スポンサーリンク

パラレルパラダイス150話ネタバレ考察感想あらすじ!嫉妬深い神を始末できる剣の秘密

漫画ネタバレ

2021年3月29日発売の週刊ヤングマガジン2021年18号で、『パラレルパラダイス』150話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス150話では、サーニャが嫉妬深い神を始末する事が出来る剣がアルスレイヤの北にあるカルンナッハにあると伝えたのです。

 

その事を知ったヨータはこの世界や人々を守るために、剣を手に入れて仁科を始末するしかないのかと苦悶の表情を浮かべていました。

 

ヨータがどうすればいいのかと葛藤している中、ユーマはどうするのかと聞かれたのです。

 

そう聞かれたヨータは一体、どのような決断を下すのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス150話『needless readiness(ニードレス レデイネス)』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 149話 一覧 151話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス150話のあらすじネタバレ

アルスレイヤの北の町のカルンナッハに嫉妬深い神を始末する事が出来る剣がある、とヨータ達に伝えるサーニャ。

 

そう言われたヨータは心の中で、もし剣を手に入れたらこの世界や人々のために仁科を始末しないといけないのか、と思います。

 

その様子に気づいたユーマは、どうするつもりだ、と聞くとヨータは、仁科の記憶が戻って全ての元凶が仁科なら始末したと思うが、記憶が戻っていない今、仁科を始末するのは得策ではない、と答えたのです。

 

そう言うと思っていた、とユーマは言うと大剣を振って刃がついていない部分でヨータを殴り、壁に激突させます。

 

この事にルーミとサーニャは驚き、ユーマは、剣が手に入れば嫉妬深い神を始末出来ると分かった今、その事に躊躇するヨータは不要だ、と断じたのです。

 

そしてヨータと仁科を捕まえろ、とユーマはルーミに命じるが、彼女は剣を抜こうとします。

 

もし自分に逆らったら処刑となるぞ、と警告するユーマだったがルーミは迷わず剣を抜いて立ち向かったので、ユーマは大剣を振るってルーミの手元を狙って剣を落とさせると、すぐさま強烈な一撃を叩き込み、樽がある場所へと吹っ飛ばしたのです。

 

自分に歯向かうとは、と気を失っているルーミに向けてユーマは言うと仁科に対して、自分は世界を守るためならどんな手段でも使う、と言うのに対して仁科は死んだような眼を向けていました。

 

サーニャはルーミが激突した樽には酒が入っていたので、非常にパニックになっていたのです。

 

ユーマは、何故今まで剣の事を言わなかったのか、と聞くとサーニャは、嫉妬深い神が何処にいるのか分からないに教えても仕方ない、と答えたのでユーマは納得します。

 

続けてサーニャは、カルンナッハにある剣は男にしか扱えないから、自分の話を最後まで聞かずにヨータを殴ってしまったユーマの言う事に従うか分からない、と言ったのです。

 

ユーマは気を失っているヨータを見て、世界を救うにはどうやってもヨータが必要なのか、と悔しさを滲ませながら言います。

 

そしてヨータは目覚め、目覚めた場所はベッドの上で周囲は個室になっていたのです。

 

そこにはトリスがおり、傷の痛みはどうか、と聞いてきました。

 

ヨータは心の中で、意外と可愛い、と言いつつも先程までの事を思い出し、仁科やルーミは何処にいる、と聞くとトリスは、ヨータは軟禁している、と答えたのです。

 

そして出ようとするヨータに、軟禁している、と2回言いつつ、武器無しで自分に勝てるとか、非合理的な事は考えてないよね、と言い放つトリス。

 

取りあえず引き下がったヨータにトリスは気を失った後の事を話すも、ヨータは協力する気はありませんでした。

 

そして仁科の記憶が戻るまで待ったほうがいい、とヨータは言うがトリスは、その間に自分やユーマを始め、多くの者達が崩月で命を落とすから非合理だ、と斬り捨てます。

 

それなら自分と行為をすればいい、とヨータは言うとトリスは、自分とユーマは他の人達を差し置いてそう言う事はしないと決めたし、非合理かもしれないが決めた事は守る、と言ったのです。

 

対するヨータは、行為をすれば崩月の影響を受けなくなるとかじゃなくて純粋に可愛いから誘った、と言うとトリスは拒否しつつも、そんな変わった事を言うとは非合理だ、と言いました。

 

しかし、言葉とは裏腹に下着から液体が出ていたので、それを見たヨータは、興奮してるだろ、と心の中で突っ込むのでした。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス150話の感想と考察

サーニャの言う通り、ちょっとユーマは軽率だったんじゃないかなと思います。

 

サーニャは嫉妬深い神を始末する剣があり、その場所の事も言いましたが、場所の詳細や剣を使うための条件、使う際のデメリット等は一切話していませんでした。

 

その事等を聞いてから仁科をどうするかをヨータと話し合っても遅くは無かったのに、先に手を出してしまったのですからやはり軽率だとしか言えませんね。

 

それでもその話を聞いても、ヨータは仁科を無抵抗のまま始末ような事はしなかったと思いますので、どちらにせよ結果は変わらなかったかもしれませんね。

 

実際、ユーマにやられたヨータは協力する気が無くなってしまいましたので、ユーマ側から歩み寄らないと無理ですね。

 

次回は、ヨータがトリスに触れるのではないでしょうか。

 

トリスはユーマとの取り決めでヨータとは行為はしない事にしていますし、実際非合理的だと言って拒否していました。

 

しかし、口ではそう言いながらも体は合理的じゃなかったのか、興奮していましたし、ヨータもその事に気づいたのです。

 

一応その事を指摘しても、トリスは素直に認めるとは思えません。

 

それ故にヨータは本当に興奮してないかどうかを確認するために彼女に触ってもいいかと提案し、彼女も了承したうえで触れると思います。

 

<< 149話 一覧 151話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました