スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ196話ネタバレ考察感想あらすじ!今のマイキーを知ったタケミチが下した決断

漫画ネタバレ

2021年3月3日発売の週刊少年マガジン2021年14号で『東京卍リベンジャーズ』196号が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』196話は、まず梵天の主要メンバーが明らかになりますが、見覚えのある名前が次々と登場しました。

 

果たして、その名前とは?

 

そして、今のマイキーを知ったタケミチはある決断を下しました。

 

その決断にナオトは猛反対しますが最終的に受け入れましたが、その決断とは何だったのでしょうか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ196話『Can say that again』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 195話 一覧 197話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ196話のあらすじネタバレ

冷凍倉庫には拘束された3人と薬を飲んで興奮する人。

 

さらに、ターレーには2人組乗っており、その奥にも誰かいました。

 

「裏切り者に梵天の鉄槌を‼︎」

 

薬を飲んだ人が言いました。

 

ちなみに、拘束された3人組は唸り続けており、うち一人は恐怖のあまり失禁してしまいました。

 

その人物に薬を飲んで興奮した人はマイキーの言葉があるので、唸り続けていた3人に黙るよう指示しました。

 

「殺せ」

 

たい焼きを食べながらマイキーが言ったので、言われた通り3人を射殺してしまいました。

 

3人を射殺したのは三途春千夜。

 

彼は梵天のナンバー2でした。

 

そして、彼は梵天の裏切り者は死んで当然という考えの持ち主でした。

 

この冷凍倉庫の中には梵天のナンバー3の鶴蝶や幹部のモッチー・灰谷兄弟・ココがいました。

 

鶴蝶は三途が殺害した3人の処理ちゃんとするよう指示。

 

それに対してモッチーは3人を凍らせて砕いてから魚のエサにしようと考えました。

 

そして、ココは自分たちも裏切ったら三途が殺害した3人のように死が待っていると忠告しました。

 

あと、ここには明司武臣という梵天の相談役がいました。

 

そして、マイキーは梵天の首領で、この時彼はたい焼きを食べ続けていました。

 

「マイキー君が犯罪組織のトップ⁉︎」

 

ナオトの調査結果を聞いて驚くタケミチ。

 

しかし、これはナオトの調査によると事実でしたがタケミチはそのことを信じることができませんでした。

 

なぜなら、東京卍會の解散宣言をした際に見た彼の笑顔や、大好きな東京卍會の解散を決めたのは未来のためを想っての決断だったこと。

 

さらに、タイムカプセルを埋めた帰りに東京卍會のみんなやヒナを12年後に会う日まで守ると誓った彼が犯罪組織のトップに君臨するとは思えないからでした。

 

しかし、ナオトの調査結果を嘘だと思う根拠はありませんでした。

 

そこで、タケミチはマイキーに会おうと思いますがナオトはそれを止めようとします。

 

12年の時を経てマイキーはタケミチが知っている人物ではなくなってしまい、彼と会うのは危険すぎる。

 

これが止めようとした理由でした。

 

「過去に戻る!」

 

過去のマイキーに本心を聞くためにタケミチ。

 

彼はタイムリープをするためにナオトに握手を要求します。

 

しかし、ナオトは握手を拒み、タケミチの考えを改めさせるために説得しました。

 

なぜなら、この現代ではヒナが助かったので目的を果たしている。

 

そして、元々赤の他人だったマイキーのことはどうでもいいからタケミチには未来に進んで欲しいと望んだからです。

 

「マイキー君がいなかったら今の俺はいねぇんだよ」

 

タケミチにとって彼は大切な存在なので、どうしても過去のマイキーに会いたいと思いました。

 

そんな彼は、ナオトに握手を求め続けました。

 

タケミチの意思に根負けしたナオト。

 

すぐに戻ると言っていたので、それを条件にナオトはタケミチはガシッと握手をするのでした。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ196話の感想と考察

今回最初に明らかになったのは梵天の主要メンバーでした。

 

鶴蝶・モッチー・灰谷兄弟の天竺で四天王と呼ばれたメンツがいました。

 

モッチーと灰谷兄弟は関東事変で逮捕されましたが、出所後また悪に染まったようです。

 

とても残念です。

 

鶴蝶もいますが、彼もなぜここにいるのか気になりました。

 

そして、ココと三途もいるようです。

 

ちなみに、三途は過去では無口でマスクをつけたキャラでいたがが、今はよく喋るキャラになっています。

 

変化が激しすぎて新キャラと思ってしまいました。

 

メンバーの中で今回一番気になったのは明司武臣という相談役。

 

主要メンバーは関東事変編で天竺についていた人たちですが、武臣は新キャラ。

 

彼が稀咲のようにマイキーを利用したいと思った人物ではないかと思いました。

 

あと、主要メンバーが天竺にいたメンバーとすると、斑目・ムーチョ・半間がいないのが気になりました。

 

現代での彼らの登場が待ち遠しいです。

 

そして、タケミチはマイキーと話しをするために再びタイムリープする決断を下しました。

 

しかし、ドラケン曰く12年前にマイキーと決別していると前回言っていたので、タイムリープした時点で闇堕ちしている可能性があるかもしれません。

 

無事会って話すことができるのかとても気になりますね。

 

<< 195話 一覧 197話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました