スポンサーリンク

ゴールデンカムイ270話ネタバレ考察感想あらすじ!鶴見が話す更なる真実!

漫画ネタバレ

2021年3月4日発売の週刊ヤングジャンプ2021年14号で、『ゴールデンカムイ』270話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ270話では、杉元達は有古と合流し、アシリパが教会に監禁されている事を教えました。

 

有古は自分が教会に乗り込み、状況次第ではアシリパを助け出すと言うが、杉元は鶴見達は有古を信じていないんじゃ兄のかと聞いたのです。

 

しかし、アシリパはアイヌの事を真剣に考えている姿を見て、力になりたいと思ったと言う有古。

 

その頃、鶴見はアシリパとソフィアに更なる事実を伝えようとしていたのです。

 

果たして、どんな事実なのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ270話『全ての元凶』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 269話 一覧 271話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ゴールデンカムイ270話のあらすじネタバレ

馬に乗っている有古と合流した杉元は、土方達は何処だ、と聞くと有古は、今アシリパを探している、と答えました。

 

杉元は、戦力が2人だけじゃ厳しい、と言いつつ、有古に、アシリパは教会に閉じ込められているけど敵がどれだけいるか分からない、と答えたのです。

 

話を聞いた有古は、自分が様子を見に行って状況次第ではアシリパを助ける、と言うも杉元は、鶴見達も信じていないのではないかと言い、白石も、正直自分も有古がどちら側なのか分からない、と不信感を口にします。

 

対する有古は、アシリパは幼いのにしっかりアイヌの事を考えているのを見て、今自分がやっている事が恥ずかしくなったから少しでも力になりたい、と言い、杉元はその言葉を信用します。

 

そして有古は、全力で馬を走らせるからついてこい、と言うのでした。

 

その頃、教会内の鶴見はアシリパの、キロランケの指紋がアイヌの遺品から見つかったのは、インカラマッに自分達の動きを伝えるための嘘か、と言う問いに、彼女は過去を清算するために自分達を利用したのだからお互い様だ、と答えます。

 

鶴見は、ウイルクが素性をアイヌの者達に伝えていれば、争いは起こらなかっただろうし、そもそも北海道に来なければキロランケも来なかっただろうし、自分の妻子も命を落とすような事にはならなかっただろう、と言ったのです。

 

続けて、妻のフィーナは自分の素性に気づいていたが愛を優先していて、彼女が命を落とした後、本当の名前を知ってほしかったし、彼女と娘のオリガの骨も捨てきれなかったからスパイとしては失格だ、と呟く鶴見。

 

そして鶴見はソフィアに対してオリガを撃った銃弾を見せると、オリガを撃ったのはウイルクだ、と言います。

 

更に鶴見はウイルクの顔の皮を被ると、私の愛する娘、と言い始め、この様子を見ていたアシリパは、ウイルクのせいで鶴見は辛い人生を送る事になったのか、と心の中で呟いたのです。

 

ソフィアは、ウイルクが妻子を始末したから自らの手でアシリパを苦しめて復讐する事が目的だったのか、と言うと、ドア越しから聞いていた月島は心の中で、もしそうだとしたら始末してやる、と思いながら憤怒の表情をしていたのです。

 

鶴見はウイルクの顔の皮を取ると、本当に復讐したいのなら幾らでもその機会はあった、と言いつつ、自分の目的はあくまで日本の繫栄であり、諸外国の脅威から日本を守るためには金塊がいる、と言います。

 

進むべき道の傍らには妻子や戦で命を散らした軍人達がいる道があるが、彼らのためだけに自分の目的を見失い事は決してない、と言い放つ鶴見。

 

その言葉を聞いた月島は安堵の表情を浮かべていました。

 

続けて鶴見は、アイヌ達も戦争で命を落とし足り、活躍したりした者が大勢いるが、そんな彼らを差し置いて一部のアイヌ達が和人を分断しようとするのは許せない、と口にします。

 

それ故にアシリパはアイヌと和人の未来を選択できるし、ウイルクの罪を償う事が出来る、と鶴見は言ったのです。

 

そう言われたアシリパの表情は曇っていました。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ270話の感想と考察

鶴見は良くも悪くも軍人だなと思いましたね。

 

金塊に繋がる存在だからと言うのもありますが、妻子を始末したウイルクの娘が目の前にいるのだから復讐しようと考えるのが普通です。

 

ウイルクの顔の皮を持っていたのも、彼に始末された妻子の事を忘れないためなのでしょう。

 

しかし、鶴見はこれまでも何度も始末する機会があったけど、あくまで自分は日本の繁栄のために動くだけであり、復讐のためだけに動かないと言っていました。

 

これは日本国の未来の事を思えば、復讐なんてやる必要が無いと言う事なのでしょう。

 

しかし、言葉の選択を間違えてしまったら月島に始末される恐れがありましたから、紙一重だったなと思いました。

 

もしかしたら、自分達の会話を月島達が密かに聞いていると感じたから、敢えてこのように話したのかもしれませんね。

 

次回は、ここまで鶴見の話を聞いていたアシリパが何らかの選択を下す事になるのではないでしょうか。

 

どんな理由があるにせよ、銃弾が発見されたのですからウイルクが鶴見の妻子の命を奪ったのは紛れもない事実です。

 

既にウイルクはこの世にいませんから、罪を償えるのはアシリパだけとなります。

 

彼女がどんな選択をするのか、気になるところですね。

 

<< 269話 一覧 271話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました