スポンサーリンク

ダイヤのA act2 246話ネタバレ考察感想あらすじ!走ろうとする姿勢を見せる倉持

漫画ネタバレ

2021年3月17日発売の週刊少年マガジン2021年16号で、『ダイヤのA act2』246話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』246話では、天久からヒットを打って出塁した倉持の次に小湊春市が打席に入ります。

 

倉持は一度天久の牽制によってアウトになっていましたが、それでも果敢に盗塁する姿勢を崩さずに大きなリードを取ったのです。

 

天久に目で牽制されたり、実際に牽制球を投げられたりしても常に次の塁を目指そうとする倉持の姿勢に変わりはなく、常に大きなリードをする事で天久にプレッシャーをかけます。

 

果たして、天久から盗塁する事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』246話『最強の1、2番』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 245話 一覧 247話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 246話のあらすじネタバレ

沢村が粘って凡退し、続く倉持はヒットを打って出塁する事に成功します。

 

続いて小湊春市が打席に入り、倉持は何時でも盗塁する準備は出来ているぞと言わんばかりにリードを大きくしたのです。

 

天久は心の中で、一度牽制で刺したのに何でリードを大きくするんだ、と思いながら牽制球を投げ、倉持は一塁に戻ります。

 

観客席にいる観客達は、天久はボール球が増えてきたから疲れ始めている、倉持が盗塁を成功させたらどうなるか分からなくなる、と言っていたのです。

 

青道ベンチにいる落合は心の中で、何時もなら迷いなく走らせるだろうけど、もし失敗すればピンチになるからどう動くのか、と思っていました。

 

そして倉持は一度牽制され、今も天久に目で牽制されながらも大きなリードを取りながら片岡監督のサインを見たのです。

 

片岡監督からのサインは、何時も通り常に次の塁を狙えでした。

 

バックネット裏から試合を見ていた大和田は、走らせて来るかな、と言うと峰は、その可能性はあるし、足にはスランプは無い、と言いつつ、問題は初回に牽制でアウトになった時の影響が心にどう出るかだ、と言いました。

 

そしてキャッチャーの高見は小湊春市がバットを短めに持っているのを見て、天久の甘い球を狙っているかもしれない、と心の中で思ったのです。

 

そうしたら田原監督がサインを送りながら心の中で、この1、2番になってからバントは無いから勝負に行け、と言うと高見は頷きます。

 

天久も心の中で、自分はランナーのスタートを少しでも遅らせるのが仕事だから後は高見の仕事だ、と思って投げたら倉持は走り出したのです。

 

しかも初球から走ったので多くの者達が驚く中で、峰だけは、僅かにスタートが遅い、と思っていました。

 

それは高見も思っていた天久の球をキャッチしたと同時に、これなら刺せる、と思って送球しました。

 

送球はショートの選手が捕球したのだが、同時に倉持の足が二塁を踏んでいたのでセーフとなったのです。

 

これでワンナウトランナー二塁のチャンスになり、盗塁を成功させた倉持は心の中で、危なかった、と呟き、落合は安堵していました。

 

しかし、天久は心の中で、足が速いのは知っていたから問題ない、と思っていて、田原監督は外野手を前進させて点を渡さないと言う構えを見せつけてきたのです。

 

これは天久が投げるスライはゴロを打たせられるし、市大三高の守備力を信じているからこそ出来る守備陣形なのです。

 

天久も心の中で、ランナーがいようと本塁に帰さなければ問題ない、と思っていました。

 

そして改めてバットを構える小湊春市に対し、観客席で見ていた小湊亮介は心の中で、今の2番バッターはただ繋ぐだけが役目じゃないから、倉持をホームに帰す事だけを考えろ、と思っていたのです。

 

小湊春市はバットを長めに持ち直して心の中で、中途半端なスイングはしない、と思いながら、今日の試合は沢村の投球のおかげでチームは勢いを貰い続けた、と言います。

 

天久は小湊春市やネクストバッターサークルにいる白州や御幸が自分を見つける視線を見て、確実に自分を仕留めに来ている、と思いつつ、やれるものならやってみろ、と思って投げたのです。

 

小湊春市も天久の球を何度もファールにすると、外角付近に投げて来た球を打ち返し、打球は一、二塁間を抜けました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 246話の感想と考察

一度牽制で刺されていた倉持ですが、迷う事無く盗塁を決めましたね。

 

しかし、峰が言うように少しスピードが遅かったのは一度刺された事による影響が多少なりともあったのでしょうね。

 

それでも普通に間に合うのですから、彼の足の速さは凄いなと実感しましたね。

 

そしてギアを入れ直した天久の球を見事に打ち返した小湊春市も凄いと思いましたね。

 

同期の沢村が相手を寄せ付けない投球をしているから、何としても彼の頑張りに応えたいと言う思いで打ち返したのでしょう。

 

外野は前進守備をしていますが、小湊春市が打ち返した打球で倉持が戻って来れるか気になるところです。

 

次回は倉持が本塁へと向かうのではないかと思います。

 

本来だったら小湊春市の打球は一、二塁間を抜けたので、普通に帰れると思いますが今の市大三高は前進守備をしているので三塁で止まるでしょう。

 

市大三高の外野も幾ら倉持の足が速いからと言って前進守備している状態ならば、走って来ないと油断している可能性もあります。

 

それを感じた倉持は敢えて三塁を蹴って本塁を目指すのではないでしょうか。

 

その様子を見た外野は驚きながら急いで投げようとするも、倉持の足の速さは知っているので手元が狂って送球が乱れてしまい、その間に倉持が本塁を陥れるのではないかと思います。

 

<< 245話 一覧 247話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました