スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ198話ネタバレ考察感想あらすじ!タイムカプセルの中身

漫画ネタバレ

2021年3月17日発売の週刊少年マガジン2021年16号で『東京卍リベンジャーズ』198号が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』198話は、タイムカプセルを開けるか回でした。

 

まず、マイキーは来たのでしょうか?

 

続いて、タイムカプセルの中身が明らかになります。

 

ちなみに、千冬→八戒→河田兄弟→ぺーやん→ドラケンの順で中に入れたものや手紙の内容が明らかになりました。

 

彼らは何を入れていたのでしょうか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ198話『Lose myself in memory』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 197話 一覧 199話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ198話のあらすじネタバレ

2006年3月15日。

 

この日、武蔵神社に東京卍會の主要メンバーはタイムカプセルを埋めました。

 

「12年後の東卍結成日 6月19日にこのメンバーで集まろう」

 

この時、マイキーはみんなと約束をしました。

 

それから12年後の2018年6月19日。

 

この日、武蔵神社にタイムカプセルを埋めたメンバーが集まりますが、マイキーは夜になっても来ませんでした。

 

マイキー不在でも開けようと思ったドラケンと10年も音沙汰がないし今日のことも忘れたと思っているぺーやん。

 

パーちんは早く開けたがっていました。

 

また、八戒は何を入れたのか気になっていますが、三ツ谷は何を入れたか忘れていました。

 

「うーわっ懐かしー‼︎」

 

『月刊エースパイロット』を見て千冬は大喜びでした。

 

ちなみに、彼が入れたのはその本で、12年前の夢はパイロットでした。

 

そのことを八戒がからかったので千冬は彼が何を入れたのか聞きました。

 

自分入れたものを見て吹き出しそうになる八戒。

 

なぜなら、彼が入れたのが今の自分が宇宙飛行士になっているかを問う手紙と月の石だったからです。

 

「そーゆータカちゃんはどうなんだよ⁉︎」

 

三ツ谷がからかってきたの八戒は彼が何を入れたの聞きました。

 

彼が入れたのはぬいぐるみでした。

 

ちなみに、これは妹のルナとマナのために初めて作ったものでした。

 

そして、これきっかけで裁縫好きになり将来は服を作る仕事に就きたいと思うようになっていました。

 

そんな彼に感動した八戒は号泣しました。

 

続いて河田兄弟についてですが、ナホヤが入れたのは自分でもわからないもの。

 

そして、手紙にはサラサラヘヤーでホストをやっているかというものでした。

 

一方、ソウヤは入れたものは分かりませんでしたが、手紙を見て笑いました。

 

「“パーちんへ”」

 

ぺーやんが入れたのはパーちん宛の手紙でした。

 

そして、彼のためにぺーやんはエロ本を入れていました。

 

この時、ある写真を見ていたドラケン。

 

それは、東京卍會の解散した日に撮った写真で、ドラケンはそれをタイムカプセルに入れていました。

 

ちなみに、手紙には今の自分に対していろんなことが書かれている一方、解散した時の想いも書かれていました。

 

解散の時マイキーの考えに異論はありませんでしたが、その時本当は後悔をしていました。

 

なぜなら、誰もが東京卍會が自分にとっての全て思っている違いないので、解散に対して悩んだからです。

 

しかし、一番苦しんだのはマイキーだということはわかっていました。

 

そして、そんな彼へ昔の気持ちを忘れたとしても絶対に忘れないでほしいことが最後に書かれていました。

 

「いつもオマエにはエマがいたって」

 

この一文を聞いたタケミチは目を潤ませていました。

 

読み終えたドラケンはみんなに提案をします。

 

「本人は来てねぇけど見てくだろ?」

 

それは、本人不在ですがタイムカプセルの中に残っているマイキーの手紙を見るということでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ198話の感想と考察

今回はタイムカプセル開封回でした。

 

まず、マイキーは来ませんでしたね。

 

「夜になっても」とありますが、何時間待っていたのでしょうか?

 

気になりますね。

 

まず最初に明らかになったのは千冬が入れていたのが『月刊エースパイロット』という飛行機の本。

 

今はペットショップの経営している人がパイロット。

 

ギャップありすぎです。

 

ギャップでいうと次の八戒の宇宙飛行士を目指しているか問う手紙も同じくらいありました。

 

続いては三ツ谷が入れていたのがうさぎのような形をしたのぬいぐるみ。

ちなみに、これが裁縫を始めて最初に作ったもののようです。

 

これがきっかけで今の仕事につながったようですね。

 

河田兄弟が次に明らかになった次はのぺーやんのが明らかになりますが、パーちんへの想いを書いたものでした。

 

パーちん好きがここでも発揮されましたね。

 

そして、現状最後はドラケン。

 

手紙には解散の時の想いが書かれていました。

 

本心では解散を後悔しているようです。

 

創設メンバーかつマイキーの近くにいた人としては当然の結果かもしれないです。

 

その一方でマイキーへ伝えたいこととしてエマの名前が出ていました。

 

そして、次回はいないけれどもマイキーの手紙を開けるようです。

 

最後に「闇落ちの真意」とあるので、なぜ彼が梵天の頭首になったのかがわかるかもしれません。

 

手紙には何が書かれているのかとても気になりますね。

 

<< 197話 一覧 199話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました