スポンサーリンク

パラレルパラダイス146話ネタバレ考察感想あらすじ!ある野心を抱いているミミ

漫画ネタバレ

2021年2月22日発売の週刊ヤングマガジン2021年13号で、『パラレルパラダイス』146話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス146話では、ミミはロミーに対して自分と戦うように懇願してきました。

 

ミミはユーマの性格からこのまま始末されるのは目に見えているし、それに戦闘では誰にも負けてない自分がロミーに負けたまま命を落とすのは嫌だからもう一度戦って、それで負けたら満足すると言ったのです。

 

お互いに素手で戦う事になり、ロミーはミミを檻から解き放ちました。

 

果たして、2度目の勝負はどちらに軍配が上がる事になるのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス146話『理不尽リベンジ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 145話 一覧 147話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

パラレルパラダイス146話のあらすじネタバレ

時はミミがロミーに対して後生の頼みをする時に遡ります。

 

ミミはロミーに対して、自分と戦ってほしい、と頼み込み、ロミーは口をあんぐりとさせていました。

 

続けてミミは、このまま自分は命を落とす事になるがそれは構わない、と言いつつ、自分はこれまで戦闘では誰にも負けた事がないが、そんな自分がロミーみたいな奴に負けたままじゃ安心してあの世に逝けない、と言ったのです。

 

それ故にここで自分と戦い、負けたら潔くする、と言うミミにロミーは、まだ処刑されるは決まっていない、と言います。

 

しかし、ミミは声を荒げながら、ユーマは悪だと断定した相手に対して容赦しないのは知っているからこのままでは処刑は間違いないし、自分は素手で構わないから戦ってほしい、と言ったのです。

 

ロミーは、自分は素手での勝負に負けた事は無いけどいいのか、と言うとミミは、それで構わないし、全力で戦う事さえ出来ればそれでいい、と言います。

 

その結果、ロミーはレバーを下げて檻を開けると、ミミの手についている手錠を外したのです。

 

そしてミミはロミーと対峙すると共に、馬鹿で助かった、と口にしました。

 

時は昔に遡り、ミミは鞭を使って1人のガーディアンの腹部を貫き、残る2人のガーディアンは茫然としていたのです。

 

未だ状況が飲み込めない中、ガーディアン達はミミに対して、これは一体どういう事なのか、と恐る恐る言うとミミは、最初に言った筈、と言いつつ、自分はガーディアンと言う名の食料を狩りに来た、と言ったのです。

 

続けて、このまま大人しくしていれば慈悲として頭に一撃喰らわせて楽にあの世に逝かせるが、もし逃げ出すなら腹部を貫いて苦しめてあの世に逝かせるがどちらがいい、と尋ねるミミ。

 

自分としては逃走してしまった場合、暴れてしまうから肉も美味しくなくなるし、逃げないのをお勧めする、と言うミミに恐怖を感じた1人のガーディアンは逃げ出したのでミミは鞭を振るって彼女を腹部を切り裂いたのです。

 

残る1人のガーディアンはこのままではやられるからやられる前にやろうと考え、反撃をします。

 

ミミは、逃げなかったから楽にあの世に逝かせてやる、と言って向かってきたガーディアンの目に砂をかけて怯ませると、頭部に小刀を突き刺して始末したのです。

 

腹部を押さえているガーディアンに対してミミは、ガーディアンはこれまで人を始末した事はないが、自分は何人も始末しているからそんな自分にはなから勝てる筈が無い、と言い放ったのです。

 

現在に至り、ミミはロミーが持っていたランプを拾って投げつける事でロミーの顔面に命中させ、顔の左半分を火傷状態にして怯ませると顔面に蹴りを叩き込み、喰らったロミーは地面に倒れ伏します。

 

そして前回のラストに戻ります。

 

続けてミミはロミーを何度も足蹴にし、マウントを取りながら殴り続けつつ、自分は魔女になるために多くの人の肉を食ってきたから、これまで対人戦では負けた事がないし、誰も勝てない、と言います。

 

そうわめくミミに対してロミーは右手の指を使って、ミミの目を潰したのです。

 

苦しんでいる耳に対してロミーは、武器でしか人を始末していないのがこの戦いで分かったし、自分は素手で人を始末した事がある、と言って思い切りミミを殴り飛ばします。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス146話の感想と考察

ミミはロミーとの戦いに納得してないと言っていましたが、あの時はほぼ不意打ちの一撃を喰らったから対等な勝負とは言えなかったと言うのも会ったと思いますね。

 

そしてミミは魔女になって長い間生きていようとしていて、そのためにこれまでガーディアンを始末してきて、その人肉を喰らってきたのが明らかになりました。

 

確かにヨータ達が尋ねた魔女のサーニャは生きた人間の脳みそを食べようとしていましたし、ヨータ達がこれまで倒してきた魔女のカイやガリアも人達を食べてきましたが、人から魔女になるというのはおかしな話ですね。

 

サーニャは分かりませんが、カイやガリアはなりは人間だけど本来は怪物の姿をしているので、身も心も怪物じゃないと魔女になるのは無理なような気がします。

 

ミミは心は人から完全に外れていると思いますが、体はまだ人間なので無理じゃないかなと思いますね。

 

それにしてもミミから不意打ちを受けて火傷を負ったのに、ロミーが反撃を開始したのは凄いですね。

 

前回の話の展開から命を落としたと思っていましたので、そこも安堵しました。

 

結構負傷していますが、ロミーからしてみればミミの攻撃はそれ程効いていないのでしょうね。

 

最後で素手で人を始末したと言っていましたから、次回はロミーの過去が明らかになると思います。

 

ロミーの過去は大体会話や一部の回想シーンで明らかになりましたが、何故人を始末する事になった経緯は明らかになっていませんので、次回で分かると思います。

 

<< 145話 一覧 147話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました