スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ197話ネタバレ考察感想あらすじ!タケミチに協力しようとした意外な人物

漫画ネタバレ

2021年3月10日発売の週刊少年マガジン2021年15号で『東京卍リベンジャーズ』197号が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』197話は、まず、タイムリープを試みますがなぜか失敗してしまいました。

 

その原因は仮説であってもナオトにあるようでしたが、その理由とは?

 

その後、タケミチのマイキー探しに意外な人物が協力を決めました。

 

果たしてその人物とは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ197話『Be left behind the times』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 196話 一覧 198話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ197話のあらすじネタバレ

タイムリープで過去に行こうとしたタケミチはナオトと握手をします。

 

しかし、何も変化が起きず2人は握手をしたままでした。

 

過去に行くことができずに困惑するタケミチ。

 

その謎に関して、ナオトがこれが原因ではないかという仮説を立てました。

 

「もう“トリガー”としての役目を終えた」

 

ナオトはこの現代を変えたいと思っていませんでした。

 

そして、過去を変えたいという思いが強くないとトリガーとしての機能しないと考えました。

 

トリガーが発動せず過去に行くができなくなったことにタケミチはショックを受けてしまうのでした。

 

その後、タケミチは千冬が営むペットショップにやってきまました。

 

タイムリープができないことを知った千冬。

 

彼はヒナを助けたのでタイムリープができないのは当然と思いました。

 

「マイキー君に会って話したかった」

 

タケミチはタイムリープしてやりたかったことを話しました。

 

そして、なぜ闇堕ちしてしまったのか気になりました。

 

そんな彼に対して、千冬はマイキーが姿を消してから自分も探していたことを話しました。

 

「きっと自分の道を見つけたんだ」

 

結局見つけることができなかったので自分の意思で何か見つけたと思うようにして、自分も自分の道を生きることを決めました。

 

帰り道でマイキーのことを考えるタケミチに誰かが声をかけました。

 

彼に声をかけたのは一虎でした。

 

一虎は出所後に東京卍會がないことやマイキーがいないのにみんなが笑っていることに疑問を抱いていました。

 

「今のマイキーの生き方は自分の選んだ道じゃねぇ!」

 

マイキーが弱いとことを見せずに一人で抱え込む正確なのを知っている一虎はそう思っていました。

 

そして、一虎はタケミチのマイキー探しを協力することにしますが、まずは昔の知り合いに声かけることにしました。

 

 

時は進み、6月19日。

 

マイキーを探し始めてから約2ヶ月半が経ちましたが、タケミチはなんも手がかりを掴むことができていませんでした。

 

ちなみに、この時彼はアッくんに髪を切ってもらっていました。

 

溝中メンバーもマイキーの捜索に協力してくれていましたが、梵天のメンバーの情報すら掴むことができていませんでした。

 

そのことを知ったタケミチはみんなにこれ以上は危険だからは調べなくていいと伝えてほしいとアッくんに伝えますが、捜索を諦めたとアッくんは思います。

 

「どんなに時間がかかってもマイキー君を見つけるさ‼︎」

 

タケミチはマイキーを見つけることを諦めてはいませんでした。

 

なぜなら、過去に戻ることができなくても彼を見つけることを一虎と話したときに心に決めていたのと、タイムリープの経験から諦めなければなんとかなると思っていたからです。

 

アッくんにマイキーの捜索を諦めてないことを告げた直後、スマホに誰かから電話が来まます。

 

電話の相手は八戒で、帰国したばかりの彼はあることを告げました。

 

「タイムカプセル開けようぜ!」

 

それを聞いたタケミチは驚きました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ197話の感想と考察

タイムリープをするために握手をしたところで前回は終わったので、今回はその結果どうなったからでした。

 

タイムリープ失敗は予想外でした。

 

しかも、その原因が仮説ではあるもののナオトが過去を変えたいと思っていないからでした。

 

今までのタイムリープはヒナを救いたいというナオトの想いがあったからこそのもので、今回はタケミチがマイキーと話をしたいというのが目的。

 

それを踏まえると、タイムリープできない原因がナオトにあるのは確実のようです。

 

そして、千冬の店にやってきた後に一虎がマイキー探しに協力してくれることになりました。

 

話を踏まえると、一虎は血のハロウィンでの場地殺害の罪で10年近く刑務所にいたからその間外の世界で何があったのかがわからない。

 

一方、タケミチはタイムリープで12年間の間に何があったのかわからない。

 

空白の期間がある2人なので、なるべくしてなった協力関係と思いました。

 

そして、6月19日がやってきてしまいました。

 

この日は12年前に約束したタイムカプセルを開ける日ですが、マイキーは多分来ないと思います。

 

しかし、開けた際にマイキーの手紙を勝手に見ることで、なぜ今のようになってしまったのかの理由がわかるかもしれないと思いました。

 

<< 196話 一覧 198話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました