スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ199話ネタバレ考察感想あらすじ!手紙以外にタイムカプセルに入っていたもの

漫画ネタバレ

2021年3月24日発売の週刊少年マガジン2021年17号で『東京卍リベンジャーズ』199号が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』199話は、マイキーの手紙の内容が明らかになりました。

 

果たして、その手紙には何が書かれていたのか?

 

そして、みんなが帰った後一人残ったタケミチはタイムカプセルに何か残っているものを見つけました。

 

一体、何を見つけたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ199話『Sincerely yours』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 198話 一覧 200話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ199話のあらすじネタバレ

「本人も来ねえ事だし開けてみようや」

 

マイキーがタイムカプセルに入れた手紙をドラケンは開けようと思いました。

 

そこで、タケミチはタイムカプセルを埋めることに賛成した時にマイキーがなぜ未来の自分への手紙を書くことを提案したのかを知りたいと思いました。

 

手紙の冒頭は12年後の自分が何をやっているのか問うもので、当時の自分には想像ができませんでした。

 

その後は、東京卍會のメンバーが12年後何をしているのか予想している文面でした。

 

まず、三ツ谷。

 

彼はファッションの仕事をしていてかっこいい服を作っていることを確信していました。

 

二人目の八戒は三ツ谷推しなので彼に近い仕事についており、三ツ谷の仕事場に入り浸る。

 

続いて、パーちんは父親の不動産屋をついでぺーやんはその補佐。

 

ほぼ予想通りだったので、ここまでで出てきた四人は驚いていました。

 

続いては河田兄弟。

 

ナホヤに関してはぶっ飛んだことという漠然としたものでした。

 

しかし、ソウヤに関しては具体的な記載がありませんでした。

 

河田兄弟の次はドラケンでしたが、彼のことを一番知るマイキーが予想したのはバイク屋でした。

 

その次の千冬は場地に関連したことをしていると予想していました。

 

「テメェはヒナちゃん幸せにしなかったら殺す」

 

タケミチにはヒナを幸せにしろというメッセージが書かれていました。

 

そして、東京卍會を解散した理由が書かれていました。

 

まず、解散を決断したのはみんなのため。

 

なぜなら、大人になる上で必要なものが東京卍會にはなかったからです。

 

「繋がってる」

 

自分たちに必要なものを探す旅をしてほしいと願うマイキー。

 

彼自身も必要なものを探すためにみんなと会うことはないと思っているものの、みんなとは繋がっているという一文を最後に書きました。

 

ちなみに、この時マイキーはビルの屋上であぐらを書いて座っており、鶴蝶が彼に声をかけていました。

 

マイキーの手紙を見たことで八戒は今日ここに来て良かったと思いました。

 

その気持ちは他のみんなも同じく抱いてました。

 

そして、一人残ったタケミチは自分の手紙を読んでみました。

 

書かれていたのはみんなの幸せを願うという内容のみだったので、タケミチは誰にも読まれなかったことを安堵します。

 

そんな彼はビデオテープをタイムカプセルの中から発見します。

 

そのテープを秋葉原の電化店で見せると置いてあったテレビデオで見ていいと店主が言ったので、それを使って視聴することにしました。

 

まず映し出されたのは、4歳のマイキーが真一郎が持つビンの蓋をハイキックで開けるという映像。

 

ちなみに、マイキーは瓶の蓋を1発で開けてしまいました。

 

続いて映し出されたのは食卓で撮影していることに驚くエマでした。

 

ビデオテープは佐野家のホームビデオと思いましたが、次に現れたのはマイキーでした。

 

「12年後のタケミっちへ」

 

マイキーは今この映像を見ているタケミチへ何かメッセージを伝えようとしました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ199話の感想と考察

今回はマイキーの手紙を開封する回でした。

 

今の自分が何とをしているのか想像がつかないという始まりで、その後は武蔵神社に今いるメンバーの未来を予想した文面になっていました。

 

三ツ谷・八戒・パーちん・ぺーやん・ドラケンの予想がほぼ的中していました。

 

凄すぎです。

 

あと、パーちんが親の事業を継いだとありますが、不動産屋というのが明らかになりました。

 

しかし、河田兄弟・千冬のは予想は漠然としていました。

 

彼らのはちゃんと予想するのは難しかったようですね。

 

みんなの未来を予想した文面が終わると、東京卍會を解散しようと思った理由と思われる内容が書かれていました。

 

解散宣言時にタケミチのために決めたような発言をしていましたが、実際はみんなのためだったようです。

 

『大事なモンを探す旅』というちょっと難しい表現がありましたが、多分これは不良以外に自分がやりたいことを見つけろというメッセージのような気がしました。

 

その後、ビデオテープを見つけたタケミチは秋葉原の店のテレビビデオを借りて視聴を始めますが、佐野家のホームビデオと思ったらマイキーの今のタケミチへのビデオレターとなりました。

 

タケミチに見てもらう前提で作っているようですが、どんなメッセージを残したのか?

 

次回がとても楽しみです。

 

<< 198話 一覧 200話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました