スポンサーリンク

ヒットマン76話ネタバレ考察感想あらすじ!新人声優と立石が下した決断!

漫画ネタバレ

2020年1月15日発売の週刊少年マガジン2020年7号で、『ヒットマン』76話が掲載されました。

 

ヒットマン76話は、ヒロインが人気声優の古鷹麻由で決まりかけていたが、翼が正直合っていないと言ったので龍之介はもう一回やるように言ったので現場の空気は悪くなります。

 

そんな中、サブヒロイン役で来た神宮路若葉と言う新人声優がやって来て、一応声を聞く事にしましたが翼はサブヒロインには合っていないという印象だと言ったのです。

 

対して龍之介は駄目元でヒロイン役もやってほしいと頼み、実際声を聞くとイメージ通りだったのです。

 

しかし、新人だという事で関係者は渋い表情をしており、立石にどうするのかと聞きます。

 

果たして、彼はどのような決断を下すのでしょうか。

 

本記事では、ヒットマン76話『大博打!』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ヒットマン76話のあらすじネタバレ

ヒロインの一件で一触即発の空気になりかけそうになった時、一人の女性がやって来るのだがドアに躓いて転んでしまいます。

 

女性はすぐさま立ち上がってサブヒロインの伊藤葵月役で来た13(サーティン)エンタテイメント所属の神宮路若葉だと名乗ったのです。

 

関係者はリストを確認するも名前が無いと口にし、若葉は自分の事務所からは枠が3人までとなっていたが1人辞退したから無理を承知で来たのだと、翼のファンなのだと言います。

 

立石は一応やってみようと言い、龍之介はヒロインの一件はまだ終わっていないと言うもヒロインは古鷹麻由だと言い切ったのです。

 

翼もこれ以上言うと本当に空気が悪くなると思ったのか、自分は本当に大丈夫だからと言って龍之介を止めます。

 

そんなこんなで許可が出たので若葉は準備を始め、関係者達は彼女の事を調べると今年入ってきた高2で無名の新人だと判明したのです。

 

そして若葉は演技を始め、翼と龍之介は真剣に彼女の声を聞きます。

 

一方で立石は真剣には聞かず、オーディションのやり直しなんて聞いた事がないと、これ以上やってもいい声優は集まらないと思っていたのです。

 

そんなこんなで終わり、全く聞いていなかった立石は翼にどうだったのかと聞くと、彼女は上手いとか下手ではなく声がイメージを合っていないと言いました。

 

そして若葉は立ち去ろうとすると、龍之介が彼女を呼び止めてヒロインも出来るのかと聞いたのです。

 

立石はいい加減にしろと声を荒げるも、龍之介も引きさがらずにたった一言二言なんだからと言ってお願いしますと頼みます。

 

対して立石はどれだけ現場を引っ掻き回すんだと内心で怒っていましたが、翼も賛同し、関係者も渋い顔をしながら先生が言うならと言ったので引き下がったのです。

 

そして若葉は演じる準備をし、立石は龍之介のせいでその気にさせられたと憐れみの表情をしながら彼女を見ていました。

 

そんな事など知る由もなく口をプルルルさせて気合を入れる若葉。

 

そして声を当ててみると彼女の声を聞いていた翼はイメージ通りだと納得の表情をし、龍之介も思わずガッツポーズします。

 

すかさず龍之介はこの子で決まりですよねと関係者に言うも、彼らは未だに渋い表情を浮かべていたのです。

 

その理由は彼女が人気声優ではなく新人であり、仮に彼女を抜擢したとしてもコケてしまえば赤字となってしまうからだったのです。

 

それ故に彼らは立石にどうするのかと聞くと、自分達は新人を抜擢するというリスクは冒せないと言います。

 

立石は今のご時世は関係者が言う通り、人気声優を中心にしていくものだと考えており、納得がいかないからやり直しを求めたり、新人を抜擢しようとする龍之介に怒りがあったのです。

 

しかし、彼の本音は赤字等を気にして人気声優ばかり用意するという安全策を取るやり方には辟易していたので責任は全部自分が負うと言いました。

 

彼の発言に皆唖然とし、続けてアニメは情熱を賭けて一発を狙うギャンブルであり、博打だと力説したのです。

 

関係者は麻由を外すのかと聞くと立石はそうだと言ったのだが、そこで翼から提案がありました。

 

その提案は麻由をサブヒロインに回す事でした。

 

立石は彼女にこの旨を伝えると嫌なら拒否してもいいと言うも、彼女はその新人さんはどうなのかと聞いてみます。

 

そうしたら商売抜きならこの子しかいないと彼は答えたので、麻由は以前新人だった自分を最後まで推してくれた立石への恩返しするという理由から引き受けるのでした。

 

スポンサーリンク

ヒットマン76話の感想と考察

前回の立石の回想で彼が推していた新人声優は麻由だったのではないかなと思いましたね。

 

しかし、時代が違うと、今は人気声優で周囲を固めていくものだと言われて却下されてしまった事で昼行灯と言われる程のサボリ魔になり、今のやり方に妥協し始めたのではないでしょうか。

 

そしてオーディションのやり直しを要求したり、後から来た新人同然の子を抜擢しようとする龍之介を見て、内心ではイライラしつつも燻っていた心に火が付いて抜擢すると言い出したのだと思います。

 

麻由がヒロインではなくサブヒロインに甘んじる事にしたのも、最後の最後まで推し続けてくれた立石に恩返しするためにサブヒロインに甘んじる事にしたのでしょう。

 

それに人気声優がキャンセルしていく中、彼女だけが残ったのも立石が関わっているからではないかと思いましたね。

 

次回はアニメの歌を歌ってくれる歌手を探す事になるのではないでしょうか。

 

前々回では脚本が決まり、今回で声優が決まりましたので次はアニメのオープニングとエンディングを歌う事になる歌手を探す事になると思います。

 

しかし、声優の一件から人気歌手からもキャンセルが続出するような事態となり、歌手も新人を抜擢するような展開になるのではないでしょうか。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ ヒットマン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました