スポンサーリンク

ダイヤのA act2 248話ネタバレ考察感想あらすじ!川上の覚悟を聞いていた白州

漫画ネタバレ

2021年3月31日発売の週刊少年マガジン2021年18号で、『ダイヤのA act2』248話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』248話では、天久が投げて来た球を白州は打ち返す事に成功します。

 

打球はセンターへと向かっており、ショートの選手がキャッチしようと飛ぶも間に合いませんでした。

 

センターの宮川は走り込んで、滑り込んででもキャッチしようとするが、打球はその前に落ちてヒットとなりました。

 

そして倉持がホームに帰ったので、青道高校は遂に同点に追いつく事に成功したのです。

 

果たして、この勢いのまま、逆転する事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』248話『終われないよな』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 247話 一覧 249話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 248話のあらすじネタバレ

天久が投げた球を白州はバットを振って、打ち返す事に成功しました。

 

打球はセンターへと向かっていて、ショートの選手が何とかキャッチしようと横へジャンプするも、届きませんでした。

 

そしてセンターの宮川は打球が落ちる前にキャッチしようと向かおうとしていて、普通に走っても届かないと察して滑り込んで捕ろうとします。

 

しかし、打球はキャッチする前に地面に落ちてしまったので、ヒットとなったのです。

 

既にツーアウトだったので三塁ランナーの倉持がホームを踏んでおり、これでようやく青道高校は同点に追いつく事に成功します。

 

ベンチにいた金丸や東条は盛り上がっており、スタメンじゃない麻生も内心で喜んでいるのか、握り拳を強く握っていたのです。

 

ネクストバッターサークルにいる御幸や向かおうとしていた前園も盛り上がっていました。

 

同時に市大三高側の面々の表情は曇っており、白州は同点に追いついたためか拳を振り上げていましたが、それは川上に向けたものでした。

 

時は試合の前日に遡り、川上は白州に対して、家での都合等もあって野球は高校で辞めるつもりだ、と言います。

 

目を見開いて驚いている様子の白州を尻目に、自分の実力では大学、プロでは通用しないと感じたし、逆に辞めると決意してからは毎日真剣になれるようになったし、悔いだけは残したくない、と言う川上。

 

現在に至り、白州は心の中で、今の川上はボールを触る事も、ブルペンに入るのも駄目なんて悔いしか残らないだろうし、こんなところじゃ終われないな、と言いました。

 

観客席にいる門田達も、こういう場面でやってくれると思っていた、と言い、ベンチにいる沢村も、本来はクールだが心に熱いものを持っているのが白州だ、と叫んでいました。

 

落合も体を震わせながら、白州はクリーンナップを任せられる実力があるから推したが、こんな活躍されたら推していた自分の眼力が怖い、と思っていたのです。

 

片岡監督も以前練習中の白州に、御幸の事を警戒する学校も増えていけばいくほど、白州の役割は重要になって来るから、自分の打撃を磨く事だけを考えろ、と言っていたのを思い出します。

 

御幸が、自分も続かないと不味いな、と言いながらバッターボックスに向かったのです。

 

そしてマウンドには内野陣が集まっていて、高見は天久に、投げた場所は悪くなかったが、打たれるくらいならちゃんと外すべきだった、と言って謝るも天久は気にしていませんでした。

 

バックネット裏にいた大和田は、沢村をアウトにした後は全員に打球を外野まで打たれている、と言い、峰も、天久はムラッ気があるから同点にされた事で投げやりになる可能性があるし、青道高校は一気に攻めて来るだろう、と言います。

 

しかし、天久は、同点にされたけど、次の回で点を取ってくれるだろ、と内野陣に言っていて、そして内野陣がポジションに戻ると自分に喝を入れる形で自分の拳を胸部に軽く当てていたのです。

 

そして御幸はバッターボックスに立ったら、普段の応援歌が自分のではなく結城哲也の応援歌になっていました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 248話の感想と考察

白州が見事に打ち返しましたね。

 

危うく打球を捕られそうにもなりましたが、ヒットはヒットですし、同点に追いついたのでこれで望みは繋がったのではないでしょうか。

 

それに白州が川上から高校野球が終わったら野球を辞めると言う事を聞かされていた事が明らかになりましたね。

 

白州は寡黙な男ですから、川上もこれから先の事を話しても白州なら広めるような真似はしないだろうと思っていたのかもしれませんね。

 

峰が天久は元々ムラッ気があるから同点にされた事で集中力が切れると言っていましたが、昔ならいざ知らず、今の天久はそうなるとは思えません。

 

仮に切れるとしても、逆転された時なのではないでしょうか。

 

御幸もそう思っている筈なので、気を抜かないと思います。

 

次回は、御幸と天久の勝負になるのではないでしょうか。

 

青道高校は勢いに乗っていて、御幸も打つ気満々ではないかと思います。

 

同点にされてしまった今、逆転だけは何とか避けないといけませんので敬遠と言う手が効果的だとは思いますが、天久はそうはしないでしょう。

 

それにここまでの打席では天久は御幸を打ち取っているので、本気で抑えれば問題ないと思っている筈です。

 

それ故に敬遠せずに、真っ向から捻じ伏せようとしており、御幸も甘い球だけ狙い撃とうと粘るのではないかと思います。

 

<< 247話 一覧 249話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました