スポンサーリンク

ゴールデンカムイ272話ネタバレ考察感想あらすじ!自分用にマキリを作りたい有古

漫画ネタバレ

2021年3月18日発売の週刊ヤングジャンプ2021年16号で、『ゴールデンカムイ』272話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ272話では、ある日、戦で負傷して身を潜めている菊田と有古。

 

菊田はお互いにちゃんと生きているかを確認するために有古に対して、出来るだけ明るい話をするように言いました。

 

そうしたら有古はマキリを作る練習をしたいと言いだし、菊田は確かマキリはアイヌの小刀かと尋ねたのです。

 

本来マキリは好きな女性に贈るために作るものですが、有古は自分用に作りたいと言いました。

 

果たして、その理由は何なのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ272話『イポプテ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 271話 一覧 273話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ゴールデンカムイ272話のあらすじネタバレ

戦で負傷して身を潜めている菊田は同じ組を潜めている有古に、無事か、と聞くと有古は、何とか無事だ、と言いました。

 

菊田は、何か明るい事を話してほしい、と言いつつ、日本に帰国したら何をするとか、何を一番に食べたいとかを言え、と具体的に言います。

 

話を聞いた有古は、マキリを作りたい、と言ったのです。

 

マキリはアイヌの小刀の事であり、男性は好きな女にマキリを贈り、女性は出来栄えを見て生活力を計る習性があるため、男性はマキリを作れるようにならないといけないのです。

 

話を聞いた菊田は、好きな女に振られるのを心配しているのか、と聞くと有古は、自分用にマキリを作りたい、と言いました。

 

続けて、親が子供に作り方を丁寧に教える事が多いが、自分の父は一人で作れるようにさりげなく作る姿を見せていたけど、自分はそんなのに興味は無かった、と語る有古。

 

有古は、アイヌを馬鹿にした奴と喧嘩したり、助けを求められたら誰でも助けたけど、アイヌの未来のために動くのは面倒だと思った、と言います。

 

それでもマキリの文様は一族代々伝わっているから伝えておきたかったんだろうし、後に兵隊として出かけた自分に実物を見て作れるようになって欲しいと言う事で作ってくれていた、と言う有古。

 

しかし、今ではもう父親も命を落とし、父親のマキリも行方不明だから、こんな事になるならちゃんと見ておけばよかった、と涙を流しながら言う有古。

 

ここまで菊田が何も言わなかったので、有古は、ちゃんと生きているのなら返事してほしい、と言うと菊田は自分達が何をしたのかが分かっているため、有古の肩に手を置きて、すまない、としか言えませんでした。

 

そして現在に至り、アシリパは、ホロケウオシコニ、と鶴見に対して言ったので鶴見は急いでこれまで集めた刺青人皮を出すと、1つ1つ確認していきます。

 

そこへ有古がやって来て、土方達のアジトがあったから今から攻めれば残る刺青人皮を奪える、と報告したのです。

 

しかし、鶴見は有古が裏切っている事を分かっているので、有古が進む道はそれでいいのか、と聞き、バレていると察した有古は銃を取り出して、刺青人皮を寄越せ、と言います。

 

そうしたら月島が銃を持って現れ、銃弾を撃って有古の肩を撃ち抜いたのです。

 

その間にアシリパはソフィアの縄をほどきます。

 

銃声がしたので、杉元が運転するサッポロビール宣伝販売車と菊田も教会に向かったのです。

 

ソフィアは木の長椅子を投げつけて壁に跳ね返って鶴見にぶつかるも、彼は気にせずに刺青人皮を見ていました。

 

そしてアシリパ達は脱出し、杉元達が彼女達と合流したのです。

 

ソフィアが乗り、アシリパも有古のおかげで乗れたのだが有古は月島から銃撃を受けてしまうも、それでも銃撃をしながらアシリパに、行け、と叫ぶのでした。

 

そして菊田はサッポロビール宣伝販売車を運転する杉元を見て、やはりノラ坊だ、と言い、杉元も菊田の姿を見て、やはり菊田だ、と言います。

 

それから菊田は負傷している有古を見て驚くが、その有古を月島が始末した姿を見て、更に驚いたのでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ272話の感想と考察

有古がやられてしまいましたね。

 

彼はアシリパを助けましたからこうなってしまうのは致し方ありませんし、月島に思い切り心臓付近を撃ち抜かれていますので完全に命を落としたでしょうね。

 

しかし、有古からすれば、アシリパ達を救出出来ましたし、その後はこうなるのも覚悟の上ですし、アシリパにアイヌの未来を託したため、悔いはないと思います。

 

どの道、助ける辺りから銃で撃たれて負傷していましたから逃げられない状態になっていて、こうなる運命だったのでしょうね。

 

それに有古が撃たれたのを目撃した際、菊田は驚きの表情をしていましたね。

 

菊田は有古と色々と語り合っていた仲みたいでしたし、目の前で起こった状況を見て何事だと言う思いがあり、衝撃的だったのでしょう。

 

後で月島から事情を聞くと思いますが、事情を聞いた後に再び驚くのではないかなと思います。

 

次回は杉元達は振り返る事無く、土方達の元へと向かうのではないかと思います。

 

有古が命懸けでアシリパを助け、そして月島によって始末されてしまいました。

 

銃撃の音は近辺にいる第七師団の面々の耳にも入るので、すぐに集結する可能性が大です。

 

それ故に振り返ってしまったら再びアシリパを奪われる可能性がありますので、振り返らずに土方達の元に向かうでしょう。

 

<< 271話 一覧 273話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました