スポンサーリンク

推しの子35話ネタバレ考察感想あらすじ!ぴえヨンに小さな恋心を抱く有馬かな

漫画ネタバレ

2021年2月25日発売の週刊ヤングジャンプ2021年13号で、『推しの子』35話が掲載されました。

 

ルビーとメムが驚くほど歌が上手かった有馬かな。

 

新生B小町のセンターはかなに決まったものの・・・。

 

本記事では、『推しの子』35話『責任感』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 34話 一覧 36話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

推しの子35話のあらすじネタバレ

ルビーとメムとかなは自分たちで撮影をしながら、インタビューの練習をしていました。

 

ルビーは「センターを務めるのは有馬かなちゃんです。センターに選ばれた気持ちは?」とかなに尋ねると、かなは笑顔で「とりあえずカメラ止めろや」と言いました。

 

かなは二人に言いました。

 

「センターは嫌だって言ったよね。動画撮影中にしれっと既成事実を作れば、センターに立つことを断れないとでも思っているの?」と。

 

ルビーとメムは、内心かなに全部バレていると思いながらも、この間二人でカラオケに行った時にどっちがセンターになってもパッとしないっていう話になって、それからかなの過去に出した曲のPVを見たと言いました。

 

するとかなは、「あれは忘れて」と言い、自分の黒歴史だし、あの時全然売れなかったんだからと言いました。

 

それを聞いたルビーはぼそっと言いました。

 

最初、ピーマン体操の時はかなの歌は正直オンチだと思ったけれど、その後2枚目に出した曲はすごく上手になっていて、3枚目はさらに上手になってたと言いました。

 

そしてルビーは、みんなの期待に応えようとすごく頑張ったかなはB小町のセンターにふさわしいと思うと言うと、かなは「うるさい!」と大声をあげました。

 

そうやって褒めていたらセンターをやると思っているんでしょ、私のことをバカにして、絶対センターはやらないとかなは言いました。

 

するとルビーは、勝手に話を進めてごめん、でも最後に私たちの曲を聴いてと言って、ルビーとメムは歌い始めました。

 

それから3人は辺りはだんだん暗くなってきても、歌の練習をしていました。

 

あれだけ拒否していたかなでしたが、センターに立ち、笑顔で歌っていました。

 

ルビーもメムも、かなはセンターにハマっているよと声をかけ、まさかあの地獄みたいな空気からの大逆転はあるとは思わなかったと言うメムに、ルビーは私は最初からこうなると思っていたと言いました。

 

するとかなが、「アイドル志望の奴がここまで歌が下手だとは思わなかった。顔の良さにかまけてのうのうと生きてきたのが歌から分かる」と言いました。

 

そしてかなはぼそっと、「これなら私がやるのが一番だけれど」と言うも、心の中では本当はやりたくないと思っていました。

 

あんたたちは私がいないとダメだ、せいぜい私を引き立たせるように頑張りなさいよねと冷たい言葉を言うも、かなは、どうしていつも気持ちと逆のことを言ってしまうんだろうと思いました。

 

そこへミヤコがやってきて、日数があまりないし、サポートしてくれる子を捕まえてきたからと言うと、やってきたのは、同じ事務所でyoutuberのぴえヨンでした。

 

ぴえヨンは前職プロダンサーだったから、プロから見てB小町はどうかとメムが尋ねると、ぴえヨンはこれぐらいのレベルでステージに上がる子はいるけれど、本気のクオリティーを求めるなら、まず体力だと言って、3人を連れて坂道ダッシュをしました。

 

毎日ぴえヨンは3人のために体力作りに付き合い、合間に歌やダンスの練習をしました。

 

ベランダに一人出てぼーっとするかなのところに、ぴえヨンがやってきて、アイドルになったことを後悔しているのかとかなに尋ねました。

 

するとかなは、自分で決めたことだから後悔はないけれど、向いてないと思うし、センターなんてもってのほかだと言いました。

 

ぴえヨンは、歌がうまいのになぜセンターを嫌がるのかと尋ねると、かなはセンターはグループの顔だし私なんかがいるポジションじゃないと言いました。

 

ぴえヨンは、有馬かなはすごいと思うけれどと言うも、かなはみんなそうやって適当な事を言う、私の何を知っているんですかと逆に質問しました。

 

するとぴえヨンは、努力家で口の悪さがコンプレックス、自分が評価されるより作品が評価される方が嬉しい、実はピーマンが大嫌い、とかなのことを言い出しました。

 

それを聞いたかなは自分のことを細かく見てくれていたことに驚き、ちょっとぴえヨンのことを好きになったと思いました。

 

今の私にファンがいたんだと嬉しそうに言うかな。

 

ピーマンが嫌いな事を公言していないのによく気付きましたねとかなが言うと、ぴえヨンは自分もピーマンが嫌いだと言いました。

 

そのあとピーマン嫌い話で二人は盛り上がりました。

 

かなはふと、ぴえヨンと話していて普通に楽しいし、アクアはやめてぴえヨンのことを本当に好きになろうかなと心の中で思いました。

 

二人が楽しそうに話している後ろ姿を見ていたルビーとメムは、ぴえヨンってアクアと背格好同じだ、アクアがあんなアヒル声を出していたら一生笑うと言いました。

スポンサーリンク

推しの子35話の感想と考察

ルビーとメムの歌が下手すぎて、かなが、センターは自分がやるしかないと思ったところはさすが子役から芸能界にいて、責任感が強いからだなと思いました。

 

私なんかがセンターなんて、と言う自己卑下の言葉がかなからたくさん出てきて、子役以降、よっぽど売れなくて苦労してきたんだなぁと改めて思いました。

 

かなは本当はアイドルをやりたくないという気持ちを知って、ちょっと残念だったけれど、よく考えたらそもそもアクアに誘われて入ったんだったなぁと思い出しました。

 

ルビーやメムのように根本的にアイドルをやりたいというのではなく、アクアに頼まれたから入ったというところが、二人とは全然違いますよね。

 

かながもっと素直に生き始めたらきっと、自信もどんどん出てきてかなの良さが発揮されるんだろうなと思います。

 

そして久しぶりのぴえヨンの登場に、こんなに女子の気持ちが分かる男だったんだとびっくりしました。

 

顔はひよこでまんまるのかぶりものをしているままで、何とも思わなかったのが、ここにきてぴえヨンの素顔がとても気になってきました。

 

ある意味、外見からじゃなく、内面でかなが惹かれているのは本当の恋の始まりのような気がしますね。

 

かなとぴえヨンに恋の進展があるのか、次回が楽しみです。

 

<< 34話 一覧 36話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました