スポンサーリンク

ゴールデンカムイ274話ネタバレ考察感想あらすじ!本物よりも上手な偽物

漫画ネタバレ

2021年4月8日発売の週刊ヤングジャンプ2021年19号で、『ゴールデンカムイ』274話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ274話では、何とか逃げおおせた杉元達は土方達と合流します。

 

そして、アシリパは、突如として女性が作るアットゥシの着物についての話をし始め、その女性は着物を作る際、アットゥシの糸をハンノキの赤い汁を使って、誰にも真似できないような美しい赤色に染める事が出来たと話すのです。

 

それこそがアットゥシの着物を作った女性のこだわりなのだと言うアシリパ。

 

果たして、その話が今の状況と何の関わりがあるのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ274話『こだわり』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 273話 一覧 275話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ274話のあらすじネタバレ

何とか逃げおおせ、土方達と合流した杉元達は札幌停車場へと辿り着いていました。

 

そしてアシリパは、アットゥシの着物をとても美しく作る事が出来る女性の話を、思い出したという理由で語り始めます。

 

その着物を作るにはアットゥシの糸をハンノキの赤い汁を使って赤色に染めなければならないが、その作業が極めて難しく失敗してしまえば茶色になる、と語るアシリパ。

 

それでもその女性は誰にも真似できないくらい美しい赤い糸にして、それを使って愛する旦那のために服を作った、とアシリパは言います。

 

旦那は女性が作ってくれた着物を皆に見せびらかすため、仕事の際に着ていって仕事をするも突如として雨が降ってきたので帰るが、鉞を差していた腰あたりの服が茶色に染まっていました。

 

これは雨で服が濡れて、それにより鉞の部分だけが変色したのだ、と言うアシリパ。

 

続けてアシリパは、こだわりは時には細かすぎるのが難点だ、と言いました。

 

その頃、白石はサッポロビール宣伝販売車に残してきた海賊の遺体に対し、お礼を言っていたのです。

 

そしてアシリパは、門倉が所持していた刺青人皮は水に濡れた後、窯に触れたがその際に黒色になったものとそうじゃないものに分かれた、と言います。

 

続けて、杉元はミョウバンで皮をなめしていた、と言うと土方達も、自分達も同じだ、と答えたのです。

 

しかし、高価な革をなめすにはキプシやケネの汁の方が効果的だ、と言うアシリパ。

 

更に、偽物の刺青人皮を大量に製作した剝製屋は革をなめす事にもかなりのこだわりがあり、そのこだわりが強すぎたせいで、本物に匹敵するくらいの偽物を作り上げたのだ、とアシリパは言います。

 

そしてアシリパは刺青人皮を線路の鉄の部分に置き、雨で濡らすと殆どが偽物で、本物は2枚だけある事が発覚します。

 

永倉は、鶴見は敢えて本物を入れていたとは大胆な男だ、と呟いたのです。

 

そして暗号を解く鍵はホロケウオシコニだ、と言うアシリパ。

 

その事を聞いた杉元は、刺青人皮には多くの漢字が書かれていたが、そう言う事だったのか、と言い、白石もキロランケに感謝していたのです。

 

牛山はアシリパに、鶴見にも教えたんだろ、と言うとアシリパは肯定します。

 

因みに鶴見は刺青人皮を床に並べてその上に乗ってゴロゴロしていて、その光景を月島が何とも言えない表情で見ていたのです。

 

そして杉元達は、海賊が教えてくれたアイヌ人が最初に金塊を埋めた場所に行く事にし、そこに着くまでに暗号を解く事にします。

 

そのためにも鉄道を使う事にしたのだが、座席が多くあったので暗号を解くには場所を取っていたので、土方達は、どかそう、と言います。

 

そして座席が少なく、刺青人皮も置けそうな場所にやって来るも、その場所は一等車で値段もかなりつく場所でした。

 

そこにいた男性は、杉元達はこの一等車に似つかわしくないから帰れ、と言ったら杉元によって力づくで追い出されます。

 

アシリパ達は解読を勧め、座椅子でくつろぐ白石は、ここは自分達の特等席、と言うも杉元はその言葉で菊田との過去を思い出したのです。

 

若い頃の杉元は菊田に、自分と一緒にいれば地獄に行く事になる、と言いつつ、花沢勇作の事は無かった事にしろ、と言いました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ274話の感想と考察

本物と同じような刺青人皮を作るとか、ちょっと狂気だなと思いましたね。

 

仕事だと言ってしまえばそこまでだとは思いますが、それでも余程の仕事熱心か、刺青人皮について解き明かしたいと思えるくらいの愛が無いと出来ないんじゃないかなと思いました。

 

何にせよ幾つか本物があり、その情報で暗号を解く事が出来る鍵が分かったのは上々でしょうね。

 

それは鶴見側も同じでしょうが、アシリパ達は海賊から得た情報を独占している事が大きいのではないかと思います。

 

その情報が最初に金塊を埋めた場所についてなのだから、そこを調べていけば今は何処にあるのかが分かるのではないでしょうか。

 

次回は杉元と菊田の関係が明らかになると思います。

 

今回の話の最後、杉元は菊田の事を思い出していたので、間違いないでしょう。

 

杉元は元々軍人であり、菊田の事をさん付けしていたので立場的には菊田の方が上だったのでしょう。

 

それに菊田は杉元にノラ坊と言っていたので、この事からは杉元は菊田に非常に可愛がられていたのだと思いますし、プライベートでも親しかったのだと思います。

 

何故急激に親しくなったのか、今回の話の回想での言葉の意味は何を指しているのか、明らかになっていくのでしょうね。

 

<< 273話 一覧 275話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました