スポンサーリンク

推しの子37話ネタバレ考察感想あらすじ!一人じゃないから怖い、かなのホンネ

漫画ネタバレ

2021年3月18日発売の週刊ヤングジャンプ2021年16号で、『推しの子』37話が掲載されました。

 

ジャパンアイドルフェスに向かって猛練習に付き合ってくれていたぴえヨンの正体がアクアだと知った有馬かな。

 

衝撃すぎて一睡もできずにジャパンアイドルフェス当日を迎えてしまったかなだが・・・。

 

本記事では、『推しの子』37話『プレッシャー』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 36話 一覧 38話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子37話のあらすじネタバレ

かなの頭の中はアクアのことでいっぱいでした。

 

なんでぴえヨンとアクアが入れ替わったのか?私が真面目に練習するようにか?優しくしてくれてたのも嘘なのか?・・・

 

ごちゃごちゃした頭の中をなんとか冷静に保とうとするも、一睡もしていないかなは、早く楽屋に行って少し仮眠をとろうと思い歩き出すと、ミヤコにそっちではないと呼び止められます。

 

ミヤコからステージ側の楽屋は出番直前でしか使えないからと言われ、ルビー、メム、かなが連れてこられたのは、広い場所に所狭しと人が集まっている場所でした。

 

「ここが楽屋よ」

 

ミヤコに言われると、かなは人口密度がえげつないけど・・・と言います。

 

ミヤコは、ステージが多いフェスの楽屋なんてこんなもので出演者関係者数百人が全部詰め込まれて、着替える部屋もないからパーテーション裏で着替えるものだと言いました。

 

そしてメインステージを飾れるくらい有名なアーティストには別室の楽屋がつくから、良い待遇を受けたいなら頑張らないとと言いました。

 

椅子に座って机にもたれかけるかなに、ミヤコは緊張しているの?と声をかけると、かなは冗談言わないでください、赤ちゃんの頃からこの業界にいるんだから今さら緊張なんてしませんと言いました。

 

そしてかなは二人のことは任せてくださいとミヤコに言うと、かなは改めて自分がどうにかしないといけないと強く思いました。

 

ルビーやメムを私が引っ張っていかないといけない、私がこけたら全員がこけると。

 

するとかなは昔の嫌だったことを思い出してしまいました。

 

自分が歌手でステージに立った時、関係者から失望交じりの視線を送られたり、ちょっとでも席が埋まっているように見せるために私服で混ざるスタッフがいたことを。

 

歌手でうまくいかなかったかなは次第に仕事がなくなっていき、いつ頃からか、「子役じゃない成長した私なんかにファンはいない」と自虐を言うようになったのだろうかとかなは思いました。

 

でも、私があの二人を引っ張らなくちゃと、かなは一人重圧に耐えていました。

 

そこへルビーがやってきて、涙目でかなに、「先輩、私めちゃくちゃ緊張してきた」と訴えます。

 

さっきまで楽しそうで余裕だったのにとかなが言うと、ルビーは半べそをかきながら「本番が近付いてきたから、先輩は怖くないの?」とかなの手を握りました。

 

かなは怖いなんてことはない、何年私はやってきてると思ってるのと強く言うと、ルビーはそうやってすぐ嘘をつく、先輩の手はめちゃくちゃ冷たい、緊張してるんでしょ?と言いました。

 

図星だったかなは、あんたに心配されるほど落ちぶれてないと強がって言うも、ルビーは「臆病な子犬ほどよく吠える」と言いました。

 

でもそのあとすぐルビーは、先輩もビビってると思ったら少し安心したと言うと、何も言わなくなったかなに、もしかして割と深刻にビビってる?と尋ねました。

 

するとルビーは「大丈夫だよ、私たちは一人じゃないんだから」と笑顔でかなに言います。

 

それを聞いたかなは、「一人だったら何にも思わない、それで今まで失敗してきたから、でも今回はアンタたちがいる、アンタたちにはあんな辛い思いをさせたくない、一人じゃないから怖いんだ」と本音を言いました。

 

ルビーは「先輩はどれだけ自分の芸歴を評価しているか分からないけれど、子役時代を知らない私からしたらただの小娘だし、可愛くて努力家なただの新人アイドルだ」と言いました。

 

そして「コケて当たり前、だから楽しく挑もう!」とルビーは言い、かなの手を引いて着替えに向かいました。

 

かなは思いました。

 

「私は新人。新人アイドル、有馬かな」だと。

スポンサーリンク

推しの子37話の感想と考察

かなはやっと、自分の本当の心の声を打ち明けることができましたね。

 

ルビーやメムのことをものすごく考えて、自分がなんとかしなくちゃと一人で重圧を抱えていたんだなぁと思うと、心が痛くなります。

 

ルビーの言葉「コケて当たり前、だから楽しもう」っていうのがすごく良かったですよね。

 

ルビーも、前世のさりなちゃん時代、やりたいことをやることができなかった経験があるからこそ、今を楽しもうとしている前向きな気持ちが、かなの重圧で凍ってしまった心を少しずつ溶かし始めてるんだなと思いました。

 

かなの迷いは消えた感じがあるので、きっとB小町ファーストステージは素晴らしいものになるんじゃないかなと思います。

 

次はいよいよステージの上ですよね。

 

きっと天国にいるアイも、最愛の娘のデビューを楽しみにしていると思います。

 

ぴえヨンの中に入っていたアクアはいったいどこでB小町のステージを見るのでしょうね。

 

アクアにとってもB小町メンバーと一緒に練習してきたからこそ、B小町の初めてのステージは感慨深いものがあるのではないでしょうか。

 

アクアの様子も合わせて、どんなステージになるのか、次回が楽しみです。

<< 36話 一覧 38話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました