スポンサーリンク

ダイヤのA act2 243話ネタバレ考察感想あらすじ!ボールを投げられない川上の心境

漫画ネタバレ

2021年2月17日発売の週刊少年マガジン2021年12号で、『ダイヤのA act2』243話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』243話では、7回裏のチャンスを逃したと同時に急にベンチに座っていた川上が立ち上がり、ブルペンへと向かうとシャドーピッチングを始めました。

 

観客は川上は投げなくても肩が作れると思っていましたが、川上の状態を知っている青道高校の者達は今の川上の姿に困惑していたのです。

 

シャドーピッチングを続ける川上は投げる事が出来ない自分に何の価値があるのかと思っていました。

 

果たして、彼の姿を見て沢村達は何を感じるのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』243話『誰かの力』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 242話 一覧 244話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポンGET!

ダイヤのA act2 243話のあらすじネタバレ

ブルペンへと行き、シャドーピッチングを開始する川上。

 

この事に誰も咎めず、言われた通り投球をしているわけでもないので片岡監督も何も言わずに見守る事しか出来ませんでした。

 

多くの選手や観客席にいる渡辺達や高島も困惑している中、シャドーピッチングを続けていく川上。

 

川上は、今の自分は肩を温められる降谷や金田と違って、肩を作る事もボールを投げる事も出来ていない状態だし、そんな自分に何の価値があるんだ、と思いながらシャドーピッチングを続けます。

 

自分は高校野球で野球を辞めるつもりでいるから、肩がどうなろうが肘がどうなろうが構わないし、ぶっちゃけ壊れても構わないのに、何時でも投げる覚悟でいるのに、今の自分はチームのために何も出来ないし、誰の力にもなってあげられない、と思う川上。

 

そんな川上の姿に3年生達は思うところがあり、御幸も川上が片岡監督の前で本音を言っていたのを間近で聞いていたので、川上の今の心境が分かっていました。

 

そして沢村もまた川上の想いを感じ取り、一緒に戦ってくれるのは有難い、と思っていたのです。

 

打席には天久が入り、残りイニングは少ないからお互いに悔いが残らないように投げ合おう、と心の中で言って沢村の真剣な目を見て、何かを感じ取ります。

 

御幸はミットを構えながら、下位にいるとはいえ先頭バッターであり、エースでもあるから油断するなと心の中で言い、沢村もまた油断してはいませんでした。

 

先頭バッターを打ち取って流れを作ろう、と思った沢村は外角ギリギリにストレートを投げ込んできて、天久は見逃してしまいます。

 

カウントはストライクとなり、天久は心の中で、かなり際どいし、勢いがある、と驚いた表情をしながら言ったのです。

 

そして沢村は先程と同じコースにスプリット改を投げ込んで、天久は空振りしてしまってノーボールツーストライクとなりました。

 

天久は心の中で、この終盤に来てこの精度は最早超人ものじゃないか、と思っていると沢村は3球目を投げ込んできたのです。

 

御幸もまた心の中で、沢村がゾーンに入ったのはこの大会に入って初めてだ、と思いながらミットを構えます。

 

そして沢村は御幸の構えたところに投げ込んでいきます。

 

天久は球の軌道からボールだと判断して、見逃そうとしていたのです。

 

しかし、沢村が投げ込んだのはボール球のストレートではなく、ボールからストライクになるカットボール改であり、ボールが急激に曲がってストライクゾーンに入ってきたので、ストライクになり、天久は見逃し三振となりました。

 

この事に天久は唖然としていて、それは市大三高ナインも同じでした。

 

奥村と由井も驚いていて、我に返った天久も、マジか、と思っていて、観客席にいた丹波も驚いていて、結城哲也は体中から尋常じゃないオーラを出して見ていました。

 

沢村がやったのはボールからストライクになるバックドアであり、御幸は心の中で、バックドアを使うのは今回が初めてだが、重要な場面で投げられるのが沢村の強みだ、と思っていたのです。

 

沢村はまず先頭バッターを打ち取ったので拳を高らかに挙げ、その姿を見た川上もまた拳を挙げていたのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 243話の感想と考察

突如としてブルペンに向かい、ボールを投げる振りをする川上の心境が明らかになりましたね。

 

川上は別にプロ野球に行く気は無く、高校野球で野球を終えたいと思っています。

 

今は肘を悪くしていますが、彼は高校野球で燃え尽きようとしているので壊れようと構わない覚悟です。

 

しかし、結果的にちゃんとした診断がまだ明らかになっていないため、様子を見るために休みとなりました。

 

もしかしたら診断次第ではこれから先も投げられない可能性が出たため、川上は投げろと言われたら投げるのに投げる事が許されない事に葛藤しているのでしょう。

 

それ故に投げる振りでもしておかないと、何のためにベンチにいるのか分からなくなると思ったからブルペンに行ったのでしょう。

 

今の自分は何の力にもなれてないと自虐を心の中で言っていましたが、沢村が天久を抑えた時は少し救われたんじゃないかなと思います。

 

次回は、沢村が2人の打者を抑えていくのではないかなと思います。

 

川上の姿を見て、再び闘志が宿った感じですので残る打者2人を抑えて三者凡退にするのではないでしょうか。

 

打線も上位打線に回りますし、彼らも川上の姿を見ているのできっと沢村と同じように闘志に火がついたと思いますから、きっと奮起してくれるでしょう。

 

<< 242話 一覧 244話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると50%OFFクーポンがもらえる
  • 60万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました