スポンサーリンク

ダイヤのA act2 244話ネタバレ考察感想あらすじ!決意を持って投げ込んでいく沢村

漫画ネタバレ

2021年2月24日発売の週刊少年マガジン2021年13号で、『ダイヤのA act2』244話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』244話では、投げられない筈の川上がブルペンに来て、投げている素振りをしている姿を見た沢村は闘志に火がついたのか、8番の天久を抑え込む事に成功します。

 

次に9番の宮本を迎えようとしている中で、川上はワンアウトを取った沢村に対して拳を突き上げると、絶対に諦めない姿勢を見せる沢村こそがエースだと思っていると降谷もブルペンにやって来ます。

 

勝てばまだ夏は続くと言って投げ込んでいく降谷の姿を見て、川上は笑みを浮かべたのです。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』244話『代表者』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 243話 一覧 245話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 244話のあらすじネタバレ

天久を抑えてワンアウトを取った沢村の姿を見た川上は拳を突き上げていました。

 

そして9番の宮本相手に投げようとしている沢村の姿を見た川上は心の中で、どんな試合でも決して諦めようとはしない沢村こそ青道のエースだ、と思っていたのです。

 

そんな中、降谷がブルペンへと来て、まだこの夏を終わらせはしない、と川上に向かって言います。

 

自分達が勝てばまだ夏は終わらないから投げられるチャンスがあるかもしれない、と言って降谷は奥村に向かって力強いボールを投げ込んでいき、その姿に川上は笑みを浮かべたのです。

 

青道のブルペンを見た市大三高の田原監督は、春の甲子園でエースナンバーをつけていて豪速球を投げ込む降谷、ムービングボールを始めとした球種を操る現エースの沢村、サイドスローを武器としている経験豊富な川上と全国でも早々いない良い投手陣だ、と思います。

 

同時に、どれだけ投手がいたとしてもマウンドに立つ事が出来るのはたった1人だけであり、その点天久はどんな投手が来ようとも1対1の勝負では負けることはない、と思ってもいたのです。

 

そして田原監督は、そろそろクライマックスも近いから追加点を取るために塁に出ろ、と選手達を鼓舞します。

 

打席に立っている宮本は心の中で、天久に対する球を見ているとまだ球威があるから、バットを短く持って対応しよう、と考えてバットを短く持ったのです。

 

しかし、そんな意図はとっくにお見通しだと言わんばかりに沢村は外角低めへとストレートを投げ込んでストライクを取ります。

 

あんなところに投げ込まれたらバットが届かない、と思う宮本。

 

カウントは1ボール2ストライクとなり、沢村はチェンジアップを投げ込んで宮本は空振りしてしまいます。

 

観客席にいる浅田、九鬼、瀬戸達は、ナイスボール、と叫んでいたのです。

 

続いて1番の千丸が打席に入ると心の中で、最初の頃は変化球中心だったけど後半になってからはストレートが多い、と感じていて、ストレートに的を絞れば塁に出られる、と思って構えます。

 

対する沢村は投げる構えをしながら、ここは通過点に過ぎない、と思いながら投げます。

 

投げてきたのはストレートであり、千丸は来たと言わんばかりにバットを振るも球威があったため、ファールになってしまったのです。

 

自分達は全国制覇への道を走っているのだから、こんなところで止まるわけにはいかないし、自分はエースとしてチームの代表としてこのマウンドに立っている、と思って投げ込む沢村。

 

投げた球はカットボール改であり、内角いっぱいを突いて来たため、千丸は手も足も出ませんでした。

 

そして沢村は、自分達の青道魂は決して軽いものではない、と思いながらストレートを内角へと投げ込んでいき、千丸はバットを振るが先程のカットボール改が脳裏に過ぎっていたのか空振りしてしまいました。

 

これによってスリーアウトチェンジとなり、沢村はガッツポーズしながら、自分は決して1人で戦っているのではなく、試合に出ている皆、ベンチにいる皆、試合に出られない皆の思いを背負っているんだ、と思います。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 244話の感想と考察

沢村の好投は続いているみたいですね。

 

球威はまだあるみたいなので、まだ当面はマウンドを降りる事はないでしょうし、それ以前に降ろす理由がありません。

 

全く衰えない球威と変化球のキレがありますから、市大三高は正直宮田と星田以外は手も足も出ないでしょう。

 

それに降谷や川上の存在があるから、沢村が全力で投げられているのでしょう。

 

もし、自分にアクシデントがあった場合、自分と同じかそれ以上の実力の降谷が待機しているし、投げられないのに出来る事をしようとしている川上の姿があるから、思いっきり投げる事が出来るのだと思います。

 

それに降谷は決勝戦で投げる事になるでしょうから、沢村は降谷に負担をかけないようにこの試合は自分だけで投げ切るんだと言う思いでも投げている筈です。

 

次回は上位打線が奮起するのではないでしょうか。

 

沢村は市大三高の得点を最少失点に抑えており、味方からの援護が無くても味方がいずれ逆転してくれるだろうと信じて投げています。

 

それは皆分かっていますから、ここまで好投している沢村を見殺しにはしないと考えている筈です。

 

8回裏からは上位打線に回って来るので、倉持、小湊春市、白州、御幸が天久から得点を取ろうと奮起するのではないでしょうか。

 

<< 243話 一覧 245話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました