スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ195話ネタバレ考察感想あらすじ!刺青の人物の正体とは?

漫画ネタバレ

2021年2月24日発売の週刊少年マガジン2020年13号で『東京卍リベンジャーズ』195話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』195話は、まず河田兄弟の店にやってきたタケミチはマイキーに10年以上会っていないことを知りドラケンのバイク屋に向かいました。

 

そこで、ドラケンが隠していることを打ち明けますが、何を打ち明けたのか?

 

その後、呼び出したナオトから刺青の人物の正体を明かされてタケミチは驚きました。

 

その人物の正体は誰なのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ195話『lingering scent』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

東京卍リベンジャーズ195話のあらすじネタバレ

番組が入手した梵天のメンバー映像を見たタケミチは、白髪の男の刺青が気になりました。

 

「どっかで見た事あんだよなぁ」

 

ヒナと一緒に双悪にやってきましたが、そこでもタケミチは刺青の模様のことを考えていました。

 

ちなみに、この時ヒナは結婚式のリハ話をしていましたが、刺青のことに考えを集中していたタケミチはドレスの感想を言ったのでヒナに怒られてしまいました。

 

そして、ラーメンと食べながらタケミチはある写真に目が留まりました。

 

その写真は東京卍會が解散した日に撮った記念写真でした。

 

それを見たタケミチはマイキーが元気なのか気になったので河田兄弟に質問しました。

 

「知らない」

 

これが答えでした。

 

しかし、海外で仕事をしているので日本に戻ってきた時には会っていると思ったので、なぜ知らないのか続けてタケミチは質問しました。

 

河田兄弟が今のマイキーが元気なのかを知らないのは、彼が海外で仕事をしているというのはドラケンから聞いていたからです。

 

ちなみに、河田兄弟は10年以上マイキーとは会っていませんでした。

 

そのことが気になったタケミチはヒナのピアスを見てあることを思い出しました。

 

それは、梵天の白髪の人物の刺青がイザナのピアスの模様と同じということでした。

 

刺青の人物が多分あの人物ではないかと思い、タケミチはドラケンのバイク屋に向かいました。

 

店についたタケミチは、マイキーが海外にいるというのは嘘だと思ったのでそのことをドラケンに質問しました。

 

ちなみに、ドラケンのことを疑った理由は、みんながマイキーとは10年以上会っていないと言っていたことや、ニュースでイザナのような人物が映ったのを見たからです。

 

「12年前に決別したんだ」

 

ドラケンはマイキーとタケミチが現代に戻った直後に決別をしていました。

 

ちなみに、ドラケンにはこの時代でのマイキーの生死はわかりませんでした。

 

そして、嘘をついたのはタケミチにまっとうに生きて欲しかったからで、パーちんの結婚式では自分が頼み込んで千冬には口裏を合わせてもらっていました。

 

そして、最後に見たマイキーは自分が知ってる彼ではなかったのでタケミチにはこれ以上彼のことを調べないでほしいと頼みました。

 

その後、タケミチはナオトを呼び出しました。

 

ナオトは梵天と白髪の男について調べており、その調査結果をタケミチに伝えました。

 

「ほぼ前の“東京卍會”です」

 

梵天は日本最大の犯罪組織で犯罪の裏には彼の存在があると言われている。

 

そして警察でも内情が把握できないので、この時代に今まで存在していた東京卍會に似ていると説明しました。

 

続いて、白髪の男が梵天のリーダーということがわかりますが、ナオトが調べた結果イザナは亡くなっていました。

 

「梵天のトップは佐野万次郎です」

 

白髪の男は“無敵のマイキー”と称されたあのマイキーでした。

 

そのことを知ったタケミチはすごく驚きました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ195話の感想と考察

河田兄弟がマイキーと10年以上会っていないということから浮上したドラケンの嘘。

 

タケミチの読み通りドラケンは嘘をついていました。

 

パーちんの結婚式でドラケンと千冬が合図を送っていたのは口裏合わせのための合図だったようです。

 

そして、12年前にマイキーとドラケンは決別していました。

 

当時の出来事というと東京卍會解散が3月8日でタケミチが現代に戻ったのが3月16日。

 

梵天のニュースは戻ってきてから数日後ということで日付がわかりませんが、タケミチが現代に戻るまでの約1週間でマイキーとドラケンが決別する大事件があったに違いないと思います。

 

さらに、ナオトが調べた結果今のマイキーは梵天のリーダーということが判明。

 

エマの死を乗り越えてマイキーの闇堕ちは止まったと思っていましたが、闇堕ちしてしまっていました。

 

しかもドラケンが最後に会った時点の表情を踏まえると、その時点で闇堕ちの片鱗を見せているようです。

 

何がマイキーを変える原因になったのかとても気になりますね。

 

そして、タケミチとヒナの結婚式の日も迫っていますが、タイムカプセルを開けるために集まる6月1日も迫っています。

 

この2つのイベントが無事行われるかもとても気になりますね。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました