スポンサーリンク

ゴールデンカムイ271話ネタバレ考察感想あらすじ!北海道を統治するのに相応しいのは?

漫画ネタバレ

2021年3月11日発売の週刊ヤングジャンプ2021年15号で、『ゴールデンカムイ』271話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ271話では、アシリパを助けるために教会へとやって来た有古だったが、二階堂に見つかってしまいます。

 

二階堂に銃を突き付けられながらも自分の情報を教えた有古はあっちに杉元達がいたと告げると、二階堂は一目散に探しに行ったのです。

 

その頃、鶴見はアシリパ達に対してキロランケやウイルクが抱く危機感は自分達も持たないといけないものだと語ります。

 

果たして、何故危機感を持たないといけないのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ271話『まだら模様の金貨』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 270話 一覧 272話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ271話のあらすじネタバレ

アシリパを助けようと教会に向かう有古だったが、突如として二階堂が現れて銃を突き付けられます。

 

何故ここにいる、と聞かれたので有古は、さっきまで土方達と共に動いていたがバラバラになった、と言いつつ、土方の場所を鶴見に伝えようとここへ来た、と言ったのだが二階堂は有古の顔面に銃口を突きつけます。

 

二階堂に銃を突き付けられながらも彼から鶴見から誰も教会に入れるなと言われている事、他の者達はゲリラ捜索のために動いている事を知る有古。

 

二階堂から、教会の事を誰から聞いた、と聞かれたので有古は、菊田から聞いた、と答えると、教会の裏に杉元達がいたぞ、と告げると二階堂は一目散に探し始めました。

 

その頃、鶴見はアシリパ達は、キロランケやウイルクが抱いている危機感は自分達も抱かないといけない、と言い、そうしなければそう遠くない未来に日本は外国に滅ぼされるかもしれないし、この世は弱肉強食だ、と述べます。

 

キロランケやソフィアが考える極東連邦国家は大陸に国を築くだろうが、もしロシアに負けてしまったら北海道はロシアのものになってしまう、と言う鶴見。

 

ウイルクや土方が考える蝦夷共和国は国力を上げるために他の国の者達を集めないといけないから、必然的に日本を敵視する者も招く恐れがあるから、自分達日本人が北海道を治めるべきだ、と言う鶴見。

 

日本に帰属意識がある者達が北海道を治めるべきだから、極東連邦国家も蝦夷共和国も問題外だ、と語る鶴見はまだら模様の金貨をアシリパに見せます。

 

この金貨は各地で採取した砂金を使ってアイヌ達が作ったものであり、いずれ彼らはアイヌ達の共和国を造ろうとしており、そのために金貨を作って他のアイヌ達と結束しようとしたのだろう、と言う鶴見。

 

続けて鶴見は、先程ウイルクが全ての元凶と言ったが、そもそもアイヌ達は金を使う文化を持っていないし、金貨を作るために砂金を採取したせいで川が汚れてしまった、と言います。

 

更に、アイヌが使う道具を始め色々な物にカムイと言う名がつくが、仮に金にもカムイがつくのであれば、それはアイヌにとって不吉な存在であるゴールデンカムイではないか、と言う鶴見。

 

そして金を巡ってアイヌ達、ウイルク、キロランケ、網走監獄の者達、刺青を入れられた者達、土方達が争い、白石や杉元もいずれ争う事になるからそれが嫌なら暗号の解き方を教えろ、と言う鶴見。

 

ソフィアは、言っては駄目、と言うが鶴見によってウイルクの顔の皮を被せられて喋れないようにされます。

 

鶴見は、アシリパは最初から脅せば喋ってくれるとは思っていないが、迷っているのならば言い訳をあげる、と言ったのです。

 

アシリパは冷や汗を掻きながら、心当たりがないわけでもない、と言いつつ、自分の父親の本当の名前だ、と言うと鶴見は、それが何なのかを教えて欲しい、と涙を流しながら言いました。

 

有古が教会の扉を開けようとした際にアシリパは鶴見に、ホロケウオシコニだ、と言いました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ271話の感想と考察

二階堂は本当に単純だなと思いましたね。

 

本来だったら鶴見の命令を最優先しないといけませんが、命令そっちのけで杉元を探し始めたのですからね。

 

弟を杉元に始末されましたから鶴見の命令を聞くよりも、復讐を果たすと言う思いの方が強いようですね。

 

そのおかげで有古が侵入出来そうなのだからラッキーだなと思いました。

 

そして鶴見は北海道はあくまで日本人が治めるべきだと考えている様子ですね。

 

キロランケ達の極東連邦国家は北海道じゃなくて大陸に作られるから、もしロシア軍に勝ち続ければまだしも負けたら北海道はロシアのものになるから駄目だと言いました。

 

土方やウイルクが考える蝦夷共和国は移民を募らないと国家として成立せず、中には日本を良く思っていない者が来る可能性があるから駄目だと言い、あくまで日本人が治めるべきだと考えていました。

 

この考えで行くのであれば、鶴見の考えの方が正しいですね。

 

日本人の中には悪しき心が持って北海道に来る可能性も無いとは思いますが、悪しき心を持つ外国人が入りこむよりはマシですし、日本が北海道を統治すれば、国力も高まりますしね。

 

そしてアイヌはお金を使わないので、尚更お金を上手く使える日本人が北海道を支配するべきだと鶴見は考えているみたいです。

 

<< 270話 一覧 272話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました