スポンサーリンク

ネクロマンス21話ネタバレ考察感想あらすじ!教会内での不穏な空気

漫画ネタバレ

2020年2月5日発売の週刊少年マガジン2020年10号で、『ネクロマンス』21話が掲載されました。

 

ネクロマンス21話は、神様からソッフィオーネの事を聞いたサフィは彼から新たな魔法を授かりましたが、詳しい話ははぐらかされたので元気がありません。

 

しかもサフィの代わりに教会を仕切っていたエリーゼは、ここ最近のサフィの振る舞いに関して側近のカルミアと共に責め立てたのです。

 

そこへシブキがやって来たので、一旦話は無くなりましたがサフィが元気がないのを見るや否やシブキは彼女の腕を引っ張って何処かへと連れていきました。

 

果たして、何処へ連れていくのでしょうか。

 

本記事では、ネクロマンス21話『大聖女の椅子』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 20話 一覧 22話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ネクロマンス21話のあらすじネタバレ

神様との会話を終えたサフィは部屋か出ていきますが、何処か浮かない表情をしていました。

 

時は神様がソッフィオーネの事を話しているうちに憤怒の表情をして、サフィを怖がらせたところまで遡ったのです。

 

我に返った神様はソッフィオーネに斬られた事を思い出してあんな怖い表情をしてしまったとサフィに謝りました。

 

サフィはどちらかと言えば、ソッフィオーネが1500年も生きている事に驚いていたのです。

 

その理由は神様はソッフィオーネに神格を与えて寿命と言う概念を無くしたからだったからでありました。

 

裏切るまでは天界で過ごしていたと述べる神様にサフィは呼び戻さなかったのか、どうして裏切ったのか聞かなかったのかと尋ねたのです。

 

神様は変わり果ててしまったソッフィオーネに会いづらいと言って拒否すると、サフィは自分が神様に代わってソッフィオーネに話をすると言い出しました。

 

そうしたら神様は少し考えてサフィは大聖女として働くよりも自分の横でお菓子を食べていてくれればいいと、実際千里眼を使っているから何処にいるかは分からないと言ったのです。

 

サフィは何か言おうとしたが、その前に神様は魔王を倒すために神様パンチよりも強い魔法の事と合言葉を教えて別れて現在に至ります。

 

サフィは神様はソッフィオーネの事に触れたく無さそうだったと感じており、何があったのかと思うようになっていたのです。

 

そんな中、サフィに代わって教会を取り仕切っていたエリーゼと側近のカルミアに出会ったサフィは自分に代わって仕切ってくれた事に対してお礼にいい、エリーゼはどうってことないと素っ気なく言います。

 

そしてエリーゼはシブキはどうなのかと尋ねたので、サフィは婚約の事なのかと帰したのです。

 

しかし、エリーゼはそうではなくここ最近教会に報告しないといけない事態にシブキはなっていないかと顔を強張らせて聞きます。

 

その他にも地下墓地に設置したゾンビ駆除兵器が聖魔法に破壊された事、倒すべき魔物のサキュバスと行動を共にしている事に関しても触れ、教会の教えに反しているのではないかと問い詰めたのです。

 

サフィはゾンビ達は人に被害を加えていないと、バニラも自分達に協力的だと、愛を分け与えよという聖書の一説に従っているだけだと反論します。

 

更にエルフの事についても問い詰めるサフィだったが、2人は何も知らなかったようでした。

 

エリーゼに代わってカルミアはサフィが無償で傷を癒す行為はまるでソッフィオーネのようだと、大聖女は神の代行者として秩序を守るために存在しているのにそれを蔑ろにする行動をするなら大聖女に相応しくないと言い、その言葉にサフィがショックを受けます。

 

そこへサフィを悪く言われた事に怒り心頭のシブキが現れ、世界のために頑張っているサフィがどうしてそこまで言われなきゃいけないんだと言ったのです。

 

エリーゼは冷たい目をしてシブキみたいな奴と行動し婚約しているからだと言うと、シブキは自分達が魔王と戦っている間何もしなかったのに今更しゃしゃり出るなと言って反論し、2人の間にピリピリした空気が流れます。

 

一先ずエリーゼはカルミアと共に去っていき、シブキを捕えたいが魔王に対抗出来るのは彼しかいないから泳がせるとカルミアに言い、心の中で心変わりしたサフィに怒りを覚えたのでした。

 

シブキはショックを受けているサフィに対して彼女の腕を掴み、痛みが走っている状態でも構うもんかと言わんばかりに何処かへと連れていきました。

 

スポンサーリンク

ネクロマンス21話の感想と考察

今回の話から神様はサフィがソッフィオーネみたいになるのではないかと思っているから、余り触れたくないのではないでしょうか。

 

サフィの事を溺愛している神様ですからサフィの様子はいつも見ており、エリーゼ達が言っていた事も知っていると思われます。

 

サフィが行っている事がソッフィオーネに似ていると感じてやがて彼女と同じ運命を辿るのではないかと感じ取ったのではないでしょうか。

 

この事からソッフィオーネは大聖女として平民にも施しを与え、魔物でも悪さをしない者には何もしなかったのではないかと思います。

 

しかし、教会は魔物は殲滅するべきだと強行して兵器等を使って始末していき、失望したソッフィオーネが教会が崇めている神様を斬る事になったのではないでしょうか。

 

次回はシブキがサフィに対して自分のサフィに対する想いは揺るがないというのではないでしょうか。

 

今回の話で神様からやんわりとソッフィオーネの事は触れるなと言われ、エリーゼ達に自分がやって来た事を全否定されて気落ちしている状態にあります。

 

そんなサフィを見て、シブキはまるで初めて出会った時の彼女を思い出したのかもしれませんので彼女をかつて遊んだ場所へと連れていき、例え他人から何て言われようがサフィへの想いは揺るがないと言うのではないでしょうか。

 

<< 20話 一覧 22話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ ネクロマンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました