいな、と笑みを浮かべながら言います。

 

ブルペンでボールを投げようとする沢村の姿を見た御幸はバットを構えつつ、この試合での沢村は常にいいボールを投げていたし、これまで投げた試合の中でも最高の投球だったから、ここはバッテリーを組んでいる自分が決めないといけない、と思っていました。

 

対する天久は心の中で、先程まで怖い顔をして睨んでいたのに、と思いつつ、相手の応援歌が変わるのは投手として決していい気はしない、と思っていたのです。

 

高見は、今のところ御幸は当たっていないけど怖いバッターであるのは変わりないから、際どいコースを投げていき、四球になっても構わないと言いつつ、牽制もしていけ、と天久に言ったのを思い出します。

 

市大三高ベンチでは控えの選手達が応援しており、田原監督も、この回を抑えきれば打撃陣が得点を取ってくれる、と心の中で言い、宮田達も、次の回で点を取ってやるから抑えろ、と心の中で言ったのです。

 

そして天久は外角ギリギリにストレートを投げ込んでストライクを取り、しかも自己最速の151Km/hだったのです。

 

観客達も盛り上がっており、準備していた沢村もこの場面で自己最速を出せる天久を称賛していました。

 

白州も一塁から揺さぶりをかけるが、今の天久には通じませんでした。

 

その様子を見ていた田原監督は、今の天久に隙は無いし、御幸を必ず抑えてくれる、と思っていました。

 

そして天久は2球目の球も投げていくが、これは際ど過ぎたため、ボールをなったのです。

 

3球目を投げると御幸はバットを振ろうとしたが、スライダーだと見抜いたため、見逃してボールにしました。

 

天久は心の中で、ちゃんと自分が投げる球を見極めているから、轟や真田と同じタイプだ、と思いながら4球目を投げたのです。

 

4球目のスライダーに反応した御幸は打ち返すのだが、ファールとなってしまいます。

 

高見は、今の天久はかなり集中しているし、先程のコースならヒットにはならない、と思っていたのです。

 

天久は冷静ではあったが、投手として4番打者を抑えたいと言う気持ちを抑えきれずにスライを投げるも、御幸は見極めてボールにしました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 249話の感想と考察

まさか、結城哲也が現役の時に流れていたルパン三世の曲が流れるとは思いませんでしたね。

 

これは結城哲也が来ているから流したとばかり思っていましたが、試合に出れない三年生達がサプライズと言う形でかけた様子ですね。

 

天久が打席に入った御幸を見て、表情がネクストバッターサークル時よりも変わっていると思っていましたが、きっと曲のおかげじゃないかなと思います。

 

ネクストバッターサークル時の時は怖い顔をしていたため、力みが入っていた筈です。

 

しかし、曲のおかげである程度冷静さを取り戻せたから表情が変わったのでしょうね。

 

次回は、御幸が粘って粘って最終的にはホームランを打つ事になるのではないかと思います。

 

今の御幸は天久の球が良く見えており、際どいコースは見逃してボールにしています。

 

天久も今の御幸は轟や真田と同じタイプだと思っているせいか、甘いコースに投げずに厳しく投げている状態です。

 

しかし、ずっと投げている天久は疲弊しているので、何時までも厳しいコースに強いボールを投げてばかりじゃなく、時折抜いた球を投げる可能性もあります。

 

御幸もその事を分かっていて、その球が来るまでひたすらにカットして時間を稼ぐと天久が投げた甘い球を打ち返してホームランにするのではないかと思います。

 

<< 248話 一覧 250話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました