スポンサーリンク

推しの子36話ネタバレ考察感想あらすじ!ぴえヨンの本当の正体にかなが驚愕

漫画ネタバレ

2021年3月4日発売の週刊ヤングジャンプ2021年14号で、『推しの子』36話が掲載されました。

 

ぴえヨンと話していると普通に楽しいと気付き、小さな恋心を抱き始めた有馬かな。

 

そしてジャパンアイドルフェスに向けての練習も佳境に入り・・・。

 

本記事では、『推しの子』36話『前夜』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 35話 一覧 37話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子36話のあらすじネタバレ

ルビー、メム、かなの新生B小町は猛練習の毎日。

 

そして今日はジャパンアイドルフェスの前日。

 

3人をサポートするぴえヨンは、練習終わりのかなに水を渡すと、笑顔でぴえヨンにお礼を言いました。

 

かなは、ぴえヨンは本当に優しい、どっかのアクアとは大違いだと言います。

 

それを聞いたメムは、かなはそんなにアクアのことが嫌いだったの?と尋ねると、かなは好きになる要素はひとつもないと断言し、デリカシーがなくて、ただのムッツリで、年上に対して敬語ひとつ使ったことがないと文句を言いました。

 

その時、ぴえヨンはタブレットで誰かと会話をしていました。

 

彼女たち、どうでしょうか?と尋ねるぴえヨンに、電話の相手は大分良くなったと思う、明日に備えてゆっくり休むといいとアドバイスしました。

 

そしてぴえヨンは「休暇中にこんな面倒なお願いを聞いていただいてありがとうございます」と言うと、電話の相手は「頼ってくれて嬉しい、でもショックだった、君が僕になりすましても誰も気付かないから」と。

 

なんと電話の相手は、本物のぴえヨンで、ぴえヨンのかぶりものをして3人のサポートをしているのはアクアだったのです。

 

本物のぴえヨンは、わざわざ僕になりすまなさなくてもよかったんじゃないかなと言うと、アクアは自分が言ってもきっと反発されるだけで、ぴえヨンの言葉なら素直に聞き入れてくれると思ったからと答えました。

 

ぴえヨンは、アクアの言葉でも聞いてくれると思うけれどと言うと、アクアは「僕は割と弱い」と言いました。

 

その夜、布団に入ったものの興奮して寝れないルビー。

 

睡眠不足は魅力が3割落ちるとどこかの研究で発表されていたから早く寝る方がいいと、かなは冷静に言いました。

 

かなはルビーに楽しそうでいいねと言うと、ルビーはかなに、楽しくなさそうでよくないねと言いました。

 

かなはどうしてそんなに楽しそうなのか、なんでそんなにポジティブにいられるのかとルビーに聞きました。

 

するとルビーは、「憧れだから」と言いました。

 

昔、ずっと部屋の外に出られない生活をしていてこのままドキドキワクワクしないまま死んでいくんだろうなって思っていたけれど、推しのアイドルができて毎日が楽しくなったと話しました。

 

それから初恋の人に出会ってその人に、もしアイドルになったら推してくれると言われたからアイドルになることを夢見てた・・・とルビーは話しながらそのまま眠りについてしまいました。

 

かなはそんなルビーの頭をなでながら、推してくれる人がいていいわね、私にはそんな人はいないと言って布団から出ていきました。

 

かなはルビーの話を思い出しながら、ルビーはひきこもりで、アクアもミヤコも大変だったんだなと思いながら階段を下りると、扉の開いた部屋にぴえヨンがかぶりものを外して机の上に置き、飲み物を飲んでくつろいでいるところでした。

 

ぴえよんの本当の顔はどんな顔なのか見てやろうと思ったかなは部屋に入って声をかけようとした瞬間、そこにいるのはアクアだということに気づきました。

 

そしてジャパンアイドルフェス当日。

 

ルビーもメムも大興奮で、ワクワクが止まらない様子なのに対して、かなはぴえヨンがアクアだったことが衝撃すぎて、一睡もできなかったとフラフラになっていました。

スポンサーリンク

推しの子36話の感想と考察

ぴえヨンの中身はやっぱりアクアだったのですね。

 

ぴえヨンの優しさに小さな恋心を抱いたかなでしたが、結果的にかなはアクアが好きなんですよね。

 

ぴえヨンがアクアだったと知ってしまったかなが、一睡もできなかった気持ちも分かります。

 

自分のことをよく見てくれていたのが、気になるけれど嫌いなアクアだっただなんて。

 

複雑な気持ちを整理することは一晩では私でも無理だと思います。

 

それと、ルビーは、前世のさりなちゃんの時のことをやっぱりまだはっきり覚えていたんですね。

 

そして新たな事実、さりなちゃんの初恋はゴローだったというのが驚きました。

 

アイドルになる夢を、ルビーに生まれ変わってからその夢を叶えることができて、本当に良かったなと思うし、ルビーはアイドルになれてめちゃくちゃ嬉しいんだなということを改めて感じました。

 

寝不足のかなが、大事なセンターを無事に勤めあげることができるのか、次回のジャパンアイドルフェスの様子が今から気になって仕方がないです。

 

<< 35話 一覧 37話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ 推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました