スポンサーリンク

ランウェイで笑って181話ネタバレ考察感想あらすじ!育人の成長、心の想い

漫画ネタバレ

2021年3月31日発売の週刊少年マガジン2021年18号で、ランウェイで笑って181話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って181話では、EGAOのメンバーに、ファッションウィークのことを話す育人。

 

みんな受け入れてくれ、これからまた慌ただしい日々が始まります。

 

心は育人の手伝いがしたいと申し出ます。

 

本記事では、ランウェイで笑って181話「自己嫌悪」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 180話 一覧 182話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ランウェイで笑って181話のあらすじネタバレ

何か自分に出来ないかと、心は育人に聞きます。

 

一瞬表情が明るくなった育人ですが、何かが頭をよぎり、何も言えませんでした。

 

 

運営に、AとB両方のホールを使用できるか、相談にきた佐久間ですが、予想通り断られてしまいます。

 

 

新たに仕事を取ってきたと、育人に資料を見せる佐久間。

 

報酬や実績はそんなに期待できないし、時間が無いと話そうとすると、育人はお礼を言い、佐久間の言葉を遮ります。

 

そんな育人に、確実にショーを実現できる方法があると提案します。

 

それは借金をすることです。

 

運営もビジネスの為、お金は無視できないと話します。

 

かなり大きな会場の使用料と、Bホールの倍近くあるAホール、そしてBホールの設営費があります。

 

大まかに計算すると、予想していた金額の7~10数倍はかかるそうです。

 

もしショーが成功したとしてもEGAOが潰れる可能性もあると伝えようとすると、育人は食い気味に借金をすることを決めます。

 

広くなった分の設営費が足りないので、その分だけ借金しようと言います。

 

佐久間は心配をしていますが、育人には考えがありました。

 

それはSNSを活用して、運営が無視できない実績を作れないかと提案します。

 

見てさえ貰えれば、自分は世界中に拡散できるような服を作り、佐久間にはSNSを活用して欲しいそうです。

 

佐久間は育人が強くなったと成長を感じ、これくらいできなければパリに行けないだろうと笑顔で納得します。

 

 

こんなに成長して前向きになった育人ですが、佐久間には違和感がありました。

 

昨日、心が何か出来ないかと申し出た時、育人の反応が微妙だったことです。

 

丁度その時に外から戻ってきた心は、廊下で二人の会話を聞いています。

 

育人は心に、ファッションウィークでモデルをやって欲しいと思っていると佐久間に教えます。

 

心がこの会話を聞いていないかと心配している育人ですが、まだお昼から戻って来てないと聞き、安心します。

 

 

心は今回のファッションウィークのことを聞き、千雪が大変なことになっていることを知りました。

 

しかしこんな時でも、それだけ育人から想われている千雪に嫉妬していました。

 

そんな自分が嫌だと思っている心。

 

 

佐久間はその案は凄く良いと大賛成ですが、育人は言いたくないそうです。

 

心がどんな気持ちでモデルを辞めて、どんな思いでこの世界に入ったのか知っているからです。

 

その言葉を聞いた心は千雪とモデルをした時のことを思い出し、あることを決め、一旦外に出ます。

 

 

佐久間は育人が優しいと言いますが、育人はそうゆうので言い辛いだけではありませんでした。

 

もし無理を言って、心が辞めてしまったらどうしようと、そちらが心配でした。

 

そうこう話していると、心が戻ってきて、二人は慌てています。

 

 

事務所では、雫がシャルの新規獲得案件が6件になったと報告し、まだいるのかと研二に聞きます。

 

研二はもっといると答え、そうでなければBEYONDにした意味が無いと言い、成功させようと気合が入っています。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って181話の感想と考察

育人が言葉を詰まらせたのは、心のことを思ってだったんですね。

 

今までの心を知っているからこそ、簡単にモデルをやってなど言えなかったんですね。

 

確かに心にモデルをやってもらえれば、千雪にあの頃の気持ちを思い出させることが出来、背中を押すことが出来ると思います。

 

しかし心はモデルを辞めるために、かなり努力し、辞めることを認めて貰えました。

 

そのことがよぎり、育人は言い出せなかったんですよね。

 

最終的に、心にEGAOを辞めて欲しくないという育人の素直な気持ちがありましたけれど、それはそれで心は嬉しいと思います。

 

自分を必要とされていることを知るのは、大きな自信につながりますよね。

 

そして経費のことですが、ABホール両方使うとなると、かなりの金額が要ります。

 

借金の話を出した時、佐久間は賭けとして出した案だと思います。

 

成功してもEGAOがその後、やっていけないかもしれない、それだけ大きな事をやろうとしています。

 

それでも育人は借金をすると決めました。

 

今までの育人なら安全な道を選ぶので、この道は選択しなかったと思います。

 

しかし借金を決め、SNSの活用という案を考えていたことに、みんな育人の成長を感じましたね。

 

デザインを考えるだけでも大変でしょうに、そんなことまで考えていたんだと驚かされました。

 

今回のファッションウィークは、とても大きな仕事です。

 

育人たちには、成功して欲しいですね。

 

<< 180話 一覧 182話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました