スポンサーリンク

少年のアビス48話ネタバレ考察感想あらすじ!野添の中学校生活

漫画ネタバレ

2021年4月1日発売の週刊ヤングジャンプ2021年18号で、『少年のアビス』48話が掲載されました。

 

『少年のアビス』48話は、物語の中心人物となってきた野添の中学校編です。

 

閉鎖感のある町に転校してきた野添は、一体どんな中学生だったのでしょうか。

 

本記事では、『少年のアビス』48話『その町に来た少年』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 47話 一覧 49話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス48話のあらすじネタバレ

とある学校の教室で、東京に帰れなど落書きがされた机を見つめる一人の少年がいました。

 

その様子を遠巻きに見て笑うクラスメイト。

 

反論もせず机をみつめるその少年は、東京から転校してきた13歳の野添でした。

 

職員室で先生に相談するものの、転校生が珍しいだけでみんなすぐに落ち着くと言われるだけでした。

 

まるで野添が悪いかのように、事が大きくならないように気を付けるように言われ、しゃべり方を合わせるように注意されてしまいます。

 

教室に帰ると、机を拭いていてくれた一人の女子生徒がいました。

 

チャコのような風貌の、篠岡というその女子にお礼を言うと、明日も学校に来るように言って帰って行きました。

 

否定も肯定もせずに見送っただけの野添でしたが、その表情は何か言いたげでした。

 

イヤホンを着けてウォークマンを再生し、一人でたんぼ道を帰りました。

 

祖母の家に帰ると、出迎えてくれた祖母が野添の母・芳子にご飯を食べるか聞くように言われます。

 

母のいる部屋に行き、晩ご飯をどうするか聞いてみても返事はありません。

 

再度声を掛けてみると、飛び起きたは大きな声出さないでと叫びました。

 

何もいらないから放っておいてと、再び眠りにつく芳子。

 

ドアを閉めた野添は辛い表情でしゃがみ込んでしまいました。

 

野添の父の浮気が発覚し、芳子は心を壊してしまいました。

 

医者であるにもかかわらず、そんな芳子と息子を見捨てて出て行った事で今の生活になってしまいました。

 

図書館に行こうとした野添が玄関を出ると、農作業をしていた祖父に、どこに行くのかと聞かれました。

 

図書館に……と答えただけであんまり町をうろちょろするなと言われる始末に、野添はすぐ帰ると答えました。

 

図書館で読書に没頭していると、閉館時間となり出るしかありません。

 

まっすぐ帰宅するでもなく町を歩いていると、『サンロードクサバ』という商店街を見つけました。

 

その中を歩いてみると、『コネコ横道』という路地が目に留まりました。

 

異邦人を意味する、エトランゼと言う名前のスナックの前を通りがかったとき、中から怒鳴るような声が聞こえて野添は肩をすくませました。

 

帰ると言いながら出てきたその人物は、店の入り口からでは無く裏口から現れました。

 

明るい髪の女子学生と目が合うなり、咄嗟に逸らして野添は足を進めました。

 

しかし、その女子学生は東京から来た転校生という事を知っており、野添を呼び止めました。

 

野添と同級生と告げたその女子学生は、黒瀬夕子と名乗りました。

 

それが、後の令児の母となる夕子との出逢いでした。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス48話の感想と考察

地方あるあるネタから始まった、野添の過去編です。

 

転校生に対してちょっと浮き足立つ感じはありますが、同じ県内ならすぐに受け入れられるものの、東京から来たとなると話は変わるような気がします。

 

実際、地方住みだった小学校の時に東京から転校生が来た事がありましたが、『標準語』に対しての嫌悪感というか敵対心がクラスで強かったです。

 

その転校生は頑張って方言に合わせようとしたのですが、どうしてもわざとらしくなってしまい、それはそれで馬鹿にされていたのですが、小学生なのでなんとなく馴染んで行った感じはあります。

 

しかし、野添は13歳の中学一・二年生のどちらかで、机に落書きなどクラスからの反発も強いです。

 

特にこの町は閉鎖感が強いように見えるので、外部からの者を受け入れようとはしません。

 

相談した担任しかり、まるで野添に非があるかのように見られてしまいます。

 

そんな学校生活の希望となるのかわかりませんが、篠岡というチャコのような体型の女子生徒がいました。

 

実際、チャコを見てその子を重ねたのかはわかりませんが、なにかしら関係はあるかもしれません。

 

学校はそんな状態、家に帰れば父に見捨てられ引きこもりになってしまった母と、祖父母との生活が待っていました。

 

祖母はまだしも、祖父からはあまり良いように見られていないようで居心地の悪い生活を送っている事が想像出来ます。

 

どこにも希望の無い人生は、令児を思い出しますが外部の人間である事を考えれば野添は更に辛い環境なのかもしれません。

 

初めて見つけた商店街を歩いていると、更に横道のスナックから出てきた夕子との出逢いがありました。

 

なぜスナックから出て来たかは次回語られると思いますが、玄との密会での会話から察するにあまり素行が良い生徒だったようには思えません。

 

ずっと気になっているのですが、黒瀬母子の髪が明るく書かれているのは漫画上の表現なのか、実際に髪が金髪というか明るいのか気になるところです。

 

この時の夕子の髪色が明るいのは染めているとしても、令児はそういうことをしそうには思えないので疑問点です。

 

次回も続く野添過去編、二人の出逢いはどうなって行くのでしょうか。

 

<< 47話 一覧 49話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました