スポンサーリンク

少年のアビス44話ネタバレ考察感想あらすじ!柴沢先生の「担任」としての悪行

漫画ネタバレ

2021年3月4日発売の週刊ヤングジャンプ2021年14号で、『少年のアビス』44話が掲載されました。

 

『少年のアビス』44話は、チャコを陥れた柴沢先生を問い詰める令児。

 

そんな柴沢先生の矛先は、令児の母にも迫りました。

 

本記事では、『少年のアビス』44話『手段』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 43話 一覧 45話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

少年のアビス44話のあらすじネタバレ

令児の担任である柴沢先生によって、令児との関係が絶たれかけているチャコ。

 

以前、『もしチャコが殺されそうになったら、なにをやってもこの町から出してやる』という約束を果たすべく、令児は動きました。

 

事のあらましを知るために、まずは柴沢先生に電話をしました。

 

チャコに何をやった? と怒りも露わに問い詰める令児ですが、誰それ? と余裕の表情で柴沢先生は言いました。

 

『チャコ』という名前を言っていなかったことに気付き、秋山朔子にやったことを改めて問います。

 

相変わらず柴沢先生の声は焦りも何も無く、何もと言うだけです。ただチャコの学校に行き、自分の生徒に強制性行を持ちかけたことを注意して貰おうと言ってきただけと言いますが、令児の怒りは増すばかりです。

 

生徒との身体の関係を持っている柴沢先生本人がよく言えると令児令児は指摘し、本当の事を全て話したら終わりだと半ば脅しでもあり事実を突きつけます。

 

しかし、令児が元の柴ちゃん先生に戻ってと言ったから、先生としてのことをやっただけとチャコに対して行ったことについて自分の非は決して認めません。

 

自分が悪い人間とわかりつつ、それでも味方に付けることが一番賢い選択と令児に忠告し、学校に来るように言いますが令児は電話を切ってしまいました。

 

そんな令児だからこそ放っておけないと、一人で笑みを浮かべる柴沢先生。

 

ぽつりとチャコへの謝罪を口にした令児は、時は遡らないことを言い聞かせ、再びナギのアパートを訪れました。

 

チャコとの約束を果たすべく、東京行きの資金をポケットに入れました。

 

その頃、令児の家では母が令児の机にあった『春の棺』に気付きました。

 

パラパラと中を読んでみると、『どこに行けば自由ってあるの? この町を出ても私は私から逃げられない』という作中の台詞を見つけます。

 

それは当時自分が言ったままの言葉であったことに、笑いが零れました。

 

令児が帰宅し、玄関に向かうと令児の顔色が良くないことに気付きました。

 

何も無いと言う令児に、野添の本を読んでいるのか聞いてみると、チャコに薦められたからこれから読んでみようとしているところと令児は言います。

 

読んだら感想を聞かせてと言う母の固い表情に、令児は何かを感じたようです。

 

自転車で勤務先の病院に到着すると、そこに現れたのは柴沢先生でした。

 

車の中で話すことになり、令児が何日も休んでいることをまずは謝りました。

 

そんな謝罪に返事も無く、劣悪な家庭環境にいる子ほど不登校児になりやすいと話し出し、家より学校にいる方が良いのに不思議な事だと柴沢先生は言いました。

 

突然の話題に、理解出来ずにいる令児の母に、令児にとって家庭環境は最悪だと柴沢先生は言い切りました。

 

令児の幼馴染みの父親と不倫関係にあることも、令児はそれを知って心を痛めていることも全て明かし、家族を守る為に皆で町を出るためのお金を借りるために土下座までしたことも全てばらしてしまいました。

 

そんなことをさせたのはあなたですとまで言い放ち、こんな環境に子供がいていいわけがないと言われると、どうして欲しいのかを問います。

 

すると、柴沢先生は通帳を見せ、記載された一千万円で令児を引き渡すように言いました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス44話の感想と考察

柴沢先生の手によって、どんどん令児の回りが落とされていく展開になっています。

 

令児からすれば許されないろくでもない人なのですが、何も嘘は言っていないというのが柴沢先生の強みでもあります。

 

チャコが性行を迫ったのも事実であり、令児の母が幼馴染み(玄)の父親と不倫関係にあるのも事実、その関係を絶ち家族を守る為にとお金を借りるために令児が土下座したのも事実なので、ただその事実を突きつけているだけに過ぎません。

 

人としてそこは隠しておくべき事だとは思いますが、令児が望んだように『担任』としての責務を果たす為に生徒を守ろうとしているだけというのが柴沢先生の言い分なのかもしれません。

 

こんな話をされた後で令児の母は仕事に行かなくてはならないのも酷な話ですが、この交渉をどう断るのでしょうか。

 

そして、チャコとの約束を果たす為に東京への資金を手にした令児ですが、ポケットに封筒を入れる前にナギの電話番号を確認したのが気になりました。

 

チャコを一人で東京に行かせ、ナギにあとの事を託すという意味なのかはまだわかりません。

 

そもそもその資金は一人分の往復費なのか、行くだけの費用なのかによっても変わってくると思います。

 

往復分あれば二人で町を出ることも可能でありますが、令児が母を置いて一人で出るとは思えません。

 

もう一つ気になるのは『春の棺』の感想を求めた、令児の母の表情です。

 

冷たい意味ありげな表情には令児も何かを感じていたようでした。

 

野添との関係も徐々に明かされつつあるように思えました。

 

<< 43話 一覧 45話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました